トップ愛猫家の基本捨て猫の引き取り方

捨て猫の引き取り方

 捨て猫や保護猫を家庭に迎え入れる際の心の準備や具体的な引取り手順についてまとめました。購入するよりも処分される猫を減らしたいという方は参考にしてください。

猫を迎える準備をする

 猫を家に迎えるときに必要となる様々な準備について解説します。猫に対する同情心だけでは解決できない問題もありますので、見切り発車で猫を引き取る前に、じっくりとシミュレーションしてみましょう。

猫と暮らす心の準備をする

 まずは猫を飼う前に必要な条件をクリアすることが大前提です。一度猫を飼ってしまうと、四六時中(しろくじちゅう)猫と一緒に暮らすこととなります。寂しい時や退屈な時だけ、都合よく猫が登場するわけではありません。ご自分の気持ちを整理するためにもご一読下さい。 猫を飼う前に必要な条件  心の準備としては「もし今猫を飼っていたら、自分はどう感じるだろうか?」という意識を常に持ちながら日常生活を送ってみましょう。退屈なときや経済的に余裕があるときは「犬や猫がいたらなぁ・・」と思うかもしれません。しかし実生活の中には、外回りでくたくたになって今すぐにでもベッドに入りたいとき、恋人と映画に出かけるとき、連休を利用して家族で旅行するとき・・・ などありとあらゆる状況が存在します。そうした様々な状況と「猫を飼っている」という条件とを掛け合わせて頭の中でシミュレーションしてゆき、3~6ヶ月様子を見ます。
 こうしたシミュレーションを繰り返し、もしあなたが「やっぱりちょっと負担だなぁ・・」と感じることが多いようなら、まだ時期尚早です。 お近くの猫カフェや知り合いの飼っている猫などと、たまに触れ合っていた方が猫のためでもありますし、あなたのためでもあります。
 「やっぱりどうしても猫と暮らしたい!」という強い願望と責任感が、猫を飼う際の大前提となります。

猫を迎える環境を整える

 基本事項は猫を飼う室内環境猫に必要なペットグッズをご覧下さい。
 賃貸契約でペットの飼育が禁止されているのに、見切り発車で猫を飼うのは厳禁です。 「ペット可」の物件を見つけて引っ越してからにしましょう。一部では猫の「隠し飼い」を奨励(しょうれい)しているかのような書籍を見かけますが、当サイトとしては賛同いたしかねます。 三重県での事例
捨て猫の引き取り方トップへ

猫の里親に応募する

 猫の里親に応募するにはどうすればよいのでしょうか?代表的な窓口としては各地方自治体の動物愛護センター保健所、 及びセンターから一旦猫を譲り受けて改めて里親を募集する民間の慈善団体が挙げられます。

動物愛護センターや保健所に応募する

 各地方自治体の動物愛護センターに応募する場合、多少の違いはありますが概ね以下のような流れで譲渡手続きが進行します。各都道府県の動物愛護センターは公共機関の里親募集案内をご覧下さい。なお、人手不足や管理スペース不足などの理由により、猫の譲渡を行っていない自治体もありますので、事前に所属地域にご確認ください。
犬猫譲渡会の流れ
  • 動物愛護センターに講習申し込みの予約を入れる(注1)
  • 指定された講習日に、センターを訪れて受講する(注2)
  • 譲渡候補の猫と対面する(注3)
  • 気に入った猫がいたら譲渡希望の申し込みをする
  • 他に希望者がいなければ譲渡仮決定(注4)
  • 譲渡時講習会を受講する
  • 譲渡決定

注1

 猫の飼育に関して極端に無知で低レベルな飼い主をふるいにかけるため、強制的に講習を受講させるのが一般的です。

注2

 約1~2時間の内容です。平日であることが多いので、働いている人は講習の日程にあわせて都合をつける必要があります。猫を飼育する際の法律や常識などを中心に学習します。

注3

 猫は予め疾病検査(主として糞便検査のみで血液検査を行っていないところが多い)や性格テスト(人なつこいか、優しいかなど)を通過した個体が譲渡候補として出されます。しかし飼い主としてはその日が初対面ですので、限られた時間の中でその子のキャラクターを感じ取り、 自分の性格や生活のリズム、生活環境と合ってっているかどうか、相性判定しなければなりません。

注4

 同じ猫を希望する飼い主候補者がいた場合、単純にくじ引きやじゃんけんで正式な飼い主を決めることが多いようです。
犬猫譲渡会の様子
 以下でご紹介するのは、都道府県における犬猫譲渡会の様子です。動物愛護センターの仕事内容なども簡単に紹介しています。 元動画は⇒こちら

民間の慈善団体に応募する

 民間の慈善団体に応募する場合は、多少の違いはありますが、概ね以下のような流れで進みます。代表的な団体に関しては 民間団体の里親募集案内をご参照下さい。なお地域によっては該当するような団体がないこともあります。その場合は各地方自治体の運営する動物愛護センターや保健所にご相談下さい。
 動物の将来を考えて献身的に努力している団体がいる一方、「動物愛護」の美名に隠れて寄付金を集め、私服を肥やしている団体も、残念ながら一部にはいます。民間の保護団体を選ぶ際は、「団体の収支報告を見せてくれる」、「動物の保護環境がきれい」、「引き取り料金の明細をくれる」、「細かな質問にも丁寧に答えてくれる」等を一つの基準として念頭に置いておくと、後で嫌な思いをする確率が減るでしょう。  
民間の譲渡会の流れ
  • ホームページなどでお気に入りの里子を見つける。
  • 「預かり日記」などを熟読し、里子の性格を見極める(注1)
  • 自分のライフスタイルや性格と合っているかどうか熟考する
  • アンケート用紙や申し込みフォーマットに必要事項を記入して里親として応募する(注2)
  • お見合い(実際に対面してフィーリングをつかむ)
  • トライアル(数週間一緒に暮らしてみる)
  • 譲渡決定(注3)

注1

 動物愛護センターではいわゆる「ぶっつけ本番」で猫を決めますが、慈善団体経由の場合は大抵この「預かり日記」がありますので、その子のキャラクターを細かく知ることができます。自分がその猫を引き取った場合の生活をより厳密にシミュレーションできるというメリットがあります。

注2

 賃貸物件に住んでいる場合、「ペット可」と明記された賃貸契約書の提示を求められることが一般的です。また里親詐欺(引き取った犬猫を虐待したり、製薬会社に実験動物として売りさばくなど)を防ぐため、ある程度個人的な質問をされます。

注3

 譲渡に際してはある程度の費用負担を求められることがあります。しかしそれは犬の不妊手術費用、健康診断費用、自宅までの移動費用など、常識的に考えて新しい飼い主が当然負担すべき費用負担です。
捨て猫の引き取り方トップへ

猫との新生活を吟味する

 猫を飼って自分が幸せになるのは簡単です。しかし猫を飼って猫を幸せにするには努力が必要となります。 自己満足に陥らず、今の生活環境で果たして猫が幸せかどうかを吟味してみましょう。
迎えた猫のチェックポイント
  • 前足をしきりになめたりしていないか?
  • 便は硬すぎたりゆるすぎたりしないか?
  • 無駄鳴きが多くないか?
  • 食欲はあるか?
  • 被毛は健康的か?
 ストレスの前兆は色々な箇所に現れますのでチェックを怠らないようにしましょう。より詳しくは猫の健康と病気猫のストレスチェックをご参照下さい。
捨て猫の引き取り方トップへ