トップ猫の老化猫の老化と介護

猫の老化と介護

 猫の寿命はせいぜい10~20年程度で、ほとんどの場合は飼い主よりも先に天国に召されてしまいます。猫はぬいぐるみではありませんので、老境に入り、弱った体や頭を飼い主がサポートしながら、猫の老後をケアしていく必要があります。

猫と人間の年齢比較表

 猫の寿命は一般的に10~15年程度です。人間に比べるとはるかに短い寿命に伴い、老化の進行速度も人間とは比較にならないくらい早いものとなります。以下では一般的な猫と人間の年齢比較表を載せます。
 なお、ペットフード協会が2015年度に発表したデータによると、外に出る機会がある猫の平均寿命が「14.22歳」、出る機会がない猫の寿命が「16.40歳」、全体が「15.75歳」となっています(→出典)。また、最も長生きした猫としてギネス記録に残っているのは、アメリカ・テキサス州に暮らしていたクレームパフという猫で、年齢は38歳と3日(1967~2005)です。これは人間の年齢に換算すると、およそ168歳に相当します。
猫と人間の年齢比較表
猫の年齢人の年齢
1週間1ヶ月
2週間6ヶ月
1ヶ月1歳
2ヶ月3歳
3ヶ月5歳
6ヶ月10歳
7ヶ月12歳
1歳15歳
1歳半21歳
2歳24歳
3歳28歳
4歳32歳
5歳36歳
6歳40歳
7歳44歳
8歳48歳
9歳52歳
10歳56歳
11歳60歳
12歳64歳
13歳68歳
14歳72歳
15歳76歳
16歳80歳
17歳84歳
18歳88歳
19歳92歳
20歳96歳
 猫の福祉向上を目指す「international cat care」という組織では、猫のライフステージを以下に述べる6期に区分しています(→出典)。猫の場合、7歳を過ぎるともうすでに「おじさん/おばさん」ゾーンなので、定期検診を年1回から半年に1回に切り替えた方がよいでしょう。人間でいうと、「念のため人間ドッグを受ける」ようなものです。
猫の年齢区分
  • 幼年期(Kitten)=6ヶ月まで
  • 少年期(Junior)=7ヶ月~2歳
  • 青年期(Prime)=3歳~6歳
  • 壮年期(Mature)=7歳~10歳
  • 中年期(Senior)=11歳~14歳
  • 高齢期(Geriatric)=15歳以上
猫の老化と介護トップへ

猫の年齢を推測する方法

 野良猫を迎えたときなど、猫の正確な年齢がわからないことがあります。従来は、被毛や歯の状態から年齢を類推していましたが、近年は目の状態から推測するという方法も開発されています。

歯の状態から年齢を推測

 まず、従来の「歯の状態から年齢を推測する方法」を用いたときの目安は以下です。この方法は簡単で時間もかかりませんが、やや大ざっぱという欠点があります。
歯に見る猫の年齢
歯の状態から猫の年齢を推測するときの目安
  • 1歳未満 歯が白く輝いている
  • 1~2歳 やや黄ばんでいる
  • 3~5歳 歯石が付きやや磨耗している
  • 5~10歳 歯が擦り減り歯茎が目減りしている/歯茎に色素沈着が見られる
  • 10~15歳 歯が大きく擦り減り、歯石の沈着も顕著/歯が何本か抜けていることもある

目の状態から年齢を推測

 近年新しく開発された「水晶体から年齢を推測する方法」は、より正確に猫の年齢を推測することができる反面、実践するのがやや難しいという難点があります。

水晶体年齢測定法の理論

眼球の断面図と水晶体の位置  眼球の中には水晶体と呼ばれるレンズがあります。このレンズは年齢とともに少しずつ濁っていくため、光を当てた時の反射が鈍くなっていくという特徴を持っています。この特徴を年齢測定に応用したのが「水晶体年齢測定法」です。

