トップ猫の健康と病気猫にとって危険な毒物

猫にとって危険な毒物

 猫が誤って摂取すると中毒症状を示す猫にとって危険な毒物を一覧化しました。人間にとっても危険なものばかりですので、予防に役立ててください。なお、危険植物に関しては非常にたくさんありますので、猫にとって危険な有毒植物をご参照ください。

猫の毒になる食べ物

 以下でご紹介するのは猫にとって毒となる食べ物です。人間にとっては何の変哲もない食べ物ばかりですが、猫にとっては毒性を示すものが意外とたくさんあります。飼い主が与えなくても、他人が「おやつ」と称して食べさせようとする状況も考えられますので要注意です。

身近な有毒食品

 以下は身近にある有毒食品の一覧リストです。うっかり与えてしまわないよう、子供を含めた家族全員が危機意識をもって食べ物の管理をして下さい。またうっかりテーブルに置き忘れることがないよう十分注意します。なお猫が誤飲・誤食した食品がはっきりしている場合の応急処置は異物を飲み込んだをご参照下さい。
  • チョコレート・ココアチョコレートやココアに含まれる「テオブロミン」はホスホジエステラーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害してカテコールアミンを増加させ、「カフェイン」は直接的に心臓の筋肉と中枢神経系を刺激します。症状は軽度の血圧上昇、心拍数と呼吸数の増加、不整脈、興奮、痙攣、尿失禁、昏睡、死亡などです。誤食してから時間が経っていない場合は吐かせ、時間が経った場合は胃洗浄などが行われます。
  • キシリトール犬においてはガム一枚でも低血糖(ていけっとう=血液中の栄養素であるグルコース濃度が低くなること)を起こし、最悪のケースでは死亡することもあります。猫における症例報告はありませんが、少なくとも体にとって必要な成分ではありませんので遠ざけるに越したことはないでしょう。キシリトール配合の歯磨き粉やピーナツバターを使用しないことはもちろんのこと、壁の汚れ落としなどに転用した場合は、よく拭いておく必要があります。
  • たまねぎ・長ネギ・ニラねぎ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球(せっけっきゅう=血液中に含まれ、酸素を運ぶ役割を担う)を破壊し溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)の原因になります。すき焼き残り汁、ねぎのかけらが入った味噌汁やらっきょうなども厳禁です。しょうが・あさつき・ニンニクなどにも含まれます。
  • 人間のサプリメント人間用のサプリメントは人間の体のサイズを基本に計算されています。水溶性ビタミンはおしっことして対外に排出されますが、脂溶性ビタミン(A,D,E)は体内に蓄積され、各種の過剰症を引き起こします。サプリメントは必ず猫用を与えてください。
  • エビ・カニ・貝類・イカ・タコあまり消化がよくないので基本的には与えないほうがよいでしょう。生の二枚貝やイカに大量に含まれるチアミナーゼはビタミンB1を破壊して欠乏症を招き、腰が抜ける原因になることがあります。またアワビの内臓(中腸腺)を大量に摂取すると、日光性の皮膚炎を発症して最悪のケースでは耳が落ちてしまうこともあります。「イカを食べると腰が抜ける」とか「アワビを食べると耳が落ちる」といった都市伝説はあながちデタラメではありません。
  • ハム・ソーセージ・珍味・ちくわ塩分(NaCl)の摂取量が少なすぎると腎臓の負担が増えて慢性腎不全を悪化させてしまう危険性がありますが、逆に上限を超えると人医学の分野で確認されているような各種の疾患(高血圧・腎臓病・心臓病etc)を引き起こしてしまう可能性を否定できません。猫のナトリウム(Na)摂取許容量は下限が「0.5mg/kcal」で上限が「3.1mg/kcal」と推定されていますので、練り物を与える際はこの限度を超えないよう注意します。
  • 食塩・塩水かつては誤飲や誤食したときの嘔吐剤として「食塩水を飲ませる」という方法が用いられていました。しかしこの方法は逆に急性食塩中毒を引き起こす危険性があるため、現在では推奨されていません。最新の応急処置に関しては猫の誤飲誤食で解説してありますのでご参照下さい。なお日本ではマイナーですが、食塩を大量に含んだ「塩生地飾り」(クリスマスツリーなどに飾り付けるパンの一種)を食べて食塩中毒に陥る事例が海外では見られます。
  • ケーキ・クッキーなど人間用のスイーツは糖分や脂質が多すぎです。猫では極めてまれですが、ショ糖を含むので虫歯の原因になる可能性も否定できません。猫はそもそも甘みをほとんど~まったく感じることができませんので、栄養源として甘いものを与えることはやめておきましょう。
  • アルコール人間と猫の体の大きさは違いますので、人間にとっては許容量のアルコールでも猫にとっては有害になります。面白半分で与えるのはやめましょう。ラム酒を含んだフルーツケーキのほか、焼く前のドーナツ(パン)生地も危険です。後者ではお腹の中で生地が発酵して二酸化炭素とアルコールを生成し、胃拡張やアルコール中毒を引き起こしてしまいます。なお急性エチレングリコール中毒に陥った猫に対し、お酒の一種であるウォッカを静脈から注射するという応急処置がありますが、こうした方法を用いるのは例外中の例外です。
  • 牛乳人間用の牛乳は脂肪分が高いためカロリーが高く、また牛乳中に含まれる乳糖(にゅうとう/ラクトース)を分解する酵素(ラクターゼ)を持たない猫もいますので下痢を起こしやすくなります。ラクトースの分解は体重1kg当たり1.3gが限界で、それ以上になるとおならの原因にもなるため、与えるなら猫用ミルクにしましょう。
  • 刺激物唐辛子、カレー、こしょうなどの香辛料は内臓に悪く下痢や消化不良を引き起こす危険があるため、与えないようにしましょう。また手作り消臭剤としてコーヒーの出涸らしを使用している場合は、誤飲しない場所に限定します。
  • 大量のレバーレバーにはビタミンAやB群が豊富に含まれていますが、脂溶性であるビタミンAには過剰症がありますので、常軌を逸した量を与えてはいけません。
  • アボカド果実、種、葉などには「ペルシン」という物質が含まれており、人以外の動物に与えると中毒症状を示します。
  • アンズ・ウメ未成熟な種子や果実の中の「アミグダリン」という成分が体調不良を招きます。また小型猫がのどに詰まらせることもあります。
  • ジャガイモの芽芽に含まれる「ソラニン」等の成分が体調不良を招きます。大量摂取による人間の死亡例もあります。
  • モモ・スモモ未成熟の果実、種子の中身を誤食すると呼吸困難、虚脱、ケイレンをきたすことがあります。
  • サトイモ茎や球茎にシュウ酸カルシウムの結晶が含まれているため、誤食すると口内炎、舌炎、よだれ、皮膚炎などを招きます。
  • トマト果実よりも、芽や葉を誤食すると、嘔吐、腹部の痛み、血便、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難などをひきおこすことがあります。
  • ナス身よりも芽や葉を誤食すると嘔吐、腹部の痛み、血便、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難などをひきおこすことがあります。
  • カビの生えたものカビの生えたものには、真菌類が作り出す毒素「マイコトキシン」が含まれている危険性があります。具体的には、「アフラトキシン」「デオキシニバレノール」「ペニトレムA」などです。アメリカではペットフードにマイコトキシンが混入したことによるリコールが散見されており、また日本では人間用のチキンナゲットにカビの生えた鶏肉が用いられていたというとんでもない事例があります(2014年)。当たり前ですが「カビの生えたものは与えない」が大原則です。また、エコライフの一環としてコンポストを利用している場合は、猫が内容物を誤飲しないよう、隔離した場所に置くようにします。

