トップ猫の文化猫の出てくる映画

猫の出てくる映画

 洋の東西を問わず、猫が主役や準主役として登場する映画を年代別にまとめました。自宅で映画鑑賞するときの参考にして下さい。

1980年代以前の猫映画

 猫が登場する映画の中で、1980年代以前のものをまとめました。

おしゃれキャット

 フランス・パリで暮らす老婦人が、可愛がっている猫たちに遺産を残そうと、弁護士を呼んで遺言状を作った。しかし、遺言状の内容を盗み聞きした執事エドガーが、遺産を横取りしようと猫たちを睡眠薬で眠らせ、パリの郊外に捨ててしまう。目を覚ました猫たちは、野良猫オマリーらの協力を得ながら、故郷パリを目指すのだった。
映画の基本情報
  • 原題The Aristocats
  • 製作年1970
  • 製作国アメリカ
  • ジャンルアニメ
  • 関連商品おしゃれキャット
  • 備考
     ディズニー製作のアニメーション映画で、公開は1970年12月11日。日本では1972年3月11日に公開されている。東京ディズニーランドにあったショップ「おしゃれキャット」では、ディズニーキャラクターのぬいぐるみを中心に、フィギュア、アクセサリー、Tシャツなどが販売されていた。

ハリーとトント

 妻に先立たれ、3人の子供達も独立した72歳のハリーは、マンハッタンのアパートで愛猫トントと暮らしていた。しかし、区画整理のあおりでアパートからの強制退去を迫られ、やむなく長男の家へ転がり込む。どうしても新しい生活に馴染むことができないハリーは、娘シャーリーの暮らすシカゴへ向け、トントと共に旅立った。
映画の基本情報
  • 原題Harry and Tonto
  • 製作年1974
  • 製作国アメリカ
  • ジャンル実写
  • 関連商品ハリーとトント
  • 備考
     第47回アカデミー賞において、「ハリー」を演じたアート・カーニーが主演男優賞を受賞した。

子猫物語

 ひょんなことから母猫とはぐれてしまった茶虎柄の子猫「チャトラン」が、親友の子犬「プー助」と共に冒険する姿を、北海道の大自然を背景に描く。
映画の基本情報
  • 製作年1986
  • 製作国日本
  • ジャンルドキュメンタリー
  • 関連商品子猫物語
  • 備考
     監督は、「ムツゴロウ」の愛称で親しまれる畑正憲氏。海外では「The Adventures of Milo and Otis」という名で再編集されている。動物愛護の観点から、一部の過剰な演出に対して不快感を抱く人もいる。

オリバー ニューヨーク子猫ものがたり

 ニューヨークの路上で売りに出されていたものの、結局買い手の付かなかったオレンジ色の子猫オリバーは、ある大雨の夜に路上に放り出されてしまう。偶然出会った野良犬「ドジャー」のつてで、5匹の犬たちの仲間入りを果たすが、犬は「フェイギン」という名の悪党の手先だった。犬たちにそそのかされて盗みに入った車には、金持ちの家の少女ジェニーが乗っており、オリバーはそのまま彼女の家へと連れて行かれる。
映画の基本情報
  • 原題Oliver & Company
  • 製作年1988
  • 製作国アメリカ
  • ジャンルアニメ
  • 関連商品オリバー ニューヨーク子猫ものがたり
  • 備考
     原作はチャールズ・ディケンズの小説「オリバー・ツイスト」。ディズニーの長編アニメーションだが、歌が多いことからミュージカル映画に分類されることもある。オリジナル版では、声優をビリー・ジョエルやベット・ミドラーが務めた。
猫の出てくる映画トップへ

1990年代の猫映画

 猫が登場する映画の中で、1990年代に製作されたものをまとめました。

奇跡の旅

 ラブラドールレトリバーのルーア、ブルテリアのボジャー、シャム猫のテーオの飼い主であるジム・ハンター教授は、海外での大学の講義のため、3匹を自宅から300キロも離れたジョン・ロングリッジの家に預けた。しかし、預け先のジョンが3週間の鴨狩りの旅行に出かけることになり、3匹は留守を任される。寂しさに耐え切れなくなった3匹は、300キロという距離を超え、元の住居であるハンター家を目指して旅に出る。
映画の基本情報
  • 原題The Incredible Journey
  • 製作年1992
  • 製作国アメリカ
  • ジャンル実写
  • 関連商品奇跡の旅
  • 備考
     原作はカナダの作家シーラ・バーンフォードの「The Incredible Journey」。1963年にはウォルト・ディズニー製作で一度映画化されており、このときの邦題は「三匹荒野を行く」。本作はこのリメイク版となる。