水晶体年齢測定法の実践方法

 やり方は、やや暗い部屋に猫を連れて行き、約20センチメートルの距離から瞳の中に医療用ペンライトで光を当てます。これ以上近づけると瞳孔が収縮してわかりにくくなりますので要注意です。また光が強すぎると猫の目を傷めてしまいますので、淡い光を出せる医療用のライトを用い、反射光が見えるまで瞳の横からゆっくりと当てていきます。もし猫が身を預けてくれるようでしたら、膝に乗ってきたタイミングで行うとスムーズにできるかもしれません。またもし猫が嫌がるようでしたら、協力者を見つけ、一人が抑えて一人が光を当てるといった具合に分担します。 猫の目に光を当てるときは、医療用のやさしい光を用いて

年齢測定の目安

 目の中に光を当てたときに最も強く反射するのは角膜からの反射光です。角膜は年齢測定とは関係ありませんので、この光は考慮に入れません。目を凝らしてよく見ると、角膜反射光のほかに、はっきり~ぼんやりと見える小さな光が複数個あるはずです。この光は角膜の奥にある水晶体からの反射光であり、「前面光」と「後面光」とに分けられます。年齢測定に用いるのはこれらの光です。「前面光」とは水晶体前面からの反射光のことで、「後面光」とは後面からの反射光のことです。前者はペンライトと同じ方向に動くのに対し、後者は逆方向に動くという特徴を持っています。 猫の眼球から跳ね返ってくる3つの反射光  前面と後面からの水晶体反射光のおおよその直径が把握できたら、それを年齢対応表と見比べてみましょう。ちょうど該当するものがあったら、それが最も可能性の高い年齢域ということになります。なお2つある反射光のうち、小さい方が「前面光」、大きい方が「後面光」です。
水晶体反射光と猫の年齢
水晶体からの反射光と年齢との対応表

年齢測定法の併用

 歯による年齢測定と水晶体による年齢測定の正解率を犬を用いて比較したところ、以下のような結果が出たといいます。歯と水晶体を用いた年齢測定の正解率 0~4歳を推定する際は、「歯」を見た方が78.3%で「水晶体」を見た方が43.2%。一方、4~15歳を推定する際は、「歯」を見た方が22.9%で「水晶体」を見た方が51.0%。つまり、推定する年齢層によって成績が逆転するという現象が生じています。ですから両方法をうまく併用すれば、より正確な年齢推定ができるようになるでしょう。どちらの方法を用いるにしても、健康診断における検査項目が変わってくるため、猫の年齢はできる限り正確に把握しておきたいところです。 Estimating age in dogs and cats
猫の老化と介護トップへ

猫の老化のサインと病気

 猫医療を専門とするエキスパートからなる共同研究チームは「Journal of Feline Medicine and Surgery」(JFMS)の2016年18号において、「猫の老化」(PDF)および「猫の老化を評価する」(PDF)というタイトルのガイドラインを公開しました。目的は、猫の正常な老化と異常な病変との境目を明らかにし、病気の早期発見につなげるというものです。以下では上記ガイドラインを参考にし、老化にともなって現れる典型的なサインと、老猫がかかりやすい病気についてご紹介します。
猫の老化現象・目次

筋骨格系の老化現象

 老猫では必要栄養量が10~12歳で上昇し、12歳以降はさらに増えることがあります。老化とともに食事量が減る人間の目からすると、これはかなり奇異な現象です。
 皮膚、筋肉、骨といった除脂肪体重は死の何年も前から一定の速度で低下し続け、死の3年前くらいからは脂肪量も減少を始めます。またタンパク質の分解が増えることで、クレアチニンの値に変動がないままBUN(尿素窒素)だけが上昇することもあります。
 筋肉量が減ることにより、人間で言う「サルコペニア」(加齢による筋肉量減少)や「フレイル」(高齢者の筋力や活動が低下している状態)といった状態に陥るのも自然現象と考えられています。
かかりやすい病気や注意点
 体重が100g減ると死のリスクが6.4%上昇し、除脂肪体重(皮膚・筋肉・骨)が100g減ると死のリスクが20%上昇し、脂肪が100g減るごとに死のリスクが40%上昇するとされています。BCSとMCSを定期的に評価し、10歳までは体重の増加を避けて除脂肪体重の維持に努め、11歳以降は体重と除脂肪体重の両方が増減しないよう努めるのがよいようです。ちなみに除脂肪体重を維持するためには、給餌回数と給水回数を増やすのが良いとされています。 BCSとMCSの評価方法
 変形性関節症は、たとえ症状がなくても多くの猫が抱えている可能性があります。運動量の低下がサルコペニアやフレイルによる自然現象なのか、それとも関節の痛みに起因する病的なものなのかは、慎重に吟味する必要があるでしょう。 猫の慢性痛を見つける