年中行事と有毒食品

 以下は、日本における年中行事およびそれとワンセットになった食べ物や物品の一覧です。浮かれ気分でいると危機意識が薄らいで思わぬ誤飲誤食を招いてしまうことがあります。飼い主が軽い気持ちで猫に与えないことはもちろんのこと、猫が飼い主の目を盗んで近づかないよう注意しましょう。なお(△)マークが付いているものは、人間用の味がついていない場合に限り、一口くらいなら大丈夫です。
年中行事で気を付けたい誤食
  • 1月1日=お正月~おせち料理・雑煮・寿司・お酒
  • 1月中旬=成人の日~お酒・タバコ
  • 2月14日=バレンタインデー~チョコレート
  • 3月3日=ひな祭り~ひなあられ・ひし餅・白酒・ひな菓子
  • 3月14日=ホワイトデー~キャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート
  • 3月下旬=春彼岸~ぼたもち・おはぎ
  • 4月上~中旬=お花見~お酒・団子
  • 5月5日=こどもの日(端午の節句)~柏餅・ちまき
  • 5月上旬=母の日~カーネーション
  • 6月下旬=父の日~バラ
  • 7月7日=七夕~そうめん(△)
  • 7月中旬=お盆~精進料理・白玉団子・そうめん(△)・落雁
  • 7月下旬=土用の丑の日~うなぎ
  • 9月上旬=月見~団子・栗ごはん・豆・さといも
  • 9月下旬=秋彼岸~ぼたもち・おはぎ
  • 10月31日=ハロウィン~キャンディ
  • 11月15日=七五三~千歳あめ
  • 12月下旬=冬至~かぼちゃ(△)・小豆がゆ
  • 12月24・25日=クリスマス~骨付きの肉料理・ケーキ・お酒・ポインセチア
  • 12月31日=大晦日~そば(△)
猫にとって危険な毒物トップへ

