トップ猫の体猫の感覚器猫の耳・聴覚

猫の耳・聴覚

 猫は進化の歴史の中で聴力を著しく発達させてきました。その結果、犬が嗅覚(きゅうかく)の動物と呼ばれるのに対し、猫は聴覚(ちょうかく)の動物と呼ばれるほどです。以下では、猫の鋭い聞き取り能力について解説していきます。なお、猫の耳の健康チェックは耳の変化・異常を、猫の耳に関わる疾患に関しては猫の耳の病気をご参照ください。

猫の耳の構造

 猫の耳は、基本的に私たち人間と同じ構造をしています。以下は猫の耳の解剖学的構造図です。 猫の耳の解剖学~耳介・耳管・鼓膜・耳小骨・蝸牛などの位置関係
  • 耳介 耳介(じかい)とは耳のひらひら部分のことです。音のする方向に向け、パラボラアンテナのように集音する役割を果たします。
  • 耳道 耳道(じどう)とは音の通り道のことです。縦穴のように垂直に降りる「垂直耳道」と、横穴のように水平に伸びる「水平耳道」とが、ちょうどアルファベットの「L」のような形を作っています。
  • 鼓膜 鼓膜(こまく)とは音を響かせる薄い膜のことです。まるでドラムのように振動し、音を鼓室へと伝えます。
  • 鼓室 鼓室(こしつ)とは鼓膜の後ろにある小部屋のような空間です。中には耳小骨(じしょうこつ)と呼ばれる小さな骨があり、入ってきた音を20倍以上に増幅します。ちなみに耳小骨は体の中で最も小さな骨であり、「ツチ」、「キヌタ」、「アブミ」の3つから構成されています。
  • 耳管 耳管(じかん)は鼓室と口の中をつなぐ管で、鼓室の空気圧を大気圧と等しくする役割を担っています。
  • 蝸牛 蝸牛(かぎゅう)とは、音を電気信号に変換して脳へ送る中継装置のようなものです。形がカタツムリ(蝸牛)に似ていることからこう呼ばれています。ちなみに蝸牛に隣接している3本の管は「三半規管」(さんはんきかん)と呼ばれ、バランス感覚をつかさどっています。
 猫の蝸牛の長さは人の2/3程度であり、蝸牛内にある有毛細胞数は、人間より10,000本少ない12,000本しかありません。しかし逆に、神経節細胞から伸びる神経線維の数は、人間より10,000本多い40,000本あります。この違いが、人間よりも広い範囲の音を聞き取る能力につながっているのでしょう。
猫の耳・聴覚トップへ

猫の聴力の発達

 猫の五感の中で、「聴覚」は最もすぐれているといわれます。これは暗い林や森の中で、獲物を待ち伏せすることで生き延びてきた種族だからでしょう。「音」に対する感度を進化させれば、日光量の少ない夜でも獲物の居場所を突き止めることができるからです。
 猫の優れた聴覚は、以下のような段階を追って発達します。
猫の聴覚の発達
  • 生後6日まで 生後2~3日ごろから電位が見られ、生後6日目までに200~6,000ヘルツまで可聴域が広がる。
  • 生後16日まで 生後7日目には定位反応が見られ、13~16日齢までには音の聞こえる方向へ探索をするようになる。外耳道は6~14日齢に開き、おおよそ17日齢で完成する。
  • 生後31日まで 3~4週齢で同腹の子猫や人間の音声を認識し、防衛反応(背中を丸めてシャーシャー音を出す)も見られる。31日齢までに耳介が深くくぼんでいく。
片方の目がブルー、もう片方が黄色系の猫はオッドアイと呼ばれる  体毛が白く、オッドアイを持つ猫は、青い目の側の耳が聞こえないという聴覚障害を高確率で持ちます。オッドアイ(Odd Eye)とは、片方の目がブルー、もう片方が黄色系の猫で、日本では「金目銀目」と呼ばれる猫のことです。また、両方ブルーなら両耳聞こえないという場合もあります。これは、色素の欠乏に関係する遺伝子が、耳の中の「内耳」(ないじ)と呼ばれる部分の「コルチ器官」に影響を及ぼし、聴覚に重要な分泌液の量が減少してしまうからだと考えられています。
猫の耳・聴覚トップへ

猫の耳介

 耳介(じかい)とは、耳のひらひら部分のことです。猫の耳介には小さな筋肉がたくさんついており、まるでパラボラアンテナのように自分の意志で自由に耳を動かすことができます。