感覚器の老化現象

 目に関しては、レンズが白く濁る核硬化症による視力の悪化がよく観察されます。
 耳に関しては、人間と同じように高音域が聞き取りにくくなり、鼻に関しては嗅覚が悪化して食欲が減退すると考えられていますが、どちらも実験によって証明されたわけではありません。
 被毛に関しては、メラニン細胞の減少とチロシナーゼの活性低下で白髪が徐々に増えます。一方、ひげは逆に黒くなることがあるようです。
 皮膚に関しては、皮脂の分泌減少で肌がカサカサになりフケが出るようになります。また日光による累積ダメージで表皮下のむくみ、毛細血管拡張症、基底角質細胞の鱗状化、表皮の肥厚化と硬化といった変性が起こります。耳・鼻・唇といった部分には猫ニキビや紅斑、かさぶたといった病変が生じることもありますが、軽度であれば許容範囲内です。 老猫の被毛は白髪が増えるが、ヒゲは逆に黒くなることがある
かかりやすい病気や注意点
 皮膚の角化性病変(鱗状化・肥厚化・硬化)が扁平上皮癌に進展することがありその中央値は10~12歳とされています。大量のフケや脱毛、急激に大きくなるコブ、なかなか治らない病変、皮膚の柔軟性の著しい低下、ボロボロの爪、重度の猫ニキビ、重度の紅斑やかさぶた(耳・鼻・唇)などは、日頃から飼い主が注意深く観察しておく必要があります。 体の部分的な変化や異常
 レンズが濁る核硬化症と初期の白内障、および虹彩の良性メラニン色素沈着と初期のメラノーマ(悪性黒色腫)を見分けることは難しいとされています。不安な場合は、獣医さんに相談した方がよいでしょう。
 聴力の悪化は猫の不安を煽り、鳴き声や攻撃行動を増やすかもしれません。いきなり触る前に、猫の視界に入ってこれから触るという合図を出しておけば、不要なストレスをかけないで済むと思われます。
 グルーミングの減少で被毛が粗雑になる傾向がありますので、飼い主がブラッシングなど行って補ってあげましょう。 猫のブラッシング

消化器の老化現象

 歯の壁が厚くなって密度が上がり、色が黄色~オフホワイトになることがあります。また咬む力の低下や食道の運動低下などにより、食べたものうまく飲み込めなかったり吐き戻しが多くなるかもしれません。
 胆汁の組成変化、膵臓の機能低下、腸内の移動速度変化などが消化率の悪化を引き起こし、体重減少につながることもあります。腸に分布している神経の数自体が減って腸管の運動が鈍くなると、便秘が引き起こされます。確証データはありませんが、老化にともなって腸内細菌叢が変化する可能性もあるようです。なお肝臓内にリポフスチンと呼ばれる物質が蓄積するという報告がありますが、今のところ肝機能との関連性はよくわかっていません。
かかりやすい病気や注意点
 腸管内の食物移動が早過ぎると消化不良を起こし、逆に腸管内の食物移動が遅すぎると腸内細菌の過剰な繁殖を招いたりします。若い猫と老猫(11.6±1.4歳)を比較した調査では、大腸内での移動速度が老猫で遅くなることが確認されています。老猫において便秘が多く報告されるのは恐らくこのためでしょう。飼い主は、猫の排便日誌をつけて腸の具合をモニタリングすると同時に、ウンチの形状をよく観察するようにします。
 喉の渇きに鈍感になると、水分補給が遅れて脱水や便秘、熱中症につながる危険性があります。予防のため、水飲み場を増やすといった工夫が望まれます。
 ペルシャヒマラヤンといった短頭種は、歯と歯の隙間が小さくなって歯垢がたまりやすいため、歯周病の予防意識がとりわけ重要になってきます。できるかぎり飼い主が歯磨きをしてあげましょう。 猫の歯磨きの仕方