猫の毒になる薬品

 本来食べ物ではない薬品も、好奇心旺盛な猫の場合、興味本位で口に入れてしまうかもしれません。薬品を体内に摂取してから症状が現れるのは、およそ10~60分たってからで、主に以下のような症状を示します。
典型的な薬品中毒症状
  • よだれをたらす
  • 嘔吐
  • けいれん
  • 呼吸困難
  • チアノーゼ(酸欠で口の中が暗紫色)
  • おしっこをもらす
  • 昏睡
  • 死亡
 なお猫が誤飲したものがはっきりしている場合の応急処置は異物を飲み込んだ、そして猫の呼吸や心拍が止まってしまった場合は猫の心肺蘇生術をご参照ください。応急処置の後は早急に動物病院へ直行する必要があります。

身近な中毒性薬品

 猫と人間が生活をともにしている家の中や家の周辺には非常にたくさんの中毒性薬品があります。「知らなかった…」とか「これも有毒なの?!」といったものがないかどうかをしっかりチェックしましょう。
  • 人間用の薬中毒解熱鎮痛薬に含まれるアセトアミノフェンは、少量でも中毒症状をきたします。大量摂取による人間の死亡例もありますので、絶対に与えないようにします。また関節炎、生理痛、発熱、炎症部位の鎮痛に用いるイブプロフェンを含む薬も厳禁です。2015年4月には、イブプロフェンと同じく非ステロイド系抗炎症薬に属する「フルルビプロフェン」の外用薬を舐めたことによる猫の死亡例が確認されたことから、アメリカ食品医薬品局(FDA)が緊急の警告を発しています。人間用医薬品の誤投与に関してはこちらの記事もご参照ください。
  • ペルメトリン中毒犬用のノミダニ駆除薬の中に「ペルメトリン」(Permethrin)と呼ばれる成分を含んでいるものがあります(フォートレオン®など)。この薬を誤って猫に用いてしまうと、最悪の場合では死んでしまうこともありますのでご注意ください。猫を飼っている家庭ではもちろんのこと、犬と猫が同居している家庭においても使用は避けた方がよいでしょう。理由は、猫が犬の皮膚を舐めることで薬剤を吸収してしまう危険性があるためです。また、ペルメトリンと同じくピレスロイド系殺虫剤に属する「フェノトリン」(Phenothrin)でも大規模なリコール事件が起こっています。詳しくはこちらの記事をご参照ください。
  • ニコチン中毒乳幼児ではタバコ0.5~1本に相当する10~20mg、成人ではタバコ2~3本に相当する40~60mgを、溶液にして直接飲んだ場合、急性中毒に達します。猫の大きさにもよりますが、タバコ1本でも食べてしまうと中毒を起こすと考えてよいでしょう。
  • 腐食性物質中毒腐食性物質(ふしょくせいぶっしつ=強酸やアルカリ)は、排水口やトイレ用洗剤、食器洗浄器用洗剤などに含まれることがあります。多くは数分以内に口やのどの痛みが起こり、せき、よだれ、息切れ、呼吸困難といった症状をきたします。
  • 炭化水素中毒炭化水素はガソリン、灯油、塗料シンナーなどの石油製品や洗浄剤、接着剤などに含まれます。摂取するとのどの痛み、呼吸困難、激しい咳、チアノーゼなどの症状が出ます。
  • 不凍液中毒不凍液(ふとうえき)とは、水冷エンジンや住宅の暖房ヒーターの一部などの内部を循環する冷却水(クーラント)の一種で、凍結しないように作られた液体のことです。主成分はエチレングリコールなどで、誤飲すると主に腎臓に障害が発生します。
  • 塩素系殺虫剤猫に寄生したダニを殺すための殺虫剤や薬浴剤には、クロルデン、リンデンなどの塩素系炭化水素が含まれます。こうした物質を口から摂取したり、皮膚を通して吸収してしまうと、時に中毒を起こすことがあります。
  • 有機リン系殺虫剤害虫(アブラムシ・ダニ・ケムシなど)を駆除する目的で用いられる有機リン系の殺虫剤で中毒が起こります。猫のノミとり首輪にも含まれることがありますので誤飲事故が起こらないよう十分な注意が必要です。また殺虫剤の中にはキャットフードの粒と同じ大きさのものがあり、猫が間違いを起こしやすいので、こちらも要注意です。
  • 殺鼠剤中毒殺鼠剤(さっそざい)に含まれるワルファリンやメタアルデヒドなどが中毒を引き起こします。殺鼠剤を含んだネズミを食べてしまった野良猫に多く発症しますが、猫が中毒になる可能性も常にあります。
  • 除草剤中毒除草剤に含まれるヒ素系やフェノール系の物質によって中毒が起こります。除草剤が散布されたところを猫が歩き、足の裏や体表に付着した薬剤を誤って舐めてしまうことで体内に入るというケースが多く見みられます。
  • エッセンシャル・アロマオイルエッセンシャルオイルやアロマオイルに含まれる植物成分が、時に中毒症状を引き起こします。オイルが皮膚に直接触れ、猫の体内に大量に吸収された場合は急性中毒、そして空気中に揮発した成分を呼吸器から吸い込んだ場合は、体内にゆっくりと蓄積された有害成分によって慢性中毒を起こします。