スチュアートリトル

 ニューヨーク・セントラルパーク近郊の一軒家に、リトル夫妻と息子のジョージ、そして飼い猫のスノーベルが暮らしていた。かねてから一緒に遊べる弟をほしがっていたジョージの願いを聞き入れ、リトル夫妻は児童養護施設を訪れる。そこで出会ったネズミ「スチュアート」を引き取ることになったが、スチュアートはジョージとも猫のスノーベルともうまくいかない。そんなある日、セントラル・パークでボートレースが開催されることになった。
映画の基本情報

こねこ~旅するチグラーシャ

 モスクワに住む音楽家一家に、ある日、ペット市場から一匹の子猫がやってくる。「チグラーシャ」と名づけられたこの子猫は、花瓶を割ったり、カーテンを引き裂いたり、ママの仕事の図面にインクをこぼしたりと、やりたい放題。挙句の果てには、パパの楽器ケースの中にウンチをしてしまう始末・・。そんなある日、窓から落ちたチグラーシャはトラックの荷台に落ち、遠くの街に運ばれてしまう。
映画の基本情報
  • 原題KOTEHOK
  • 製作年1996
  • 製作国ロシア
  • ジャンル実写
  • 関連商品
  • 備考
     登場する猫たちは、猫のサーカスで有名なアンドレイ・クズネツォフ氏がトレーニングした。

シャム猫FBIニャンタッチャブル

 「ダーン・キャット」(愛称DC)は、ランドール家で飼われているシャム猫。ある日DCは、若い男の買い込んだ魚に釣られ、アパートにまで付いていってしまう。しかしそこは、巷を騒がしている誘拐事件の人質が監禁されている部屋だった。戻ってきたDCの首に付けられた腕時計が、人質からのメッセージであると気づいたランドール家の娘・パティは、FBIに捜査を依頼するが、気まぐれなDCのせいで、なかなか思うようにいかない。
映画の基本情報
  • 原題That darn cat
  • 製作年1997
  • 製作国アメリカ
  • ジャンル実写
  • 関連商品
  • 備考
     1965年に製作された同名作品のリメイク。
猫の出てくる映画トップへ

2000年代の猫映画

キャッツ & ドッグス

 ブロディ教授は、人間の犬アレルギーを治す新薬を開発中。猫族のリーダー、ミスター・ティンクルズは、世界征服の野望を実現するため、このブロディ家を利用しようと考える。それを知った犬族の諜報局員たちは、猫たちの動きをけん制すべく、ブロディ家に優秀なエージェント犬を送り込もうとする。しかし、手違いから何も知らないビーグル犬のルーが教授のペットとなってしまうのだった。
映画の基本情報
  • 原題Cats & Dogs
  • 製作年2001
  • 製作国アメリカ・オーストラリア合作
  • ジャンル実写+CG
  • 関連商品キャッツ & ドッグス
  • 備考
     2010年には、続編として「キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争」が公開されている。

ネコのミヌース

 小さな町の新聞記者ティベは、編集長から特ダネ記事を書かないとクビにすると告げられてしまう。そんなティベの前に現れたのは、少女の姿をした猫「ミヌース」。ティベは、彼女を家においてあげる代わりに、猫たちとのネットワークを通じて得たスクープを、ミヌースから聞き出すようになった。そんなある日、町の名士・エレメートがひき逃げをしたというスクープを手に入れる。しかし、名士である彼を疑うものはおらず、逆にティベの方が新聞社をクビにされてしまう。
映画の基本情報
  • 原題Minoes
  • 製作年2001
  • 製作国オランダ
  • ジャンル実写
  • 関連商品
  • 備考
     原作は、オランダの童話作家アニー・M・G・シュミットの同名童話。本国オランダでは劇場動員数100万人を記録した。

猫の恩返し

 ごく普通の女子高生・吉岡ハルは、ある日、トラックに轢かれそうになった猫を偶然助ける。人間の言葉を話すその猫の正体は、猫の国の王子・ルーンだった。次の日、王子の命を救ったお礼にと、猫の国へ招待されたハルは、そのまま王子ルーンと結婚する事を決められてしまい、ついには猫の姿にされてしまう。
映画の基本情報
  • 製作年2002
  • 製作国日本
  • ジャンルアニメ
  • 関連商品猫の恩返し / ギブリーズ
  • 備考
     スタジオジブリによる長編アニメーション映画。「耳をすませば」の主人公・月島雫が書いた物語という設定。原作は、宮崎駿のリクエストで柊あおいが描き下ろしたコミック「バロン 猫の男爵」。