循環器の老化現象

 大動脈や周辺動脈へのカルシウム沈着が起こります。また猫ではアテローム硬化症よりも心内膜の線維化の方が起こりやすいとされています。心臓でよく起こる変化は、収縮期血圧の上昇、心室期外収縮、心筋症ではない心肥大(10歳以降)、ギャロップリズム(10歳以降)、心雑音、不整脈などです。
 2002~2011年の期間、ペットフードメーカー「アイムス」の研究施設内で飼育されていた627頭の臨床上健康な猫のうち、7~10歳に属する211頭と、11歳以上に属する149頭を対象に血液組成を調べた所、両年齢層の基準値に関して明白な違いが発見されました。11歳以上の老猫を、10歳未満の猫の基準値で照合してしまうと、許容範囲内なのに異常と診断されてしまうこともありうるでしょう。 老猫の血液検査項目基準値(HTML版) 老猫の血液検査項目基準値(PDF版)
かかりやすい病気や注意点
 6歳を超えた猫では肥大性心筋症への注意が必要となります。しかし心筋症を聴診だけで検知するのは難しいため、心エコー検査を行うのが望ましいとされます。なお老猫の場合、心エコー検査で異常が見られなくても、ストレスや不安による血流量増加で心雑音を伴うことがあるそうです。
 収縮期血圧の測定は8歳以降から定期的に行い、睡眠時の呼吸数が1分間で30回を超えるようなときは精密検査を受けた方が良いとされます。日頃から猫のバイタルチェックを習慣化しておけば、早期発見につながると思われます。 猫の「正常」を知る

呼吸器の老化現象

 人医学の分野で確認されている、肺の弾力性低下、呼吸筋の弱化、肺胸郭コンプライアンスの低下(肺や胸郭が膨らみにくい)といった変化が猫でも起こると考えられていますが、仮説の域を出ていません。確認されているのは、免疫機能やアドレナリンβ受容体の変化、および気道反応性の低下などです。
かかりやすい病気や注意点
 1~2歳の若齢猫と12~13歳の臨床上健康な老猫のエックス線パターンを比較したところ、老猫において気道反応性の低下が確認されたそうです。この事実は、若齢~中年の猫において喘息が多いものの、老猫では比較的少ないという報告に一致します。

泌尿器の老化現象

 老猫と慢性腎臓病とは不可分の関係にあるようです。ある調査では、12歳を超えた老猫では28%、15~20歳では80.9%という高い有病率が報告されています。また20歳までの猫を対象とした別のランダム調査では、「IRIS」(腎臓疾患の国際組織)による腎臓病の分類(→出典)でステージ1が50%、ステージ2が65.1%、ステージ3が7.0%、ステージ4が0%という結果になっています。
 慢性腎臓病に伴い、高血圧リスクも高まります。血圧が正常な猫を3~40ヶ月追跡したところ、慢性腎臓病がない場合は7%が高血圧に、腎臓病がある場合は17%が高血圧になったそうです。発症リスクは、慢性腎臓病を抱えた猫が「1」に対し、健康な猫で「0.2」程度と推定されています。特に収縮期血圧が高まる傾向が確認されています(2回連続で170mmHg以上を記録)。
 結石症に関しては、猫全体を見てみるとストルバイト結石が92%であるのに対し、シュウ酸カルシウム結石はわずか1%程度とされています。しかし腎結石や尿管結石といった上部尿路における結石症に限ってみると、70%がシュウ酸カルシウム結石だそうです。ストルバイト結石は7歳以降、シュウ酸カルシウム結石は10~15歳以降で発症率が高まるとされています。老猫の尿の変化としては、尿中のグリコサミノグリカンとコンドロイチン硫酸の低下、酸性度とシュウ酸カルシウム相対的過飽和度(RSS)の上昇、ストルバイト相対的過飽和度(RSS)の低下などが確認されています。
かかりやすい病気や注意点
 変形性関節症を抱えた猫では68.8%が慢性腎臓病にかかっており、そのうち65.9%はステージ2であるといいます。変形性関節症を抱えた猫とランダムに選別した猫を対象として調べた所、14.9歳まで慢性腎不全の有病率は変わらないものの、15歳を超えた途端、変形性関節症を抱えた猫で多くなるそうです。なお変形性関節症と慢性腎臓病の関連性はよくわかっていません。その他のリスクファクターとしては、体重減少、細い体型、脱水状態、歯周病、膀胱炎、麻酔の履歴などが確認されています。
 慢性腎臓病と診断された段階で飼い主によって報告された主な症状は、多尿多飲、食欲不振、嘔吐、活動性の低下、口臭の悪化などで、割合として最も多いのは尿細管間質線維症とされています。676頭のコロニー猫を対象とした調査では、尿細管間質性腎炎で死亡した猫は38%で寿命は11.67歳、その他の理由で死亡した猫の寿命は10.0歳だったそうです。1歳以上寿命が伸びているという現象から考え、尿細管間質の炎症やその結果としての線維化が、命を永らえさせるための防御機構の一種ではないかと推測されています。

