トップ猫の体猫の感覚器猫の鼻・嗅覚

猫の鼻・嗅覚

 猫の嗅覚(きゅうかく)は、犬ほどではないにせよ、大変優れたものがあります。 以下では猫の匂いを嗅ぎ取る力=嗅覚について解説していきます。なお、猫の鼻の健康チェックは鼻の変化・異常を、猫の鼻に関わる疾患に関しては猫の鼻の病気をご参照ください。

猫の鼻の感度

人の嗅上皮と嗅球の位置関係  猫の嗅覚は、人間の1万~10万倍の感度を持っていると言われています。これは人間よりも1万倍強烈に臭いを感じるという意味ではなく、空気中に漂っている臭い物質の濃度(のうど)が、人間が感知できる最低濃度の1万分の1~10万分の1でも感知できるという意味です。
 においを感知する嗅細胞が密集している嗅上皮(きゅうじょうひ)は、猫では20平方センチメートル(500円玉)程度です。人では2~4平方センチメートル(1円玉)、犬では150平方センチメートル(1000円札)程度ですので、犬よりは劣るものの、人よりははるかに嗅覚が優れているといえるでしょう。また、嗅上皮に接続する形で位置する神経線維の束、嗅球(きゅうきゅう)には、およそ6,700万個の細胞が含まれています。これは人間よりも約1,500万個多い数です。
 犬は臭いで獲物の居場所を突き止めますが、猫は主として肉眼や鋭い聴覚によって獲物を発見して狩猟を行います。ですから猫は獲物を発見するために嗅覚を用いるというよりは、目の前の食べ物が食べることが出来るかどうかの最終確認や、縄張り確認の為に鼻を使うことが多いようです。例えば、冷蔵庫から出したばかりのエサを、なかなか食べようとしないことがありますが、これはエサからおいしそうな匂いが出ていないため、食べ物として認識していないためだと考えられます。
 なお猫の嗅覚は、以下に述べるようないくつかの特殊構造によって機能が高められています。
猫の嗅覚を高める構造
  • 外鼻孔猫の外鼻孔(がいびこう)はサイドに切れ込みを持っている 外鼻孔(がいびこう)とはいわゆる「鼻の穴」のことです。人間を含めた哺乳類の大部分は円形~楕円形の外鼻孔を持っていますが、犬や猫の場合は穴の横に切れ目が入っています。鼻の上に付着している上唇挙筋(じょうしんきょきん)といった小さな筋肉を収縮させると鼻がヒクヒクと開閉し、正面からだけでなくサイドからも空気を取り込むことができるという仕組みです。
  • 上唇溝猫の上唇溝(じょうしんこう)は水分の保持に役立っている 上唇溝(じょうしんこう)とは鼻の中央から口にかけて見られる一直線の溝のことです。毛管作用によって常に水分を蓄えており、におい分子を吸着するのに役立っています。ちなみに人間では「人中」(にんちゅう)と呼ばれる鼻の下の溝に相当しますが、こちらは何のために存在するのかいまだにわかっていません。おそらく単なる痕跡だろうと考えられています。
  • 鼻鏡猫の鼻の表面は鼻鏡(びきょう)と呼ばれ、常に濡れて光っている 鼻鏡(びきょう)とは鼻の表面にある細かい溝のことです。溝の中は外側鼻腺(がいそくびせん)からの分泌液や鼻涙管(びるいかん)を通じて流れてきた涙によって濡れており、におい分子を吸着するのに役立っています。また鼻の中に含まれる温度センサーは、気化熱の左右差を感知することで風向きを測定することができます。鼻の表面にある複雑な線のパターンは「鼻紋」(びもん)と呼ばれ、ちょうど人間の指紋同様、猫によってそれぞれ違います。2006年、猫の鼻紋を個体識別に利用しようとする試みが実際になされ、専用の特許技術も開発されましたが、あまり浸透しませんでした。詳しくはこちらの記事をご参照ください。
猫の鼻・嗅覚トップへ