スチュアートリトル2

 ねずみのスチュアートは、リトル家の一員としてニューヨークで幸せな日々を送っていた。しかし、兄のジョージは友達とTVゲームに夢中で、なかなか相手にしてくれない。自分と同じ目線の友達が欲しくなったスチュアートは、ある日、羽根に怪我を負った小鳥のマーガロと出会い、意気投合する。時を同じくしてママの指輪がなくなり大騒動になるが、実は指輪を奪ったのはマーガロだった。
映画の基本情報

シュレック2

 前作で、無事に結婚したシュレックとフィオナは幸せな日々を送っていた。ある日、フィオナの両親から、「結婚の祝いを行うので来るように」との手紙が届く。ところが、フィオナの故郷にやってきたシュレックの姿を見た両親はびっくり。仲違いした国王は、シュレック暗殺のため、殺し屋である「長ぐつをはいた猫」を差し向ける。
映画の基本情報
  • 原題Shrek 2
  • 製作年2004
  • 製作国アメリカ
  • ジャンルCGアニメ
  • 関連商品シュレック 2
  • 備考
     2001年に製作された「シュレック」の続編に当たる。興行収入は、2012年時点でディズニー映画以外では第1位。

キャットウーマン

 ペイシェンス・フィリップスは、巨大な化粧品会社「ヘデア・ビューティー社」に務めるグラフィックデザイナー。ある日彼女は、社が開発を進めてきた革命的な老化防止商品の秘密を知ったことから暗殺されてしまう。しかし、エジプトの猫神「マオ・キャット」の力によって蘇り、猫の強さやスピード、俊敏さ、そして超人的な鋭い感覚を持つ「キャットウーマン」として生まれ変わった。
映画の基本情報
  • 原題Catwoman
  • 製作年2004
  • 製作国アメリカ
  • ジャンル実写+CG
  • 関連商品キャットウーマン
  • 備考
     「バットマン」に登場するキャラクター「キャットウーマン」を主人公としたスピンオフ作品。ハル・ベリーがキャットウーマンを演じたが、作品賞・監督賞・脚本賞・主演女優賞の4部門で、不出来な映画の代名詞である「ラジー賞」を受賞した。彼女本人がこの不名誉な賞の授賞式に登場したことでも有名。

ガーフィールド

 猫のガーフィールドは、飼い主ジョンの元で平穏な生活を送っていた。しかしそんなある日、ジョンがオーディと言う名の子犬を連れて帰ってくる。犬嫌いのガーフィールドは、早速オーディの追い出し計画を実行に移すが、いざオーディが行方知れずになってしまうと、良心の呵責に悩まされる。責任を感じたガーフィールドは、意に反してオーディ救出に立ち上がるのだった。
映画の基本情報
  • 原題GARFIELD
  • 製作年2004
  • 製作国アメリカ
  • ジャンル3D-CG+実写
  • 関連商品ガーフィールド ザ・ムービー
  • 備考
     原作は、ジム・デイビスがアメリカで1978年から連載を開始した新聞漫画。日本では英語新聞の 「The Japan Times」に連載されている。

ガーフィールド2

 ガーフィールドの飼い主のジョンは、恋人の獣医リズ・ウィルソンにプロポーズしようと、イギリスにやって来た。ガーフィールドも相棒のオーディを引き連れ、はるばるイギリスの地へ乗り込む。彼はそこで、ひょんなことからお城を相続した猫「プリンス」と出会う。
映画の基本情報
  • 原題GARFIELD 2
  • 製作年2006
  • 製作国アメリカ
  • ジャンル3D-CG+実写
  • 関連商品ガーフィールド 2
  • 備考
     2004年に公開された「ガーフィールド」の続編に当たる。

ボルト

 白い犬のボルトはハリウッドのスタジオで育ったスター犬。ある日、彼はひょんなことからニューヨークへと運ばれてしまう。ハリウッドに戻るため、やせっぽちで皮肉屋のノラ猫「ミトンズ」やテレビおたくのハムスター「ライノ」らと共に、ボルトは長い旅に出るのだった。
映画の基本情報
  • 原題Bolt
  • 製作年2008
  • 製作国アメリカ
  • ジャンルCGアニメ
  • 関連商品ボルト
  • 備考
     オリジナルの声優は、ジョン・トラボルタやマイリー・サイラスなどが務めた。ピクサーがディズニーの完全子会社になってから製作された最初の作品。

