トップ猫の種類ネコ科動物の種類と分類法・2017年版

ネコ科動物の種類と分類法・2017年版

 2017年4月、ネコ科動物の専門家集団「Cat Specialist Group」は1996年以来およそ20年ぶりに、ネコ科動物の最新分類法を発表しました。ここでは動物たちの画像とともにご紹介します。

ネコ科分類法の変遷

 絶滅危惧種の選定などを行う「国際自然保護連合」(IUCN)がこれまで用いてきたネコ科動物分類法の元になっているのは、1996年に出版された「Wild Cats - Status Survey and Conservation Action Plan」です(→出典)。それからおよそ10年後の2005年、哺乳動物の分類に関する権威的なデータベース「Mammal Species of the World 第3版」が公開され、幾つかの変更点が加えられましたが、IUCNの分類法には採用されませんでした(→出典)。 ネコ科動物の分類法~1996年版と2005年版の比較  IUCNがずっと使い続けてきた分類法は、1990年代初頭のデータを元にしたものであり、最新の状態にアップデートされているとは到底言えません。ちょうど「Windows95」をいまだに使っているようなもので、「使えなくはないけどとにかく古い!」といった感じです。そこでネコ科動物の専門家集団「Cat Specialist Group」(キャットスペシャリストグループ)は、1996年から2017年に至るまでの20年のうちに大幅に進歩した形態学、生物学、地理学、分子遺伝学の知識がすべて反映されるよう、ネコ科動物分類法の抜本的な見直しを行いました。その結果、2つの亜科、8つの系統、14の属、41の種、80の亜種に分類するのが、現時点では最も妥当であるという結論に至ったと言います。それでは動物たちの写真とともに具体的に見ていきましょう。
ネコ科動物の種類トップへ

ネコ科動物の最新分類法

 以下は、「Cat Specialist Group」が2017年4月に発表した、ネコ科動物分類法の最新版です。ネコ科(Felidae)を大別すると「ヒョウ亜科」(Pantherinae)と「ネコ亜科」(Felinae)に二分され、前者はヒョウ系統のみ、後者はそれ以外の7系統を含んでいます。系統発生に興味がある方は猫の進化の歴史というページも併せてご参照ください。なお私たちが大好きな「猫」(Felis catus)が所属しているのは「イエネコ系統」です。
ネコ科動物分類法・目次

ヒョウ系統(2属 | 7種 | 14亜種)

  • Panthera leo 【一般名】ライオン
    【亜種】leo/melanochaitaヒョウ系統・ライオン(学名:Panthera leo)
  • Panthera pardus 【一般名】ヒョウ
    【亜種】pardus/nimr/delacouri/fusca/kotiya/melas/orientalis/tullianaヒョウ系統・ヒョウ(学名:Panthera pardus)
  • Panthera tigris 【一般名】トラ
    【亜種】tigris/sondaicaヒョウ系統・トラ(学名:Panthera tigris)
  • Panthera uncia 【一般名】ユキヒョウ
    【亜種】なしヒョウ系統・ユキヒョウ(学名:Panthera uncia)
  • Panthera onca 【一般名】ジャガー
    【亜種】なしヒョウ系統・ジャガー(学名:Panthera onca)
  • Neofelis nebulosa 【一般名】ウンピョウ
    【亜種】なしヒョウ系統・ウンピョウ(学名:Neofelis nebulosa)
  • Neofelis diardi 【一般名】スンダウンピョウ
    【亜種】diardi/borneensisヒョウ系統・スンダウンピョウ(学名:Neofelis diardi)

ピューマ系統(3属 | 3種 | 6亜種)

  • Puma concolor 【一般名】クーガー
    【亜種】concolor/couguarピューマ系統・クーガー(学名:Puma concolor)
  • Acinonyx jubatus 【一般名】チーター
    【亜種】jubatus/hecki/soemmeringii/venaticusピューマ系統・チーター(学名:Acinonyx jubatus)
  • Herpailurus yagouaroundi 【一般名】ジャガランディ
    【亜種】なしピューマ系統・ジャガランディ(学名:Herpailurus yagouaroundi)

カラカル系統(2属 | 3種 | 8亜種)

  • Caracal aurata 【一般名】アフリカゴールデンキャット
    【亜種】aurata/celidogasterカラカル系統・アフリカゴールデンキャット(学名:Caracal aurata)
  • Caracal caracal 【一般名】カラカル
    【亜種】caracal/nubicus/schmitziカラカル系統・カラカル(学名:Caracal caracal)
  • Leptailurus serval 【一般名】サーバル
    【亜種】serval/constantina/lipostictusカラカル系統・サーバル(学名:Leptailurus serval)

ボルネオヤマネコ系統(2属 | 3種 | 4亜種)

  • Catopuma badia 【一般名】ボルネオヤマネコ
    【亜種】なしボルネオヤマネコ系統・ボルネオヤマネコ(学名:Catopuma badia)
  • Catopuma temminckii 【一般名】アジアゴールデンキャット
    【亜種】temminckii/moormensisボルネオヤマネコ系統・アジアゴールデンキャット(学名:Catopuma temminckii)
  • Pardofelis marmorata 【一般名】マーブルキャット
    【亜種】marmorata/longicaudataボルネオヤマネコ系統・マーブルキャット(学名:Pardofelis marmorata)