猫の耳介の筋肉

 以下は、猫の耳を動かす筋肉と動かす方向の一覧です。実は人間の耳にも、「前耳介筋」、「上耳介筋」、「後耳介筋」といった筋肉が付いていますが、ほとんど痕跡的な役割しか果たしていません。
猫の耳介筋と耳の動き方
  • 耳を前方に向ける  耳を前方に向ける時に動員される筋肉は、「前頭筋」(ぜんとうきん)と「頬骨耳介筋」(きょうこつじかいきん)がメインです。驚いたときや何かに興味を抱いたときなどによく見られます。 猫が耳を前方に向けるとき、主に耳介の前にある筋肉が使われる
  • 耳を後方に向ける  耳を後方向ける時に動員される筋肉は、「頚耳介筋」(けいじかいきん)と「側頭筋」(そくとうきん)がメインです。不愉快なことがあったときや怒ったときなどによく見られます。 猫が耳を後方に向けるとき、主に耳介の後ろにある筋肉が使われる
  • 耳を下方に向ける  耳を下方に向ける時に動員される筋肉は、「耳下腺耳介筋」(じかせんじかいきん)がメインです。何かを怖がっているときや服従心を示すときなどによく見られます。 猫が耳を下方に向けるとき、主に耳介の下にある筋肉が使われる
猫は飼い主と他人の声を音声だけで聞き分けることができる  なお2013年に行われた実験で、猫は飼い主の声を聞き分けることができるという事実が明らかになりました(→出典)。実験では、20匹の猫を対象に、知らない人の声を3人分聞かせた後、飼い主の声を聞かせるというテストが行われました。その結果、15匹の猫が飼い主の声に対して反応を見せたとのこと。またその反応は、犬のように吠えたりするのではなく、耳を動かしたり顔を向けるといった控えめなものだったとも。こうした事実から、猫は第三者の声と飼い主の声を聞き分けることができるという可能性が示されました。猫の名前を呼んだとき、面倒くさそうにしっぽを2~3回振ったり、耳をピクピク動かすことがあります。これは「はいはい。あなたの声はちゃんと聞こえてますよ」という猫流の返答なのかもしれません。

猫の耳介のタイプ

 猫の耳介の種類には、本来それほどバリエーションはありません。しかし1800年代半ば頃から急速に進められてきた選択繁殖により、品種特有の耳というものが生みだされました(→出典)。
猫の耳介の位置
猫の耳介の位置一覧表
  • ノーマル ノーマル(Normal)とは、最もよく見られる耳の位置です。
  • フレアベース フレアベース(Flare Base)とは、耳の付け根がやや広がっている状態のことです。まるでろうそくの炎(flare)のように見えることからこう呼ばれます。
  • ワイドセット ワイドセット(Wide-set)とは、耳の先端が極端に外側に向かっている状態のことです。耳と耳との距離が離れて「ワイド」(Wide)に見えることからこう呼ばれます。
  • クロースセット クロースセット(Close-set)とは、耳の先端が極端に内側に向かっている状態のことです。「ワイド」とは逆に、近づいて「クロース」(Close)に見えることからこう呼ばれます。
猫の耳介の形
猫の耳介の形一覧表
  • プリック プリック(Prick)とは、ピンと立った耳のことで、最も一般的にみられるタイプです。「立ち耳」とも言います。
  • ルースフォールド ルースフォールド(Loosely Folded)とは、やや前方に折れ曲がった耳のことです。「半折れ耳」とも言います。
  • フォールド フォールド(Folded)とは、前方に完全に折れ曲がった耳のことです。「折れ耳」とも言い、代表格としてはスコティッシュフォールドが挙げられます。
  • カール カール(Curled)とは、後方に巻き上がった耳のことです。「巻き耳」とも言い、代表格としてはアメリカンカールが挙げられます。
  • フラッピー フラッピー(Floppy)とは、軟骨が柔らかく、形が一定しない耳のことです。「floppy」とは英語で「だらりとした」を意味します。
猫の耳の根元についた小袋「皮嚢」  耳介の位置や形に関わらず、猫の耳の横には小さな袋状の部分が付いています。これは「縁皮嚢」(えんひのう)といって、大きな耳を持つ動物に共通して見られる小袋です。しかしその役割に関しては定かではなく、おそらく耳をたたみやすくするためについているのだろうと推測されています。ちょうどズボンのタックやスカートのスリットのようなものなのかもしれません。なお、都市伝説の一つとして「アワビを食べると耳が落ちる」というものがありますが、検証の結果、単なる俗信では片づけられない面を含んでいることが分かりました。詳しくはリンク先をご参照ください。
猫の耳・聴覚トップへ

