トップ猫の健康と病気猫を捕まえる方法

猫を捕まえる方法

 猫を捕まえて動物病院に連れていくというプロセスは、飼い主にとって悩みの種の一つです。以下では、通院に関連した憂鬱(ゆううつ)を少しでも軽減するため、猫を効果的に捕まえる方法について解説します。

猫を捕まえる前の注意点

 病院に行くことは、猫にとっても飼い主にとってもストレスに満ち溢れたイベントです。双方のストレスを最小限に食い止めるため、いくつか守らなければならない約束事があります。
猫の捕獲・注意事項
  • 妥協しない 「猫が嫌がるから病院はまた今度にしよう」という先延ばしは、時に重大な疾患を見落とすことにつながります。猫は痛みや体調不良を隠すことに関してはエキスパートで、わずか1ヶ月前までは普段と変わりなく生活していたのに、急に食欲がなくなってあっという間に帰らぬ猫となった、ということがよくあります。たとえ猫が健康そうに見えても、定期的に健康診断を受けることは重要です。妥協や先延ばしをした結果、猫の病気を見落としてしまい、重大なペットロスに陥ることは避けなければなりません。犬に比べ、猫の方が通院回数が顕著に少ない
  • トイレ中は避けるトイレ中の猫を捕まえるのはNG おとなしくしていることをいいことに、トイレ中の猫を捕まえるという行為は絶対に行わないでください。猫がトイレ嫌いになり、粗相の原因になってしまうことがあります。猫を健康にするために病院に連れて行った結果、トイレが嫌いになっておしっこを我慢するようになり、膀胱炎になってしまっては本末転倒です。猫を捕まえるタイミングは、トイレに入っているとき以外が鉄則となります。猫の泌尿器の病気
  • キャリーを用いる猫を病院へ連れていくときは必ずキャリーに入れて 猫を病院へ連れていく際は、丈夫なキャリーに入れるようにします。段ボールなど破損しやすいもので済ませようとすると、ふたの隙間から脱走したり、壁を突き破って逃げ出してしまうことがあります。逃げ出した場所にもよりますが、ひとたび脱走した猫を再びとらえることは非常に困難です。不測の事態を避けるためにも、猫を運ぶ時は、必ず丈夫なキャリーに入れるようにします。迷子猫の探し方
猫を捕まえる方法トップへ

キャリーに慣らしておく

キャリーを猫にとっての日常空間の一部にしておく  猫を捕まえる際、最も簡単で、なおかつ最も負担の少ない方法が「あらかじめキャリーに慣らしておく」というものです。猫を生活用具に慣らすを参考にしつつ、日頃から猫をキャリーに慣らせておけば、拘束や移動に伴うストレスを最小限に留めることができます。猫がキャリーに入っているタイミングを見計らい、パタンと扉を閉めれば完了です。ポイントは「キャリーの中に入る」という行動や、「キャリーの壁に囲まれた状態」という視覚的情報とご褒美とを、事前に猫の頭の中でしっかりとリンクしておくことです。前者を「オペラント条件付け」、後者を「古典的条件付け」といいます。詳しくは以下のページをご参照ください。 猫のしつけの基本 猫を生活用具に慣らす
注意点やデメリット  「閉じ込められた」という経験を境にして、それまで好きであったキャリーを嫌いになってしまう可能性があります。その場合は1からしつけをやり直すか、潔くキャリーを別のものに交換します。
猫を捕まえる方法トップへ

おびき寄せる

ルアーを用いて猫をキャリーの中におびき寄せる  おもちゃやレーザーポインター、とっておきのおやつやマタタビなどを用いて猫をキャリーの中におびき寄せるという方法があります。興味を引かれてキャリーの中にすっぽり入った瞬間、扉を閉めます。また猫があちこち飛び回れないよう、ひとまず狭い場所に誘い込むという方法も効果的です。おもちゃやおやつなどで猫をトラップ場所まで連れて行き、そこでなんとか捕まえます。逃げ場所がないと悟った猫は、たまに「借りてきた猫」のように突然おとなしくなることがあります。
注意点やデメリット  猫が狭い場所で暴れ、危険な場所に登ってしまう可能性があります。例えば調理器具を置いてある台所の上などです。拘束場所からはあらかじめ、猫にとって危険なものを完全に取り除いておきましょう。また、どこかにぶつかって怪我をしないよう、尖った物や角張った物も全て片付けておきます。
猫を捕まえる方法トップへ