オセロット系統(1属 | 8種 | 16亜種)

  • Leopardus colocola 【一般名】コロコロ
    【亜種】colocola/braccatus/munoai/budini/garleppi/pajeros/wolffsohniオセロット系統・コロコロ(学名:Leopardus colocola)
  • Leopardus geoffroyi 【一般名】ジョフロイネコ
    【亜種】なしオセロット系統・ジョフロイネコ(学名:Leopardus geoffroyi)
  • Leopardus guigna 【一般名】コドコド
    【亜種】guigna/tigrilloオセロット系統・コドコド(学名:Leopardus guigna)
  • Leopardus guttulus 【一般名】サザンタイガーキャット
    【亜種】なしオセロット系統・サザンタイガーキャット(学名:Leopardus guttulus)
  • Leopardus jacobita 【一般名】アンデスネコ
    【亜種】なしオセロット系統・アンデスネコ(学名:Leopardus jacobita)
  • Leopardus pardalis 【一般名】オセロット
    【亜種】pardalis/mitisオセロット系統・オセロット(学名:Leopardus pardalis)
  • Leopardus tigrinus 【一般名】ジャガーネコ
    【亜種】tigrinus/oncillaオセロット系統・ジャガーネコ(学名:Leopardus tigrinus)
  • Leopardus wiedii 【一般名】マーゲイ
    【亜種】wiedii/glauculus/vigensオセロット系統・マーゲイ(学名:Leopardus wiedii)

リンクス系統(1属 | 4種 | 8亜種)

  • Lynx canadensis 【一般名】カナダオオヤマネコ
    【亜種】なしリンクス系統・カナダオオヤマネコ(学名:Lynx canadensis)
  • Lynx lynx 【一般名】オオヤマネコ
    【亜種】lynx/balcanicus/carpathicus/dinniki/isabellinus/wrangeliリンクス系統・オオヤマネコ(学名:Lynx lynx)
  • Lynx pardinus 【一般名】スペインオオヤマネコ
    【亜種】なしリンクス系統・スペインオオヤマネコ(学名:Lynx pardinus)
  • Lynx rufus 【一般名】ボブキャット
    【亜種】rufus/fascatiusリンクス系統・ボブキャット(学名:Lynx rufus)

ベンガルヤマネコ系統(2属 | 6種 | 14亜種)

  • Prionailurus bengalensis 【一般名】ベンガルヤマネコ
    【亜種】bengalensis/euptilurusベンガルヤマネコ系統・ベンガルヤマネコ(学名:Prionailurus bengalensis)
  • Prionailurus javanensis 【一般名】ジャワヤマネコ
    【亜種】javanensis/borneoensis/heaneyi/rabori/sumatranusベンガルヤマネコ系統・ジャワヤマネコ(学名:Prionailurus javanensis)
  • Prionailurus planiceps 【一般名】マレーヤマネコ
    【亜種】なしベンガルヤマネコ系統・マレーヤマネコ(学名:Prionailurus planiceps)
  • Prionailurus rubiginosus 【一般名】サビイロネコ
    【亜種】rubiginosus/koladivius/phillipsiベンガルヤマネコ系統・サビイロネコ(学名:Prionailurus rubiginosus)
  • Prionailurus viverrinus 【一般名】スナドリネコ
    【亜種】viverrinus/rhizophoreusベンガルヤマネコ系統・スナドリネコ(学名:Prionailurus viverrinus)
  • Otocolobus manul 【一般名】マヌルネコ
    【亜種】manul/nigripectusベンガルヤマネコ系統・マヌルネコ(学名:Otocolobus manul)

イエネコ系統(1属 | 7種 | 10亜種)

  • Felis bieti 【一般名】ハイイロネコ
    【亜種】なしイエネコ系統・ハイイロネコ(学名:Felis bieti)
  • Felis catus 【一般名】イエネコ
    【亜種】なしイエネコ系統・イエネコ(学名:Felis catus)
  • Felis chaus 【一般名】ジャングルキャット
    【亜種】chaus/affinis/fulvidinaイエネコ系統・ジャングルキャット(学名:Felis chaus)
  • Felis lybica 【一般名】リビアヤマネコ
    【亜種】lybica/cafra/ornataイエネコ系統・リビアヤマネコ(学名:Felis lybica)
  • Felis margarita 【一般名】スナネコ
    【亜種】margarita/thinobiaイエネコ系統・スナネコ(学名:Felis margarita)
  • Felis nigripes 【一般名】クロアシネコ
    【亜種】なしイエネコ系統・クロアシネコ(学名:Felis nigripes)
  • Felis silvestris 【一般名】ヨーロッパヤマネコ
    【亜種】silvestris/caucasicaイエネコ系統・ヨーロッパヤマネコ(学名:Felis silvestris)
ネコ科動物の種類トップへ