猫の可聴域

 猫の可聴域(かちょういき=音の聞こえる範囲)は25~75,000ヘルツくらいです。人間の「20~20,000ヘルツ」、犬の「40~65,000ヘルツ」と比較しても、高音域に対する感度が優れています。実験では100,000ヘルツという、とてつもない高音でも脳内に反応電位が見られますが、実際に音として認識されているかどうかは定かではありません。 1988年Fayの実験では、10万ヘルツの音に猫が反応することが確認されている  音程の聞き分け能力に関しても高い音の方が感度がよいようです。低周波では1音程の1/2の差を聞き分けますが、高周波数では1音程の1/5~1/10という、極めて微小な高低差を聞き分けることができます。
 猫が聞き取りやすい音は、強さで言うと20デシベル、周波数で言うと250~35,000 ヘルツ近辺です。また最も感度がよいのは、頭の正中線から20~40度の角度に位置する20,000ヘルツ以上の音だといいます。これは、猫の獲物となりやすいネズミなどのげっ歯類が、およそ17,000~148,000ヘルツの周波数でコミュニケーションをすることと関係しているのでしょう。また京都大学の心理学部が2016年に行った調査によると、音だけを頼りに見えない物体の存在を予測する能力に関しては、サルよりも猫の方が優れているそうです。こうした能力が発達した背景には、「暗闇の中で音を頼りに獲物を捕える」という猫の狩猟スタイルがあるもの推測されます。詳しくはこちらの記事をご参照ください。 猫の聴力が最大限に発揮される領域  猫は一般的に、野太い男性の声を好まない傾向にありますが、これは声が低くて体の大きい捕食動物を連想させるからだと考えられます。逆に、子猫の泣き声に相当する2,000~6,000ヘルツくらいの音域を好むといわれています。
 猫が呼びかけに反応しなかったり、音へのリアクションが悪いなと感じたときは、中耳炎内耳炎にかかっている可能性があります。そうした異常が現れたときは念のため獣医さんに診てもらいましょう。また、猫が部屋の片隅を凝視しながらじっとしていると、「あれ・・ボケが始まったのかな?」と思うかもしれませんが、ほとんどの場合は人間には聞こえない微弱な音に反応しているだけです。 あらぬ方向を見つめる
猫の鈴
 「サザエさん」に登場するタマを始め、猫が首に鈴をつけている姿をよくみかけます。しかし、これは猫にとって本当に必要なものなのでしょうか?
  • 猫の鈴のメリット 部屋の中で足元に猫が来たとき、鈴の音で居場所が分かるので、踏んづける事故を予防できる。万が一迷子になった時、鈴の音で居場所を見つけやすくなる。放し飼いにしている場合は、飼い猫であることの証になる。
  • 猫の鈴のデメリット 猫にとっては多大なストレス!
猫の首に鈴をつけるのは、聴力の優れた猫にとってはけっこうなストレス  「猫に鈴をつけると胃潰瘍になる」というまことしやかな噂もありますが、誰かが統計を取ったわけではないので頭ごなしに鵜呑みはできません。しかし、光の少ない場所で待ち伏せ型の狩猟をするために進化してきた猫の耳は、犬をしのぐほど高性能です。人間には聞こえないネズミの放つ超音波すらキャッチするその耳のそばで、チャリンチャリンと四六時中(しろくじちゅう)高い音を聞かされるのは、決して愉快ではないでしょう。人間で言えば耳たぶに鈴をつけて毎日生活するのと同じことですので、猫を放し飼いから室内飼いに切り替える、足元に猫がいないかどうか気をつけながら部屋を移動するなど、可能な限り猫に無駄なストレスを与えない工夫が望まれます。
猫の耳・聴覚トップへ

猫の音源定位能力

 音源定位能力(おんげんていいのうりょく)とは、音がどこから伝わってきているかを判断する能力のことです。
人と猫の音源定位能力
音源定位能力に関しては、人間が1~3度であるのに対し猫は5度なので、人間の勝利 猫のそれは、75%の精度で5度の位置ずれを感知すると言います。猫の耳に入る音には、左右で極めて微小なずれがあり、それは25~80マイクロ秒(0.000025~0.000080秒)程度です。この時間差を脳が瞬時に計算し、音がどこからやってきたのかを判断します。
 ちなみに犬の音源定位能力は8度、人は1~3度程度ですので、この能力に関しては人間の方に分があると言えます。これは、人が「言語」というものを重要なコミュニケーション手段として進化させてきた結果です。
猫の耳・聴覚トップへ