猫の鼻にまつわる習性

猫が額をこすりつけるのは、自分のにおいを残して所有権を主張するため。  猫は自分の体を地面や家具、はては飼い主の体に至るまで、ありとあらゆるものにこすり付ける習性があります。この理由は、猫が臭腺(しゅうせん)と呼ばれる臭いを出す器官をもっており、これが額の両側、唇の両側、顎の下、しっぽ、肉球、肛門の両側に存在しているからです。体をこすり付けて自分の臭いを対象に塗りつけることで、所有権や縄張りを主張しているものと考えられます。後から臭いをかいで自分の臭いを確認することが出来ると、安心するのでしょう。 猫が顔をこすり付ける
猫の臭腺
猫の臭腺は、額の両側、唇の両側、顎の下、しっぽ、肉球、肛門の両側に存在している
  • あごの下=下顎下腺
  • 唇の両脇=口周囲腺
  • ひたいの横=側頭腺
  • しっぽやその根元=尾腺
  • 肛門=肛門腺
  • 指の間=指間腺
猫同士が鉢合わせすると、鼻と鼻を突き合わせてお互いに臭いを嗅ぎあう。  1990年に行われた調査では、見知らぬ猫同士では互いの匂いを嗅ぐ時間が長くなることがわかっています(PassanisiとMacdonald)。一般的に、猫が鼻と鼻をくっつけるようにクンクンにおいを嗅ぎ合っているのは、「あなたに敵意は抱いていませんよ」という挨拶代わりだと言われています。 猫が鼻と鼻を近づける  「鼻のくっつけあい」に引き続き、肛門のにおいを嗅ぐしぐさを見せることがあります。犬でも同様の行動が見られますが、これは肛門の両側に存在している臭腺のにおいを嗅ぎ、相手のステータスを確認するために行っています。人間には想像できませんが、肛門の臭腺には、猫の個人情報がいっぱい詰まっているのです。お互いにお尻の臭いをかごうとしてグルグル回っている間に優劣がなんとなく決まり、通常は劣位の猫がお尻を差し出して挨拶が終了します。ただし、グルグル回り合ってお互いに譲らないと、喧嘩に発展することもあるようです。
 また去勢されていないオス猫はメス猫のスプレー跡を熱心に調べるといいます。「スプレー」とは、通常のおしっことは違い、何らかのメッセージを含んだ尿を周囲に撒き散らすことです。メス猫のスプレーを発見したオス猫は通常、クンクンと匂いを嗅いで回り、その後フレーメン(後述)に移ります。そして匂いの場所に体をこすり付けたり、門歯の後ろで舌を前後に動かすようなしぐさを見せたりします。こうすることで恐らく、メス猫の発する発情のメッセージを読み取っているのでしょう。
猫の鼻・嗅覚トップへ

猫のヤコブソン器官

 猫は口蓋(こうがい)の奥にヤコブソン器官と呼ばれる特殊な器官をもっています。「鋤鼻器官」(じょびきかん)とも呼ばれるこの器官は、人間では退化してありませんが、主としてフェロモンと呼ばれる極めて微量な分子成分を感知する働きを持っています。
 ヤコブソン器官から伸びる神経線維は、刺激に長時間さらされても機能が衰えないという特徴を持っています。これは刺激に対してすぐに慣れが生じ、「鼻がバカになってしまう」嗅神経とは大きく異なる点です。また、ヤコブソン器官で発生した電気信号を脳に送るまでの神経経路も、通常の匂いとは別ルートをたどります。 猫の鼻腔とヤコブソン器官の解剖図

猫のフレーメン反応

猫のフレーメン~口を半開きにして目をとろんとさせる  繁殖期に入ったメスの尿には性フェロモンと呼ばれるオス猫をひきつけてやまない成分が含まれています。この性フェロモンがオス猫のヤコブソン器官に触れると、目の焦点がトロントなって口が半開きになり、一瞬「おかしくなったかな?」と思われるような表情を見せることがあります。これはフレーメン反応(またはフレーメン現象)と呼ばれる生理現象です。猫はこの奇妙な表情を作ることにより、切歯のすぐ裏にあるヤコブソン器官の開口部を広げ、受け取った刺激を器官内へ運んでいると言われています。
 ちなみにこのフレーメン反応は馬やライオンでも同様に見られます。唇をめくり上げる特徴的な動作からリップカール(lip curl)、あるいはゲイプ(gape)などと呼ばれるユニークな行動です。
猫のフレーメン反応
 以下でご紹介するのは、猫がフレーメン反応を示す瞬間を捉えた動画です。一瞬ボケ~ッとした表情になるのをご確認下さい。 元動画は⇒こちら
馬とトラのフレーメン反応

