トップ猫の健康と病気猫の感覚器の病気猫の耳の病気外耳炎

猫の外耳炎

 猫の外耳炎(がいじえん)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い猫の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

猫の外耳炎の病態と症状

 猫の外耳炎とは、音の通り道である外耳道(がいじどう)に炎症が発生した状態で、「外耳道炎」とも呼ばれます。 猫の外耳の構造  猫の外耳道には、耳のひらひら部分(耳介)から垂直方向に降りる縦穴のような「垂直耳道」と、垂直耳道の突き当りから水平方向に伸びる横穴のような「水平耳道」があります。「外耳道の炎症」とは、垂直か水平どちらか、もしくは両方の耳道に炎症が発生した状態のことです。
 外耳道の表面を構成しているのは、皮膚の最上部に当たる「表皮」(ひょうひ)、表皮の下で皮膚の形状を維持する「真皮」(しんぴ)、そして「アポクリン腺」と呼ばれる分泌腺などです。これらの組織に炎症が起こると、以下のような症状を示すようになります。
外耳炎の主症状
犬と猫の外耳炎の外観
  • においのある耳垢がたまる
  • 耳をしきりに触ろうとする
  • 頭を振る
  • 外耳道の皮膚が厚くなる
  • 耳道が狭くなる
  • 鼓膜が破れる
猫の外耳炎トップへ

猫の外耳炎の原因

 猫の外耳炎の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。
外耳炎の主な原因
  • 寄生虫 ミミヒゼンダニによる耳疥癬がある場合、ダニが付けた傷や放出した排せつ物が引き金となって炎症が起こります。頻度は低いものの、ニキビダニ、ヒゼンダニ、ネコショウセンコウヒゼンダニが原因になることもあります。
  • アレルギー アトピー性皮膚炎接触性アレルギーなどが耳に現れることがあります。
  • 異物 腫瘍、ポリープ、過剰な耳垢、被毛、植物の種などの異物が炎症を引き起こすことがあります。
  • 菌の感染 ブドウ球菌、シュードモナス属、プロテウス属、コリネバクテリウム属、大腸菌といった細菌や真菌が炎症を引き起こすことがあります。特にブドウ球菌は、耳の奥にある水平耳道でよく発見されます。
  • 折れ耳 スコティッシュフォールドなど折れ耳の猫は湿気が耳にこもりやすいため、外耳炎にかかりやすい傾向があります。
  • 耳掃除不足 飼い主が適切な耳のケアを怠っていると、外耳炎に気づかないまま症状を悪化させてしまうことがあります。
猫の外耳炎トップへ

猫の外耳炎の治療

 猫の外耳炎の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
外耳炎の主な治療法
  • 寄生虫の管理 ミミヒゼンダニを始めとする寄生虫が原因になっている場合は、洗浄剤を用いて耳をきれいにし、抗ダニ薬を局所的に塗布します。 その後殺疥癬効果のある薬を投与します。なお洗浄液を使用する場合は、事前に鼓膜が破れていないことを確認しておかなければなりません。
  • アレルゲンの除去 アトピー性皮膚炎接触性アレルギーなどが原因になっている場合は、アレルギーを引き起こしているアレルゲンを環境中から一掃するよう努力します。
  • 異物の除去 耳の中の異物が炎症を引き起こしている場合は、異物を除去します。耳垢、被毛、植物の種などは簡単ですが、腫瘍やポリープといった場合は時として手術が必要になることもあります。
  • 殺菌 ブドウ球菌を始めとする細菌や真菌が原因になっている場合は、抗菌薬や抗真菌薬が投与されます。原因菌を正確に突き止めておくと治療効果が高まります。
  • 耳のケア 飼い主による定期的な耳のケアが外耳炎予防になり、また早期発見につながります。猫の耳かきの仕方
猫の外耳炎トップへ