トップ2012年・猫ニュース一覧4月の猫ニュース

4月の猫ニュース

 2012年4月の猫に関するニュースをまとめました。一番上が最新で、下にスクロールするほど記事が古くなります。記事内にリンクが貼られていることもありますが、古い記事の場合はリンク切れの時がありますのでご了承下さい。

4月30日

 5月12日より公開予定の映画『貞子3D』が、アニメ『くるねこ』とコラボすることが決定しました。
 『くるねこ』は、猫、人、擬音まで全ての役を中谷美紀が1人で演じるテレビアニメ。一方『貞子3D』は、いわずと知れた「リング」に登場する貞子を3Dで復活させたホラー作品。今回のコラボCMは、「5匹の猫と飼い主が初めて映画館にやって来るも、そこは猫。劇場で自由気ままにしているため、飼い主が呆れて注意していると……」と、異様な雰囲気をのぞかせながらも、最終的には和み系で終わるマナーCMだとか。
 ちなみに貞子が登場した始球式の模様は、5日間で100万回を超える再生数になるなど、日本のみならず、世界からも注目を浴びています。 貞子の始球式

4月30日

 岡山県旧片上鉄道吉ケ原駅の駅長猫「コトラ」が、5月6日、駅長を退任することが決定しました。
 「コトラ」は今年で10歳になる雄ネコで、2002年6月の就任以来、およそ10年間駅長を務めてきました。和歌山鉄道貴志川線貴志駅の三毛猫・たま駅長が有名になるおよそ5年前から勤続しているため、「元祖駅長猫」として全国の鉄道ファンらに親しまれ、2010年11月に発売されたフォトエッセー「駅長猫コトラの独り言」は5000部を超えるなど人気を集めています。
 新駅長には助役だった「ホトフ」(雄、3歳)が昇格就任するとのこと。 Source---Sanyo Shimbun
岡山県旧片上鉄道吉ケ原駅の駅長猫「コトラ」

4月27日

 食事中、猫に見つかってしまったハムスターのリアクションが、まるで「トムとジェリー」実写版のようだと話題です。 「トムとジェリー」実写版

4月27日

 4月29日、和歌山電鉄伊太祈曽駅の名物・ニタマ駅長とツーショット写真が撮れる撮影会が同駅で開催される予定です。
 この撮影会は、希望者がじゃんけんで勝ち抜けば念願のツーショットにありつけるという企画。和歌山電鉄によると 今年1月に任命されたニタマ駅長が就任後初めての連休を迎え「感謝の気持ちで開催する」とのこと。29日は貴志駅長「たま」の誕生日でもあり、たまも同駅で休日出勤するとか。
和歌山電鉄伊太祈曽駅の名物・ニタマ駅長

4月27日

 滋賀県湖南市に昨年誕生したネコの仮想都市「こにゃん市」の第2回市長選の投票結果が26日、同市内で発表され、1歳メスの「クース」が当選しました。
 クースは「ネコと人間が仲良く暮らせる猫充社会を目指しますニャー」という”ニャニフェスト”を掲げ、総投票数1020票のうち275票を獲得し、見事第二代こにゃん市長の座を獲得しました。就任祝いとして栃木県栃木市都賀町商工会より「にゃんハウス」が市長公邸として贈られたとか。
第二代こにゃん市長・クース

4月27日

 タレントの南明奈さん(22)が26日、東京ドームで行われた日本ハム-ロッテ6回戦で始球式を務め、猫耳をつけた愛らしい姿を披露しました。
 アッキーナこと南明奈さんは、「南」をあらわす背番号373を日本ハムのユニホームに付け、下は短パン、頭には猫耳をつけて登場しました。ゆっくりと投げたボールはダイレクトでキャッチャーには届かず、2バウンドしてミットに収まったものの、ドームは大歓声に包まれました。 Source---Sankei Shimbun
始球式に登場したアッキーナこと南明奈

4月26日

 BIGLOBEは、ペット専用SNS「ペットスマイル」に投稿された写真から、ネコのかわいい寝姿を集めた「寝ネコ特集」を公開しました。
 本特集は、画像をベースとしたソーシャルメディア「Pinterest」上で公開するもので、会員登録は不要、パソコン、スマートフォンから誰でも閲覧できるほか、「Pinterest」に登録をしている利用者なら、自身のPinterestページにRepin(自分のお気に入り写真に追加)することも可能です。
 「ペットスマイル」では、本特集のほかにも、犬の写真を集めた“Cute Dogs”、猫の写真を集めた“Cute Cats”、ウサギやハムスターなどの小動物を集めた“Small Animals”、面白い姿を集めた“Funny Animals”の4種類のBoradsを公開しています。 Source---Biglobe Press Room
「ペットスマイル」に投稿された写真から、ネコのかわいい寝姿を集めた寝ネコ特集