猫のフェイシャルフェロモン

 猫が分泌するフェロモンの内、特に顔面部から出されるものをフェイシャルフェロモン(Feline Facial Pheromone, FFP)と呼びます。
 猫の顔から分泌されるフェイシャルフェロモン(FFP)は、現在5種類が同定されている2006年に行われた実験で、フェイシャルフェロモンは、慣れない環境に置かれた猫に対して鎮静効果を持つ可能性が示されました(→出典)。当実験では、77匹の猫が「アセプロマジン(精神安定剤の一種)のみ処方」、「アセプロマジンとフェイシャルフェロモン」、「フェイシャルフェロモンのみ」、「何も処方しない」という4グループに分割され、ケージ内にいるときと静脈注射を受けているときの様子が、それぞれ観察されました。その結果、フェイシャルフェロモンを受けた猫は、何も処方されなかった猫に比べ、ややおとなしくなる傾向があったといいます。一方、静脈注射を受ける直前の「いやいや」を軽減する効果は見られなかったとも。このことから研究者たちは、フェイシャルフェロモンは見知らぬ環境におかれた猫を幾分か落ち着かせる作用を持つという事実を突き止めました。
 また2015年に行われた調査では、ヤコブソン器官の慢性炎症が猫同士の攻撃性を誘発している可能性が示されています(→詳細)。研究者たちによると、ヤコブソン器官に炎症が発生するとフェロモンの感知能力が低下し、結果として猫同士のいがみあいにつながりやすくなるとのこと。私たち人間にはわかりませんが、猫たちの間ではフェロモンという微量分子を介したコミュニケーションが存在しているのかもしれません。
 現在、フェイシャルフェロモンにはF1からF5までの5種類が確認されており、上記実験で用いられたのは、「F3」と呼ばれるフェロモンを人工的に精製したものです。フェロモンの詳細については以下。  
猫のフェイシャルフェロモン5種
  • F1 成分は「オレイン酸/カプロン酸/トリメチルアミン-5-アミノ吉草酸/n-酪酸/α-メチル酪酸」で、使途は不明。
  • F2 成分は「オレイン酸/パルミチン酸/プロピオン酸/p-ハイドロキシフェニル酢酸」で、使途は発情期にあるメス猫を前にしたときの、オス猫の性的なマーキング。
  • F3 成分は「オレイン酸/アゼライン酸/ピメリン酸/パルミチン酸」で、使途は木の枝や突起物など、一般的なマーキング。
  • F4 成分は「5β-コレスタン酸/オレイン酸/ピメリン酸/n-酪酸」で、使途は猫がお互いの体をこすりあうアロラビング。「アロマーキングフェロモン」とも呼ばれる。
  • F5 成分は「パルミチン酸/イソ酪酸/5-アミノ吉草酸/n-酪酸/α-メチル酪酸/p-ハイドロキシフェニル酢酸」で、使途は不明。The Behaviour of the domestic cat
 なお上記フェイシャルフェロモンの内、一般的なマーキングに用いられる「F3」を合成したのが、「フェリウェイ」です。
フェリウェイ
猫のフェイシャルフェロモンを商品化した「フェリウェイ」  「フェリウェイ®」とは、猫の顔から分泌されるフェロモン「F3」を抽出し、商品化したものです。フェロモンとは動物の体内で生成され、ある一定の行動を促す作用を持った物質の事を指します。
 スプレータイプやリキッドタイプがビルバックから発売されており、効果としては、点滴中の猫を落ち着かせる、顔のこすりつけやグルーミングを活発化する、食事に対する興味を増加させる、尿スプレーを減らす、などがあります。 フェリウェイ
猫の鼻・嗅覚トップへ

猫とマタタビ

 猫に陶酔感を与える植物が何種類か知られています。これらの植物に共通しているのは、ある特定の化学基を含んでいるということです。具体的には「7-メチルシクロペンタピラノン」、「7-メチル-2-ピリジン」、「4-メチルベンゾフラノン」の3つが特定されています。また、猫に影響を及ぼす具体的な植物名は以下です。これらの植物には、上記した化学基が含まれているものと推測されます。
猫の行動に影響を及ぼす植物
  • マタタビ
  • キャットニップ(西洋マタタビ)
  • カノコソウ
  • キャットタイム
  • 低木スイカズラ
  • ミツガシワ
 列挙した中でも、猫の好物として特に有名なのはマタタビの果実やキャットニップ(西洋マタタビ)です。キャットニップの活性成分は「シス-トランスネペタラクトン」という長ったらしい物質であり、猫のセンサーに掛かれば、10億分の1から100億分の1のという極めて低濃度でも感知できるといいます。
キャットニップの刺激を受けた猫はよだれを垂らし、地面に体をこすり付けるなど、多幸感に満ちた行動を見せる  キャットニップに出会った猫はしばしば、よだれを垂らして頭を振り、顔をこすり付けたりします。また背中の皮膚をピクピクと震わせ、地面に横たわって転げまわることもあります。こうした目に見える反応は通常5~15分続き、うっとりした幸福感は少なくと1時間は持続するそうです。
 キャットニップへの反応性は、基本的に常染色体性の優性遺伝子によって遺伝するものです。ですから全ての猫が大好きというわけではなく、成猫の約半数はキャットニップに無反応とも言われています。また、2ヶ月未満の子猫、恐怖を感じている猫、ストレスを感じている猫では反応が薄くなるとも。
 マタタビやキャットニップは中毒性、依存性、副作用がほとんどない、猫にとっては夢のような「合法ドラッグ」として、非常に多くの商品が出回っています。しかし、「長期に渡る使用によって、周囲環境の一部を認識できない状態が慢性的に続くようになる」との報告もありますので、頭の片隅には置いておきたいものです(参考:「猫の行動学」, インターズー)。 猫のまたたび一覧
マタタビとキャットニップ
マタタビ、およびイヌハッカ  マタタビは、マタタビ科マタタビ属の落葉蔓性木本で、別名「夏梅」ともいいます。ネコ科の動物はマタタビの臭い(中性のマタタビラクトンおよび塩基性のアクチニジン)に恍惚を感じ、強い反応を示すため「ネコにマタタビ」という言葉が生まれました。ネコ科であるライオンやトラにも有効です。
 キャットニップ(西洋マタタビ, イヌハッカとも)は「猫が噛む草」(cat nip)という意味です。草の精油に含まれるネペタラクトンという物質が、猫に対する興奮作用を持っているといわれます。
猫の鼻・嗅覚トップへ