トップ有名な猫一覧人助けで有名になった猫ラシック

ラシック

 警察猫として有名な猫「ラシック」について解説します。

ラシックとは?

 ラシックはカスピ海の近くにある警察の検問所で、警察猫として勤務した猫。
 2002年のある日、シャムの子猫がロシアのスタブロポルにある警察の検問所に迷い込んできました。そこに勤務していた警官に引き取られた子猫は、成長するに従って、チョウザメやキャビアに対して非常に敏感な嗅覚を持っていることが判明します。その能力は折り紙付きで、すでに配置されていた警察犬に取って代わったくらいです。
 ところが、「密輸魚探知猫」として働き始めた矢先の2003年7月12日、いつも通り車の匂いを嗅いでいたところ、突然運転手が車を動かし、ラシックを轢き殺してしまいます。その車は、以前にも密猟した魚を入れていた車だったことから、「ラシックは意図的に殺されたのだろう」というのが警察の見解です。
 ちなみに、ラシックが命を落とすわずか2週間前にも、他の警察猫「バルシック」が毒入りネズミで殺されるという事件が起こっています。しかしどちらの事件も、マフィアとの関係を立証できないまま、うやむやになってしまいました。 Rusik(cat) ABC News BBC News