内分泌系の老化現象

 健康な猫を対象とし、下垂体ホルモン、性ホルモン、甲状腺ホルモン、レニン、アンギオテンシン、アルドステロン、膵臓、肝臓、腎臓、消化管ホルモンのレベルを長期的に追跡した調査は存在しません。高齢猫で甲状腺ホルモンレベルが高くなるという現象が、老化現象なのか病変なのかは不明です。
かかりやすい病気や注意点
 インスリン抵抗性と強く関係していたのは、食事内容ではなく肥満というパラメーターだったそうです。インスリン抵抗性の増加に伴う2型糖尿病には、太り過ぎという体型が深く関わっているものと推測されます。
 老猫ではのどにある甲状腺の機能が高まりすぎ、甲状腺機能亢進症に陥ることがよくあります。飼い主は日常的に猫の首元を触診し、今までになかった膨らみやしこりができていないかどうかをチェックしてあげましょう。 老猫では甲状腺機能亢進症が好発疾患なので、喉元を日常的にチェックすることが大事

免疫系の老化現象

 人間を始めとする動物で確認されている「免疫老化」が猫にもあることが示唆されています。年を取ると免疫力が低下するという現象には、科学的裏付けがあるということです。猫で確認されている「免疫老化」および「インフラメージング」(炎症によって老化が促される現象)としては、具体的に以下のような項目があります。
免疫老化・インフラメージング
  • 白血球、リンパ球、好酸球数の減少→10~14歳
  • T細胞、B細胞、ナチュラルキラー細胞の減少→10~14歳
  • マイトジェン応答反応の低下→10~14歳
  • ヒツジ赤血球に対する遅延型過敏反応の減少→9.92±0.89
  • ヒツジ赤血球に対する抗体反応の減少→?
  • CD4陽性T細胞の減少→10~14歳
  • CD5陽性T細胞の減少→10~14歳
  • 血清免疫グロブリンAとMの増加→10~14歳
  • 単球の増加/炎症前サイトカイン→8~10歳

神経系の老化現象

 12~22歳の老猫の飼い主を対象とした調査では、よくある問題行動として以下のような項目が挙がってきています。
老猫の問題行動
  • 過剰な鳴き声=61% (うち夜間が31%)
  • 不適切な排泄(粗相+マーキング)=27%
  • 失見当識=22%
  • 無目的な徘徊=19%
  • 落ち着きがない=18%
  • すぐ怒って攻撃的になる=6%
  • 怖がって隠れる=4%
  • 愛情表現がしつこい=3%
 上記「失見当識」や「無目的な徘徊」といった行動は、人間でいう「認知症」(にんちしょう)に近い状態だと推測されます。認知症とは通常は人間に対して使われる言葉ですが、これはかつては「痴呆」(ちほう)と呼ばれていた病気です。2004年に厚生労働省の用語検討会によって「認知症」へと用語変更されました。主症状は記憶力や認知力の低下、妄想、徘徊(はいかい=うろつくこと)、異常な食行動、睡眠障害などです。猫でも人間と同じような異常行動が多く見られることから、便宜上「猫の認知症」という表現が使われます。
かかりやすい病気や注意点
 猫の場合、認知症の発症率が高まるのは10~12歳頃で、2003年にLandsbergらがアメリカで行った調査によると、11歳以上の猫152頭のうち、認知力障害と思われる症状を見せたものが43%にも達したといいます。認知症を見分けるための確実な方法はありませんが、犬の認知症診断に用いられる「DISHA」と呼ばれる基準が有用とされます。具体的には以下のページにまとめてありますのでご参照ください。 猫の認知症
猫の老化と介護トップへ

