トップ猫の種類デボンレックス

デボンレックス

 猫の一種デボンレックスの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

デボンレックスの基本情報

デボンレックス 写真:ConorLawless
  • 原産
    イギリス

  • 短毛
  • 体重
    2.2~4.5キロ
  • タイプ
    セミフォーリン

デボンレックスの歴史・ルーツ

 デボンレックスの起源は1960年代のイギリスに遡ります。コーニッシュレックスとは遺伝系統が違うイギリスのデボンシャー州に住むベリル・コックスという名の女性が、偶然近所で巻き毛のオス猫を見つけ、自宅で飼っていたメス猫と交配させました。すると、生まれた子猫の内の一匹が父猫の特徴を受け継ぎ、巻き毛で生まれてきたといいます。「カーリー」と名づけられたこの猫がデボンレックスの始祖です。その後、コーニッシュレックスとの交配を試みましたがうまくいかず、結局巻き毛の猫は生まれませんでした。このことにより、コーニッシュレックスとデボンレックスの遺伝子が全く異なる系統であることが判明しています。見た目はコーニッシュレックスによく似ていますが、デボンレックスの方が骨太で、顔つきも違います。1979年にCFA公認。

デボンレックスの特徴・性格

 デボンレックスの特徴は、その巻き毛です。同じ巻き毛猫であるコーニッシュレックスと比較すると、被毛のカールはデボンレックスの方が緩やかです。
 アンダーコートのみのシングルコートですが、肌触りはまるでビロードのように滑らかです。しかし個体によってウェーブの度合いに差があり、毛むくじゃらのモップ状から薄いスウェードのようなコートまで様々です。少し上向きの鼻と、小顔に不釣り合いな大きな耳から、「pixie cats」(ピクシーキャット 小妖精)とか「alien cats」(エイリアンキャト)という異名を持ち、またその特徴的な巻き毛から「プードルキャット」と呼ばれることもあります。
 デボンレックスの性格は、好奇心旺盛・活発で大の冒険好きです。いたずらが過ぎることもありますが、とってもおちゃめです。

デボンレックスのお手入れ・注意点

 デボンレックスのお手入れは一日一回の軽いブラッシングでよいでしょう。

デボンレックスの動画

 以下でご紹介するのはデボンレックスの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 縮れた毛から「プードルキャット」の異名を持ち、保温性が高いため触ったときにほんわかとあったかさを感じるとか。
 1984年の映画「スーパーマン」では、木の上で立ち往生する猫役としてデボンレックスが選ばれています。膝蓋骨脱臼や股関節形成不全を発症しやすいので要注意。また、ブラッシングの際はゴワゴワしたひげをもぎとらないように。
元動画は⇒こちら
デボンレックストップへ