トップ有名な猫一覧保持記録で有名な猫ルイス

ルイス

 アメリカで初めて前科が付いたとして有名な猫「ルイス」について解説します。

ルイスとは?

 ルイスは、アメリカ国内で初めて、人を攻撃した罪で裁判所から自宅軟禁を命じられた猫。
近隣住民を攻撃した罪で自宅軟禁命令を下された猫・ルイス  2006年3月、彼が推定5歳のとき、コネチカット州フェアフィールドの地元住人が「猫に攻撃された」と苦情を申し立てました。苦情を受けた動物統制局の局員は、ルイスの飼い主であるルース・チセロに対し、猫の外出禁止を命じます。しかしチセロはこの命令を軽視し、再びルイスを外に逃がしてしまいました。事態を重く見た検察はチセロを「命令違反罪」で逮捕。2006年4月、ブリッヂポート高等裁判所に現れた彼女に対し、「ルイスを安楽死させる」という条件で保護観察処分を下します。
 ところがチセロはこの処分を不服とし、とうとう裁判に持ち込みました。2006年5月に開かれた法廷では、「ルイスを安楽死させるくらいだったら引っ越す」と主張、さらにルイスの攻撃は「ホースで水を掛けられたり卵を投げつけられたりしたことに対する正当防衛だ」と主張しました。
 被害者と加害者の折り合いが付かないまま、翌月の6月に審問会が開かれ「病院にいくとき以外は、ルイスを常に家の中に閉じ込めておく」という条件で、チセロに対し2年間の保護観察処分が提案されました。
 チセロはこの折衷案(せっちゅうあん)に同意、2年後の2008年7月、事前の公約どおり罪状が取り消されました。ただし、猫のルイスに対する軟禁処分は変わらないため、彼はあいからわず家の中にとどまり、外に出るときは必ずキャリーに入ることになっています。
 「猫に対して裁判所命令が下る」というこの出来事は、アメリカ国内では最初のケースだったこともあり、国内外の関心を大いに集めました。 Lewis(cat)
ルイストップへ

ルイスの写真

 以下でご紹介するのは、アメリカで初めて前科が付いたとして有名な猫「ルイス」の写真です。 アメリカで初めて裁判所命令が下った不名誉な猫・ルイス
 飼い主であるルース・チセロさんに抱かれるルイス。写真の出典はこちら
ルイストップへ