老猫の介護

 高齢を迎え、自分で多くのことを出来なくなった老猫を介護するのは飼い主の責任です。以下では、一般的な老猫の介護の仕方をご紹介します。また、猫の症状一覧を参考にしながら、猫の体、排出物、習慣、動作に変化や異常が無いかどうかを、常にチェックすることを習慣化しましょう。

老猫のブラッシング

 体の柔軟性がなくなった老猫は、後足や肛門など、体を曲げないと届かない場所の毛づくろいをしなくなります。そうした場所の毛づくろいは、飼い主が代わりにやってあげましょう。ただし、毛が抜けやすくなっていますので、あまり激しく乱暴にブラシをかけるのではなく、今まで以上に優しくゆっくりとブラッシングするのがポイントです。 猫用ブラシ一覧 猫のブラッシングの仕方 猫の皮膚の変化や異常 猫の被毛の変化や異常

老猫のシャンプー

 運動量の減った老猫は、それほど体が極端に汚れることもありませんので、今までよりシャンプーの回数を減らしましょう。口の周りや肛門など、気になる部分の「部分シャンプー」も利用します。シャンプーをする場合は、お湯の温度に気をつけて、老猫の体が冷えてしまわないようすばやく乾かしてあげましょう。 猫用お風呂用品一覧 猫のシャンプーの仕方 猫のお尻の変化や異常

老猫の歯磨き

 咀嚼力(そしゃくりょく=噛み砕く力)の弱った老猫には、通常ウェットフードなど比較的柔らかいエサを与えるようになります。しかしその反面、歯の間に歯垢などの汚れが溜まりやすくなるというデメリットがあります。歯周病予防の観点からも、飼い主がこまめに老猫の歯磨きをやってあげましょう。 猫用歯のケア用品一覧 猫の歯磨きの仕方 猫の口の変化や異常

老猫の爪切り

 猫の爪は、通常靭帯の張力で自動的にさやの中に収まるように出来ています。しかし老猫の場合はこの靭帯の張りがなくなり、爪がずっと出たまま戻らない状態になります。この状態で体をかきむしると体中傷だらけになりますので、老猫の爪は飼い主がこまめに切ってあげるようにします。 猫用爪のケア用品一覧 猫の爪切りの仕方

老猫の食事

 老猫は咀嚼力が低下し、また歯も弱ってきますので、硬いドライフードなどを食べることが困難になってきます。キャットフードを利用するときは柔らかめのものを選んだり、あるいは「シニア用」・「老猫用」など、年老いた猫のために調整されたフードを選ぶようにしましょう。また運動量が低下していますので、今まで与えていたエサの量より徐々に減らしていくようにして、肥満を予防します。 キャットフード一覧

老猫のトイレ

 老猫は足腰が弱っていますので、トイレが余りに遠くにあるのは酷です。トイレの場所をなるべく近くに設置してあげる配慮が必要となるでしょう。また、粗相(そそう=おもらしのこと)がひどい場合はペット用のオムツも市販されています。 ペット用おむつ一覧 猫のおしっこの変化や異常

老猫のベッド

 老猫は抜け毛が多くなり、被毛の量が若い頃に比べると少なくなってしまいます。また自律神経系の衰えから、うまく体温調整できないことも多くなります。老猫が寒がらないよう、温かいベッドや毛布は常に清潔に保ってあげましょう。 猫用ベッド・マット一覧
猫の老化と介護トップへ