特記すべきネコ科動物

 以下はネコ科動物に関する特記事項です。

亜科の数

 ネコ科の直下に位置する「亜科」を何種類にするのかは議論が分かれるところです。1996年版の分類法では「ヒョウ亜科」、「ネコ亜科」、「チーター亜科」という3種類が認められていました。その後、2005年版では「チーター亜科」が削られて2種類だけとなり、今回更新された2017年版でも引き続きこの分類システムが採用されています。一方、Wikipediaの「ネコ科」を参照すると「現在の系統分類では、現生ネコ科全体がネコ亜科に分類される」といった記述が見られます。しかし「ネコ科動物の亜科は1種類しかない」というこの主張は、「Cat Specialist Group」の分類法にも「Mammal Species of the World」の分類法にも今のところ反映されていません。ですから一般概念として記述してしまうのはやや勇み足といったところでしょう。ただしWikipediaの元データになっている以下のような情報は、次回更新時に利用される可能性は大いにあります。 Convergence and Divergence in the Evolution of Cat Skulls: Temporal and Spatial Patterns of Morphological Diversity Phylogeny and evolution of cats (Felidae)

よくある誤解・誤用

 動物の一般名に「ネコ」もしくは「キャット」と入っていることから、私たちが普段目にする猫(イエネコ)の変種であると誤解を受けている動物がいくつかあります。しかし分類学上は猫と全く別であることがほとんどです。以下で一例をご紹介します。

クロアシネコ

 分類上クロアシネコはイエネコ系統に属する「Felis nigripes」という種です。亜種はありません。ネット上で動物名を検索すると「世界最小の猫」とか「ヤマネコの一種」といった表現が目に付きますが、クロアシネコはクロアシネコであり、「猫」(イエネコ)でも「ヤマネコ」でもありません。おそらくWikipediaに記載されている「ジンバブエにも分布する小型の野生の猫」、「現存する猫の中で最も小さいものの一つ」という文章から誤解が広がったものと推測されます。ここで言う「猫」は「ネコ科動物」という広義で使われているのでしょうが、専門的な知識を持たない人が読むと「イエネコ」という狭義で解釈されてしまいます。誰が読んでも同じ解釈になるように「ネコ科動物の中で最小クラス」といった表現にするのが適切でしょう。
クロアシネコ
 本以下でご紹介するのは、アメリカのイリノイ州シカゴにある「Brookfield Zoo」で飼育されているクロアシネコの動画です。私たちが普段目にする猫と非常によく似ていますが、全体的にずんぐりむっくりしているようです。 元動画は⇒こちら

スナネコ

 スナネコはイエネコ系統に属する「Felis margarita」という種です。Wikipediaの中で「小型の野生ネコ科動物の1種」と正確に記載されているからか、クロアシネコほど表現がぐちゃぐちゃに入り混じっているということは無いようです。近年はイエネコとの交配種である「マーガリート」という珍種がイギリスのキャットショーでお披露目されて話題になりました。 スナネコとイエネコのハイブリッド「マーガリート」(marguerite)が初登場 スナネコとイエネコのハイブリッド猫「マーガリート」(marguerite)

サーバル

 サーバルはカラカル系統に属する「Leptailurus serval」という種です。イエネコとは系統が異なるにも関わらず交配は可能で、ハイブリット種としてはベンガル×サーバルから作出された「サバンナ」が有名です。 サーバルとベンガルのハイブリッド猫「サバンナ」の体長はかなり長い  環境省では「レプタイルルス・セルヴァル」という学名で特定動物に指定されており(→出典)、都道府県知事による許可があれば飼育することができます。ただし当然のことながら厳重な飼育設備が必要となります。

ジャコウネコ

 ジャコウネコはジャコウネコ科(Viverridae)に属する動物です。名前に「ネコ」が入っているにもかかわらず、そもそもネコ科(Felidae)ですらありません。肛門周辺に存在している臭腺(肛門腺)に含まれる独特の分泌物が香水の原料として利用されているほか、マレージャコウネコが未消化の状態で排出したコーヒー豆を原料とする高級コーヒーの一種「コピ・ルアク」が有名です。 樹上を徘徊するジャコウネコ

日本のヤマネコ

 日本に生息しているヤマネコとしては、長崎県の対馬に生息するツシマヤマネコと沖縄県の西表島に生息するイリオモテヤマネコの2種があります。 日本に生息しているヤマネコ「ツシマヤマネコ」と「イリオモテヤマネコ」 2005年の「Mammal Species of the World」では、ツシマヤマネコが「ベンガルヤマネコ系統>Prionailurus属>bengalensis種>euptilurus亜種」、イリオモテヤマネコが「ベンガルヤマネコ系統>Prionailurus属>iriomotensis種」という位置づけでした。今回の改定では、ツシマヤマネコの位置は変わらなかったものの、イリオモテヤマネコが分類から消滅しています。恐らく、他と分岐した固有亜種として認めるには決定打が足りなかったのでしょう。
ネコ科動物の種類トップへ