4月26日

 福島第1原発事故で飼い主を失った現地の犬や猫を助けようと、東京のアーティストや演出家らが4月28日、ジャズのチャリティーライブを開催する予定です。
 今回のライブを企画したのは、オペラ演出家で俳優や歌手活動もしているイタリア人、ダリオ・ポニッスィさんと、オペラプロデューサーでジャズシンガーの大内弘子さん。2人は東日本大震災発生直後から、宮城県南三陸町の被災者支援活動をしてきたとのこと。チャリティーライブによる収益金は全額、福島で犬や猫の保護活動をしている獣医らに送られる予定です。

4月26日

 里親詐欺によって引き取った複数の猫を虐待し殺傷したなどとして罪に問われた住所不定の無職・広瀬勝海被告(45)の論告求刑公判が25日開かれ、検察側は懲役3年を求刑しました。
 同法廷は駒井雅之裁判官の元、横浜地裁川崎支部で開かれたもの。検察側は「詐欺、動物愛護法違反ともに悪質きわまりない」として被告に懲役3年を求刑。一方、弁護側は、広瀬被告が平成7年から躁鬱(そううつ)病を患って通院しており、「虐待時は躁状態で、自身の行動を制御できなかった」などと主張、執行猶予付き判決を求めています。判決は5月23日の予定。 Source---Sankei Shimbun

4月25日

 4月20日、アメリカ・サウスフロリダで、とある民家の壁の中から奇妙な音が聞こえるため、穴を開けて確認したところ、中から出てきたのはなんと子猫でした。 壁から見つかった子猫

4月25日

 千葉県匝瑳市(そうさし)松山の松山庭園美術館で、毎年恒例の猫をテーマにした企画展「猫ねこ展覧会2012~癒しの猫チカラって結構スゴイんです~」が6月24日まで開かれています。
 同展覧会は此木(このき)館長夫妻の猫好きが高じて始まったもので、今年で9回目。全国の猫好き芸術家132人が出品した“ゆるカワイイ”絵画や彫刻、工芸、写真240点を一堂に拝むことができます。 Source---Chiba Nippo
猫ねこ展覧会2012~癒しの猫チカラって結構スゴイんです~

4月25日

 殺処分される犬や猫の数をゼロにすることを目的に、「新潟県動物愛護センター」が今月、長岡市関原町にオープンしました。
 今回誕生した動物愛護センターは県内に5ヶ所ある動物保護管理センターのうち、県央(新潟市)、中越(長岡市)、魚沼(魚沼市)の3施設を統廃合して誕生したものです。従来のセンターが担ってきた「犬や猫の殺処分所」という役割から脱却し、これからは動物愛護の啓発普及を進め、地域の動物愛護団体などを結ぶネットワークを強化するという点に力を入れるとのことです。
   県では平成19年度に県動物愛護管理推進計画を策定し、前年18年度に県内全体で殺処分された犬や猫約4500匹を20年度から10年間で半分の約2200匹に引き下げることを目指してきました。結果、22年度の殺処分はほぼ目標通りの2259匹にまで半減しており、今回の動物愛護センター設立により、さらなる殺処分数の低減が期待されます。 Source---Sankei Shimbun
新潟県動物愛護センター

4月24日

 Eagle株式会社は、愛猫のポーズを写真におさめてコレクションするiPhoneアプリ「ネコカメラ」をリリースしました。
 「ネコカメラ」は写真製品特化型アフィリエイトプログラム「Photo Product Partner Program」を採用したアプリの第二弾。愛猫のさまざまなポーズを写真におさめてコレクションするアプリです。フォトブックは有料ですが、利用自体は無料。必要条件はiPhone、iPod touch (第4世代)、iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad (3rd generation)、およびiPad Wi-Fi + 4G /+iOS 4.0 以降が必要。
 主な機能は以下です。
  • 図鑑タッチのネコポース集
  • ポーズごとのネコ心理を解説
  • ネコ自慢モード(編集機能をロック)
  • アルバム機能
  • FaceBook連携
  • PhotoBook連携
iPhoneアプリ「ネコカメラ」

4月23日

 twitpicに投稿された一枚のスケッチを元に、急転直下の展開で商品化が決定したイヤホンジャックが話題です。
 ねこむらおたこさんが「誰か作ってください」というツイートに添えて投稿したイラストは、絵柄の可愛らしさとそのアイデアが話題を読んでその後急速にRTされました。そして最初のツイートからわずか1時間後には製品化が決定してしまったとのこと。中には「これを使いたいがためにスマホに買い換えます」という熱狂的なファンまで生まれているようです。
ねこむらおたこさんが投稿したイラスト