グーグーだって猫である

 小島麻子は、吉祥寺に住む天才漫画家。徹夜で漫画を描き上げた翌朝、長年連れ添った愛猫のサバが亡くなる。サバを失った悲しみから漫画を描けなくなってしまった麻子は、ある日、ペットショップで一匹の小さなアメリカンショートヘアーと出会う。「グーグー」と名づけられたその猫のおかげで、彼女は徐々に元気を取り戻すが、避妊手術に連れて行く途中で逃げ出してしまった。
映画の基本情報
  • 製作年2008
  • 製作国日本
  • ジャンル実写
  • 関連商品グーグーだって猫である
  • 備考
     原作は、人気少女漫画家、大島弓子の自伝的エッセイ漫画。主演は小泉今日子。
猫の出てくる映画トップへ

2010年代の猫映画

キャッツ & ドッグス 地球最大の肉球大戦争

 猫のスパイ組織でエリートエージェントとして活躍していた「キティ・ガロア」は、盗み出した技術情報から秘密兵器を作り出し、世界征服を企んでいた。一方、犬のスパイ組織では、キティ・ガロアが猫族に向けて発信した声明動画を傍受。キティの情報を持つとするハトのシェイマスを探し出すべく、エージェントをコイトタワーへ差し向けた。しかしそこには、猫族のスーパーエージェント・キャサリンが待ち受けていた。
映画の基本情報
  • 原題Cats & Dogs: The Revenge of Kitty Galore
  • 製作年2010
  • 製作国アメリカ・オーストラリア合作
  • ジャンルCG+実写
  • 関連商品キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争
  • 備考
     2001年に製作された「キャッツ & ドッグス」の続編に当たる。多くのシーンでアメリカ映画のパロディをふんだんに取り入れている。一例を挙げると「羊たちの沈黙」、「ターミネーター」、「マトリックス」など。

アリス・イン・ワンダーランド

 不思議の国での冒険から13年、19歳になったアリス・キングスレーは、パーティに出席していた。パーティの席上、貴族の御曹司・ヘイミッシュから突然求愛されたアリスは、混乱してその場から逃げ出してしまう。彼女は幼少時代に訪れた不思議の国へ再び迷い込み、かつて出会ったマッドハッターやチェシャ猫達と再会。しかしそこは、13年前とは打って変わり、「赤の女王」に支配された暗い世界になっていた。
映画の基本情報
  • 原題Alice in Wonderland
  • 製作年2010
  • 製作国アメリカ
  • ジャンルCG+実写
  • 関連商品アリス・イン・ワンダーランド
  • 備考
     原作は、ルイス・キャロルの児童文学小説「不思議の国のアリス」、および「鏡の国のアリス」。監督はティム・バートンで、ジョニー・デップが主演している。

ねこタクシー

 間瀬垣勤は、人付き合いが苦手で、40歳にしてとうとう中学校を退職してしまう。タクシー運転手に転職するが、客からはクレームをつけられ、娘にはバカにされ、肩身の狭い思いで日々を過ごしていた。そんなある日、昼食の弁当を食べようと土管公園で腰を下ろしていると、「御子神」と書かれた名札を付けた三毛猫がじっとこちらを見ていた。
映画の基本情報
  • 製作年2010
  • 製作国日本
  • ジャンル実写
  • 関連商品ねこタクシー
  • 備考
     脚本は、「幼獣マメシバ」や「くろねこルーシー」も手がける永森裕二。主演はカンニング竹山。

長ぐつをはいたネコ

 猫の「プス」は、無実の罪を着せられ、街を追われていた。ある日、街の酒場で、かねてから狙っていた「魔法の豆」の話を耳にする。豆を持つというジャックとジルから盗もうと行動を起こすが、謎の覆面猫の妨害に合い、あえなく失敗。その後、旧友であるハンプティ・ダンプティの誘いに乗り、雲の上にあるという巨人の城へ行くため、再び魔法の豆を探し出そうと動き出す。しかしそこには、プスの想像を超える大きな罠が待ち受けていたのだった。
映画の基本情報
  • 原題Puss in Boots
  • 製作年2011
  • 製作国アメリカ
  • ジャンルCGアニメ
  • 関連商品長ぐつをはいたネコ
  • 備考
     「シュレック2」で登場した猫のプスを主人公としたスピンオフ作品。オリジナルではアントニオ・バンデラスが声優を務めた。

