トップ猫の種類ペルシャ

ペルシャ

 猫の一種ペルシャの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ペルシャの基本情報

ペルシャ 写真:Cindy See
  • 原産
    イギリス

  • 長毛
  • 体重
    3.2~6.5キロ
  • タイプ
    コビー

ペルシャの歴史・ルーツ

 ペルシャの起源にはいくつかの説が乱立しており、いまだはっきりとはしていません。ペルシャ(現在のイラン)の猫とターキッシュアンゴラを交配して誕生したという説、イランからアフガニスタンあたりに生息していた土着猫だったという説、トルコからヨーロッパに輸入されたという説などがあります。
 ペルシャの祖先として文献上に登場する猫は2頭います。鼻ペチャが特徴のペルシャは「ピーク・フェイス」と呼ばれる1頭は、1620年、ピエトロ・デラ・ヴァレ(Pietro Della Valle)という人物が、ペルシャからイタリアに持ち込んだ猫です。そしてもう1頭は、同じ時期にニコラス・クロード・ファブリ・ド・ペイレスク(Nicholas-Claude Fabri de Peiresc)という人物が、アンゴラ(現在のアンカラ)からフランスに持ち込んだ猫です。前者の猫が灰色だったのに対し、後者の猫は白かったと文献には残っています。これらの猫と、アフガニスタン、ビルマ、中国、ロシアなどから輸入された長毛の猫とが交配し、今のペルシャの原型が作られたと考えられています。1871年にロンドンで開かれたキャットショーに初登場してから品種改良が重ねられ、現在では「猫の王様」という異名をもつほどの人気を博しています。
 1950年代、レッドとレッドタビーのペルシャの中で自然発生的に生まれた「鼻ぺちゃ」の顔は、「ピーク・フェイス」(ペキ・フェイスとも, peke-face)と呼ばれていますが、これは同じく鼻ぺちゃで有名な犬の「ペキニーズ」(pekingese)からとられています。しかし涙管の変形や眼球の突出など健康上の問題が多いことから、近年では敬遠されがちです(→骨軟骨異形成)。
 また「チンチラ」(Chinchilla)とは、ペルシャの中の特定の毛色を指しており、種類としてはシルバー、シェイデドシルバー、ゴールデン、シェイデドゴールデンなどがいます。口吻部がペルシャよりも長いので、健康上の問題も少ないのが特徴です。
 ペルシャは他の多くの品種の交配に使用されていることで有名です。代表的な猫を挙げると、ヒマラヤンエキゾチックショートヘアがいます。

ペルシャの特徴・性格

 ペルシャの特徴は、丸くて大きな目と、少しつぶれたような鼻、横から見ると平らな顔立ち、そして豊かなダブルコートからなる被毛です。ペチャッとつぶれた鼻は、愛嬌になると同時に、多くの健康上の問題をもたらします(→骨軟骨異形成)。非常に長くて厚い被毛は、猫が自分で行う毛づくろいでは間に合わないため、飼い主による定期的なグルーミングが必要です。なお、約半数のペルシャは、遺伝的に「多発性嚢胞腎」(たはつせいのうほうじん)にかかりやすいといわれています。
 ペルシャの性格は非常に穏やかで温和です。ほとんど鳴くことがなくおとなしい猫と言われています。

ペルシャのお手入れ・注意点

 ペルシャのお手入れは、1日1回のブラッシングとコーミングが理想です。口吻部が短くていわゆる「涙やけ」が出来やすいので、目の定期的なチェックとお手入れは欠かせません。

ペルシャの動画

 以下でご紹介するのはペルシャの動画です。
 猫界随一の長毛が特徴で、ビクトリア女王やナイチンゲールが愛好したことで有名です。つぶれた平坦な顔は花のパンジーにたとえられることもあり、また家の中をぶらぶら歩くのが好きなことから「ラウンジリザード」(lounge lizard=ホテルやバーのラウンジで金を出してくれそうな女性を捜してぶらぶらする男性)と揶揄(やゆ)されることもあるようです
元動画は⇒こちら
ペルシャトップへ