アロマオイルの危険性

 中毒性薬品の中でも特に「エッセンシャルオイル・アロマオイル」は要注意です。精油・アロマオイルは猫に有毒エッセンシャルオイル(精油)とは、植物から抽出した100%天然物質で、アロマオイルとは、このエッセンシャルオイルをアルコールやキャリアオイルで薄めたものを指します。
 猫の体にこれらのオイルが吸収されると、吐き気、食欲不振、倦怠、元気がないなどの体調不良に陥ることが分かってきました。理由は2つあります。一つは、猫の皮膚が薄くてオイルの吸収率が高いこと。そしてもう一つは、猫の肝臓には一部の分解酵素が欠落しており、人や犬のようにエッセンシャルオイルを分解できないことです。
 エッセンシャルオイルやアロマオイル中毒で最も多く報告されているのは意外にも、シャンプーやイヤークリーナーなどに含まれている「ティーツリーオイル」です。原液を皮膚に直接塗りつけることで急性中毒症状が引き起こされるというパターンが多く見られます。その他ペット用の虫除けカラーや消臭スプレーなどの成分として用いられていることがありますのでラベルをよく確認するようにしましょう。またペット用のみならず人間用の入浴剤や洗濯洗剤の中にもアロマ(エッセンシャル)オイルを含むものがあります。今一度、現在使用しているペットアイテムや人用アイテムの成分を確認し、もし含んでいるようでしたら今後は念のため使用しないようにします。 ペット用のシャンプー、イヤークリーナー、虫除けカラー、消臭スプレーなどに精油やアロマオイルが含まれていないか、今一度チェックを  オイルの吸収ルートには、皮膚や呼吸器を通じた「直接吸収」と、皮膚についたオイルを舐めることによる「間接吸収」があります。オイルを直接皮膚に塗りつけることはもちろんのこと、「匂い消し」と称してトイレ周りにアロマオイルを撒き散らしたり、オイル成分を含んだ洗濯物を部屋干ししない方が無難です。またアロマを空気中に揮発させる「ディフューザー」でも中毒に陥ったという逸話がありますので、安全性が確認されるまでは使わないほうがよいでしょう。