レンタネコ

 サヨコは、都会の片隅にある平屋の一軒家で、多くの猫たちと一緒に暮らしていた。彼女は占い師として生活費を稼ぐ一方、心の寂しい人に猫を貸し出す「レンタネコ屋」を営んでいた。猫たちをリヤカーに乗せて街へ出かけ、レンタル希望者に出会う中で、様々な人生模様に触れていく。
映画の基本情報
  • 製作年2012
  • 製作国日本
  • ジャンル実写
  • 関連商品レンタネコ
  • 備考
     監督は、「かもめ食堂」や「トイレット」などを手がけ、また猫好きでも知られる荻上直子。

くろねこルーシー

 気の小さい占い師・鴨志田賢は、妻の幸子や5歳になる息子の陽と別居し、侘しい一人暮らしを送っていた。そんなある日、彼の家にでっぷり太った黒猫が迷い込み、軒下に2匹の子猫を産んで置き去りにしてしまう。見殺しにはできず、しぶしぶ子猫たちの世話を始める賢だったが、それ以来徐々に運気が上向いてくる。
映画の基本情報
  • 製作年2012
  • 製作国日本
  • ジャンル実写
  • 関連商品くろねこルーシー
  • 備考
     脚本は、「幼獣マメシバ」や「ねこタクシー」も手がける永森裕二。主演はドランクドラゴンの塚地武雅。

パリ猫ディノの夜

 ディノは、少女ゾエに飼われているパリ猫。昼間は普通の猫だが、夜になると盗賊ニコの手先となって盗みを働くという裏の顔を持っていた。ある日ディノは、ニコのもとへ届けるはずの宝石を、間違って少女ゾエのもとに運んでしまう。不審に思ったゾエは、ディノの秘密を暴こうと、後を追って夜のパリへと踏み出す。
映画の基本情報
  • 原題Une vie de chat
  • 製作年2010
  • 製作国フランス
  • ジャンルアニメ
  • 関連商品
  • 備考
     第84回アカデミー賞の長編アニメ映画賞にノミネートされた。
猫の出てくる映画トップへ

猫の映画・番外編

 以下は、「古い」、「猫の出番が少ない」、「日本語版が出ていない」、「ファミリー向きではない」、「レビュー点数が異常に低い」など、一癖(ひとくせ)ある映画のリストです。
猫の出る映画・番外編
  • フリッツ・ザ・キャット 1960年代に登場したアメリカンコミックのキャラクター。映画作品も作られているが、お子様向きとは言いがたい。
  • ティファニーで朝食を 劇中、オードリーヘプバーンが猫を飼っている。
  • フィリックス・ザ・キャット 黒猫をモチーフにしたアメリカの漫画、アニメーションのキャラクター。「フェリックス」とも呼ばれる。
  • The Three Lives of Thomasina 1964年製作のアメリカ映画。魔女が猫の「Thomasina」を盗もうとする。
  • トムとジェリー アメリカ合衆国の映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー に所属していた、ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラ が制作したアニメーション。アニメ放映されていたことから、日本でも知名度が高い。映画作品も何本かある。
  • The Cat from Outer Space  1978年製作のアメリカ映画。不時着したUFOの中には、猫にそっくりな姿をした宇宙人が乗っていた。
  • ペット・セマタリー 1989年製作のアメリカ映画で、原作は「グリーンマイル」などで有名なスティーブンキング。猫が化け猫として登場するホラームービー。
  • バットマンリターンズ 1992年製作のアメリカ映画。キャットウーマン登場時、猫もほんの少し出てくる。
  • Felidae 1994年製作のドイツアニメ。
  • 猫が行方不明 1996年のフランスの映画。迷子になった飼い猫を探す若い女性が、様々な人々との出会いを通じ、人間的に成長していく。
  • マウスハント 1997年製作のアメリカンコメディ映画。悪賢いネズミを退治しようと猫が登場する。
  • ベイブ都会へ行く 1998年製作のオーストラリア映画。子豚のベイブが宿泊する、風変わりなホテルに猫が登場。
  • ミートザペアレンツ 2000年製作のアメリカ映画。ロバート・デ・ニーロ演じる元CIAのジャック・バーンズが、猫の「ジンクス」を溺愛している。
  • ハットしてキャット 2003年製作のアメリカ映画。留守番中の兄弟の前に不思議な帽子を被った猫が現れるが、猫は人間が演じている。
  • A Talking Cat 2013年製作のアメリカ映画。人語を解する猫が、不思議な力を用いてバラバラの家族を一つにしようとする。
猫の出てくる映画トップへ