トップ猫の健康と病気猫の怪我と事故猫の心肺蘇生術

猫の心肺蘇生術

 何らかの事故や病気で猫の呼吸や心拍が止まってしまった場合、心肺蘇生術(しんぱいそせいじゅつ=CardioPulmonary Resuscitation, CPR)を施すことによって延命を図れることがあります。

心肺蘇生術とは?

 心肺蘇生術とは、呼吸や心臓が完全に止まってしまったか、もしくはそれに近い状態にある患者に対し、意識の確認・気道確保・人工呼吸・心臓マッサージなどの救急救命処置を施すことです。猫がおぼれた、交通事故にあった、熱中症にかかった、原因は分からないが突然昏倒した、など事故や病気で突然猫の心肺が停止してしまった場合、以下で説明する心肺蘇生術をマスターしておけば、延命できる可能性が高まります。
 便宜上犬が登場しますが、まずは実演動画をご覧ください。その後で細かい手順を解説します。
猫の心肺蘇生術・実演動画
 以下でご紹介するのは犬に心肺蘇生術を施している様子をとらえた動画です。いざとなったときこのような行動を冷静に実行できるようになるのが最終目標です。ちなみに犬は演技で死んだふりをしているだけですのでご安心を。 元動画は⇒こちら
猫の心肺蘇生術トップへ

心肺機能の確認

 猫が倒れてぐったりしているのを発見したら、まず心肺機能、すなわち呼吸と心拍の有無を確認します。右側を下、左側を上にして寝かせ、背中側に位置取りしましょう。このポジションが心肺蘇生術の基本体勢となります。
 またこのとき、周囲の人に頼んで車を手配してもらいます。もし協力者が見つからない場合は自分で呼ぶことになりますが、最寄の動物病院の位置は日ごろから携帯端末などに保存しておくと便利です。

呼吸の確認

 まずは猫が息をしているかどうかを確認します。主な呼吸の確認方法は以下の3つです。
呼吸の確認方法
  • 胸に手を当てて上下動しているか
  • 口元に耳を近づけて呼吸音が聞こえるか
  • 口元に手を当てて呼気を感じることができるか
ぐったりしている猫の呼吸の確認方法

心拍の確認

 呼吸と同時に心拍の有無を確認します。心臓の鼓動を確認するための拍動点はいくつかありますが、猫の大きさや体型により触知が難しいこともあります。自分が飼っているペットの拍動点を事前に触知できるようトレーニングしておきましょう。なお、以下では犬のサンプルを用いて解説しますが、猫にも応用できる知識です。
心拍の確認方法
  • 心臓  前足を持ち、ひじを胸に向かって引き寄せ、接触した部分がおおまかな心臓の位置です。ここに指先をあて、心拍を確認します。ただし太った猫などでは触知するのが難しいため、念のため他の心拍確認点も把握する必要があります。
  • 前足の動脈  前足の親指付近を指先で触ると、前肢動脈の拍動を感じることができます。施術者から遠いのが難点です。
  • 後足の動脈  後足の親指付近を指先で触ると、前肢動脈の拍動を感じることができます。施術者から遠いのが難点です。
  • 太ももの動脈  3本の指を太ももの内側に滑らせていくと太ももの大腿動脈の拍動を感じることができます。施術者の手が届きやすいという利点はありますが、短時間ですぐに触知するためには事前の練習が不可欠です。
猫の心拍を確認する拍動点4種
猫の心肺蘇生術トップへ

救急人工呼吸

 猫の呼吸と心拍が止まっていると判明したら、取り急ぎ救急人工呼吸を施します。

気道の確保

 口をあけて猫の舌を前方に引っ張り出します。舌の表面がつるつるすべる場合は、服の端やハンカチなどを沿えてつかみましょう。口の中を覗き込んで異物が入っていないかどうかを確認し、もし見つかった場合は指でつまんで取り除きます。首をまっすぐにして気管に空気が通りやすい状態にしょう。 倒れている猫の口を開け気道の確保をする方法

人工呼吸

 猫の背中側に位置を取って右手(もしくは両手)で猫の下あごをつかみ、口と肺を結ぶ気道を一時的に遮断します。倒れている猫の鼻に息を吹き込み、人工呼吸をする方法 このとき、鼻の上に伸びた鼻筋部分(マズル)を強く押してしまうと、鼻からの空気がうまく肺へ届きませんので要注意です。この状態で猫の鼻先を口にくわえ、4~5回の早めの人工呼吸を行います。ちょうど風船を膨らませるイメージで、猫の肺がしっかり膨らむことを確認しましょう。
 事前の練習で慣れているような場合は、右手で口を塞ぎ、左手を胸にあてた状態で行います。この体勢のメリットは、呼気が確実に肺に届いているかどうかを胸に当てた左手で確認できるという点です。
猫の心肺蘇生術トップへ

心臓マッサージ

 救急人工呼吸をした後、もう一度呼吸と心拍の確認を行います。猫が蘇生していない場合、今度は心臓マッサージを施します。
 左前足のひじを胸元に引き寄せ、接触した部分がおおまかな心臓の位置です。位置を確認したら、指を絡めて肘を張り、10秒間で15回を目安にマッサージを加えます。猫の場合は3~4センチくらい胸が沈む程度の強さで行います。圧力が弱すぎると効果が出ず、強すぎると肋骨が骨折してしまいますので事前の練習が必要です。
 マッサージが終わったらもう一度鼻先から息を吹き込みます。胸が膨らんでしっかりと息が吹き込まれているのをご確認ください。呼吸と心拍を読み取り、猫が蘇生したかどうかを確認します。 猫に心臓マッサージを施す方法
協力者がいる場合  協力者がいる場合は、心臓マッサージをする人と、腹部を圧迫する人に分かれて行ってもよいでしょう。一方の手で下になっている脇腹を押さえ、もう一方の手で腹部を圧迫します。こうすることで腹部にある大きな血管に刺激を与え、血液の循環を促します。
猫の心肺蘇生術トップへ

蘇生術を繰り返す

 最初の心臓マッサージを施したにもかかわらず猫が蘇生しなかった場合、心臓マッサージ(15回)・人工呼吸(1~2回)をワンセットとし、5~20分程度続け、3セットごとに蘇生確認(呼吸と脈拍)をしましょう。一般的に脳への酸素供給が5分断たれると、蘇生しても脳に重大な後遺症が残ってしまうと言われていますので、ぐったりした猫を発見してからの飼い主の迅速な行動がキーポイントとなります。
 全体の流れをつかむため、もう一度動画で復習しましょう。また関連動画(英語)も参考になりますので、あわせてご参照ください(YouTubeより)。 Safe Dog Safety Tip: CPR Pet CPR
猫の心肺蘇生術(解説付き)
 以下では犬(猫)の心肺蘇生術の流れを解説付き動画でご紹介します。なお動画内の心臓マッサージは5回しか行っていませんが、本来は肘を張って力強く15回行います。犬が死んだふりをしているだけで、実際に強い力でマッサージを施すと苦痛を与えてしまうために省略されています。 元動画は⇒こちら
猫の心肺蘇生術トップへ