グルーミング性中毒に注意

 グルーミングを介して有害成分を接種することを「グルーミング性中毒」という中毒性物質を口に入れないよう日頃から注意しておくことは当然ですが、毛づくろいを日課とする猫においては、被毛に付着した有害成分をなめとることによって体調不良に陥る「グルーミング性中毒」にも注意しなければなりません。このグルーミング性中毒を予防するために重要な事は、猫の被毛を常に清潔に保っておくことです。被毛に付着しやすい成分としては、主に以下のようなものが考えられます。
グルーミング性中毒の原因
  • タバコの煙タバコの煙に含まれる成分は、部屋の中にある布や壁のほか、人間の衣服や猫の毛に付着します。なおタバコの煙は猫の口腔内の扁平上皮癌の発症確率を高めることがすでに確認されています。
  • 殺虫剤スプレー式でも発煙式でも、猫がいる場所で行うと、殺虫成分が猫の被毛の上に皮膜を作ってしまいます。
  • ハンドクリームハンドクリームをつけた手で猫を撫で回すと、手のひらからクリームの成分が被毛に移ってしまいます。こうした製品は事前に安全性が確認されているものの、基本的に口から摂取することを想定していません。
  • 化粧品化粧した顔で猫に頬ずりすると成分が被毛に移ってしまいます。人間用の化粧品は、基本的に口から摂取することを想定していません。
  • 猫砂の粉末特に紙製の猫砂を用いている場合は、細かな粒子が被毛に付着やすくなります。使用されている材料によっては体によくないものもあるでしょう。
  • シャンプーシャンプーした後のすすぎが不十分だと、成分が被毛に残ってしまいます。ドライシャンプーも同様です。
  • 消臭剤雑菌が繁殖して悪臭を放っている家庭用品に消臭剤を噴射し、一時的に臭いをごまかすことがあります。しかしこうした消臭剤の中には、猫の体内で分解・代謝できないものが含まれている可能性があります。じゅうたん、カーペット、クッションに吹きかけた後で猫が寝転ぶと、成分が被毛に移ることを防ぐことができません。
 上記したような成分が被毛に残ったままだと、猫が毛づくろいしたときに口から成分を摂取してしまい、体調不良に陥ってしまうかもしれません。これがグルーミング性中毒です。
人間用の化粧品は経口摂取を想定していない  先述したように、人間用のハンドクリームや化粧品は、一応安全性が確認されているものの、基本的に口から摂取することを想定していません。一方、猫の体は人間よりもはるかに小さく、摂取した成分がたとえ少量でも大きな影響を及ぼす可能性があります。不測の事態を避けるため飼い主が注意すべきは、猫の被毛に余計なものを付着させないよう気を配るという点です。きれいな手でマッサージしてあげたり、頻繁にブラッシングしてあげれば、余計な物質をなめとる危険性も減らせるでしょう。なお、可愛いからといって猫の頬にチークを入れることの善悪は言うまでもありません。
猫にとって危険な毒物トップへ

猫の毒になる金属

 重金属(じゅうきんぞく, heavy metals)とは、比重が4~5以上の金属元素のことで、一般的には鉄以上の比重を持つ金属を指します。金属や金属の蒸気が空気中で凝縮したもの(フューム)が、消化器、呼吸器、皮膚から体内に吸収されると、主に以下のような中毒症状を示します。なお猫が誤飲・誤食した金属がはっきりしている場合の応急処置は異物を飲み込んだをご参照下さい。
典型的な重金属中毒症状
  • よだれをたらす
  • 嘔吐
  • 下痢
  • けいれん
  • 呼吸困難
  • チアノーゼ(酸欠で口の中が暗紫色)
  • おしっこをもらす
  • 昏睡
  • 死亡
中毒を起こす重金属
  • 古いペンキ、バッテリー、ハンダ、リノリウム(床に用いられる)、散弾などに含まれます。また盲点になりやすい含有物は、プロ用の絵具、海外のおもちゃ(塗料)、年代物ワインのコルクシール、レースカーテンの裾に縫い込まれた固定用の錘(おもり)などです。鉛に汚染された土壌で育った植物や、それを食べた草食動物の肉を介して体内に入るというルートや、散弾を受けた鳥の肉を食べて体内に入るというルートもあります。
  • 水銀体温計に使用される水銀は、液体のまま経口摂取してもほとんど消化されずに便として排出されるため無害ですが、破損した水銀体温計やこぼれ出た水銀をそのまま放置しておくと徐々に水銀が気化し、肺を通じて体内に取り込まれ、主に腎臓や神経に悪影響を及ぼします。
  • アンチモンバッテリー、ハンダ合金、ゴム、プラスチックなどに含まれます。アンチモンを含む容器や器具に接触させたものを飲んだ場合などに、中毒が発生します。
  • 多くの動物にとって慢性的に過剰な銅の摂取は毒となります。10円玉、なべなど多くの製品に用いられており、銅の過多は肝硬変や発育不全、黄疸、などの原因となります。
  • 過剰な鉄の摂取は生体にとって有害で、主に肝臓、膵臓、心臓に悪影響を及ぼします。人間用の鉄を含んだサプリメントなどを誤飲すると、体の小さな猫では時に中毒症状を示し、過剰摂取後6時間以内に嘔吐、下痢、腹痛、眠気、意識消失、けいれんなどの症状が発症します。
猫にとって危険な毒物トップへ