だまし討ちをする

膝に乗れる猫の場合だまし討ちが有効  「だまし討ち」とは、猫が膝に乗ってきたタイミングで体を抱っこし、そのままキャリーに入れてしまうという方法です。日頃からスキンシップが豊富で、抱っこされることに抵抗を示さない猫において効果を発揮します。ポイントは、猫をキャリーに入れる際、お尻の方から入れるという点です。頭から入れようとすると、見慣れない物体に気が動転して激しく抵抗することがあります。キャリーは天井が開くタイプか、サイドが開くタイプを縦に置いた状態で待機させておき、そこに猫をストンと落とすように入れるとうまくいくでしょう。
 また、膝には乗ってくれるけれど抱っこが嫌いな猫の場合は、あらかじめ膝の上に座布団を敷いておき、その座布団を両脇から挟んで拘束するようにします。ちょうど、バインダーで書類を挟むようなイメージです。 猫マッサージ
注意点やデメリット  一度騙された猫はそのことを記憶し、二度と同じ手を食わない可能性があります。また日頃からスキンシップを取っていない猫においては、そもそも膝に乗ってくるという状況自体が発生しないでしょう。マッサージブラッシングを通して、日常的に猫と接しておくことが重要です。
猫を捕まえる方法トップへ

網に入れる

洗濯ネットは猫捕獲の常套手段だが万能ではない  ひとまず猫の動きに制限を加えるため、洗濯ネットに入れてしまうという方法があります。猫はまるでクモの巣に引っかかったチョウチョのように、飛んだり跳ねたりすることが出来なくなりますので、そのタイミングを見計らって拘束します。この方法は、動物病院でキャリーを開けたとき、猫が勢い良く飛び出してしまうことを予防するという効果もあり、一石二鳥です。
 また玉網(たまあみ)を使うというバリエーションもあります。玉網とは、魚をすくい上げるときに用いる柄のついた丸い網のことで、「たもあみ」とか「たも」とも呼ばれます。逃げ回る猫をいったん玉網で拘束し、動かなくなったところで抱き上げ、そのままキャリーの中にストンと落とせば完了です。
注意点やデメリット  洗濯ネットに関しては、「そもそもネットを被せることができるくらいなら、最初からキャリーに入れているだろう!」というツッコミどころがあります。また動き回る猫を一人で捕まえ、ネットの中に入れる事はやや難しいでしょう。非常に古くからあり、多くの書籍で言及されている方法ですが、それほど万能というわけではありません。
 玉網に関しては、「猫を虫や魚のように扱うのはイヤ!」と抵抗を示す人がいます。そういう場合は、他の方法を優先して行い、どうしてもうまくいかない時だけ用いるようにすれば、良心の呵責も軽減されるでしょう。
猫を捕まえる方法トップへ

人工フェロモンを使う

 猫のフェイシャルフェロモンを人工的に生成した「フェリウェイ®」という商品があります。2006年に行われた実験では、「フェイシャルフェロモンは見知らぬ環境におかれた猫を幾分か落ち着かせる作用を持つ」という結果が出ていますので、キャリーの中に適量をスプレーしておくと効果が見られるかもしれません。 猫のフェイシャルフェロモン
注意点やデメリット  フェイシャルフェロモンの効果に関しては、上記したように「猫を幾分か落ち着かせる」という結果は出ているものの、「注射を受ける直前の”いやいや”を軽減する効果までは見られなかった」という結果も同時に出ています。フェロモンは決して万能薬ではありませんので、あくまでもおまじない程度に考えておいた方が無難でしょう。
猫を捕まえる方法トップへ

PIBIを活用する

 「PIBI」(ピビ)とは「つまみ誘発性行動抑制」の略であり、簡単に言うと「猫の首をつまむとおとなしくなる」現象のことです。飼い主が猫のうなじをやや強めに握ったり、PIBI専用のクリップ(クリップノシス®)を用いると、楽に拘束できることがあります。 首をつまむとおとなしくなる
注意点やデメリット  PIBIとスクラッフィングを混同しないよう注意が必要です。スクラッフィングとは首をつかんだ状態で持ち上げたり揺さぶったりする荒っぽい手技のことで、成猫に対してやってはいけない拘束方法の一つです。片手でうなじに圧力を加えたら、そのまま強引に持ち上げようとするのではなく、必ずもう片方の手で猫の体重を支えるようにしてください。
猫を捕まえる方法トップへ