4月23日

ベネッセコーポレーションが運営するウェブコミュニティー「ねこのきもちweb」では2012年4月23日より、ユーザーを猫に見立てて診断するコンテンツ「猫診断」の提供を開始しました。
 当コンテンツは 特別編集ムック「毛柄がいっぱい!ねこのきもち」が3月7日に発売されたことを記念したもので、2011年に発表されて話題を呼んだ「犬診断」の続編に当たります。
 「猫診断」では、4つの質問に「はい」か「いいえ」で答えることで、16の猫種・毛柄から、ユーザーによく似たタイプの猫を知ることができるそうで、 診断結果はFacebookやmixi、TwitterなどのSNSで共有もできます。
猫診断

4月23日

 アメリカでは、動物保護センターにやってきた2歳にして体重18キロのネコが話題です。
 猫の18キロは人間に換算すると270キロにもなるとか。獣医によると、この猫はの太り方は病的で、心臓に負担がかかり危険な状態だということです。 Source---JNN
2歳にして体重18キロのネコ

4月23日

 鉄道や路線バスでは、かごに入れてさえいれば「手荷物」と同様に扱われる小型ペットですが、高速バス内へのぺットの持ち込みを禁止する動きが、全国的に広がっています。
 北海道内の高速バス19社のうち、以前からペットの持込を禁止していた5社に加え、共同運行便のある13社でも、4月1日からペットを禁止する方針を打ち出しています。九州でも、ペットの抜け毛やにおい、鳴き声等の問題から都市間高速バス20社すべてが2005年から禁止しています。中部地方では、名古屋市の名鉄バスが名古屋-仙台間、名古屋-新宿間などの長距離便で受け入れていないほか、旅行会社が運行する格安の高速バスも軒並みペット禁止という状況です。
 ゴールデンウィークをひかえてペットとの遠出を考えている方は、移動に用いる交通機関のペット対応状況を、今一度確認したほうがよいかもしれません。 Source---Chunich Shimbun

4月20日

 国が地方自治法施行60周年を記念して各都道府県ごとに発行する記念貨幣のうち、栃木県分の図柄が決まり、発表されました。
 発行されるのは直径4センチの千円銀貨と直径2.65センチの500円硬貨。ともに日光東照宮にちなんだ図柄で、千円銀貨には陽明門、500円硬貨は「眠り猫と雀」がデザインされました。千円銀貨は10万枚発行され価格は1枚6千円、申し込みを受け付けは8月から。500円硬貨は来年1月ごろから額面と同額で引き換えられるとのこと。 Source---Asahi Shimbun
地方自治法施行60周年を記念硬貨

4月20日

 静岡県三島市の佐野美術館で21日から開催される、写真家岩合光昭さんの写真展「ねこ」に向け、作品の搬入と展示作業が19日、同美術館で行われました。
 写真展「ねこ」では、岩合さんが40年以上にわたって国内外で撮影した猫の写真約150点が展示される予定です。
  • 期間:4月21日~6月3日
  • 開館時間:10時~17時
  • 休館:木曜日(5月3日除く)
  • 入館料:一般・大学生1000円/小中高生500円
  • 備考:毎週土曜は小中学生無料

4月20日

 4月17日午前11時10分ごろ、三重県伊賀市でネコを追いかけて壁の隙間に入り込み、そのまま挟まってしまった男児(5)が市消防本部のレスキュー隊員によって救助されました。
 男児が挟まったのは三重県伊賀市上野忍町の商店街。男児はネコを追いかけて時計店と喫茶店の外壁にある幅約20センチの隙間に入り込み、そのまま出られなくなりました。男児が泣いているのを、近所の人が聞きつけ119番通報し、駆けつけた市消防本部のレスキュー隊員5人が喫茶店の壁面に穴をあけ約3時間25分後に無事救出しました。男児は顔にすり傷などの軽傷を負った程度で、救出時は「おなかが空いた」と語るなど元気な様子だということです。 Source---Sankei Shimbun

4月19日

 黒猫と白猫をモチーフとした新作のマカロンストラップ「ブラックキャット」と「ホワイトキャット」が登場しました。
 「マカロン ストラップ」は、トレイン コーポレーションから発売されている“総スパンコール”のキラキラ携帯ストラップ。今回、新たに追加された新作は、猫耳とリボンが付いた黒猫と白猫タイプです。同社広報は、「耳の大きさや位置、スパンコールの形やリボンの位置などを吟味し、猫のストラップとして、最大の可愛さが引き出せるように製作しました」と、商品のできばえに自信をうかがわせています。
 今回新登場の「ブラックキャット」・「ホワイトキャット」は、4月18日からオンラインショップで予約販売を開始、また4月28日(土)からは店頭販売も予定しています。販売店は原宿直営店や全国のバラエティショップにて。
新作のマカロンストラップ「ブラックキャット」と「ホワイトキャット」

4月19日

 株式会社メディア・マジックは、「アニメくるねこ」の公式スマホサイト「はぴはぴくるねこ」のサービスを、2012年4月16日(月)より開始しました。
 「アニメくるねこ」は、拾った猫の里親を募集するために開設したブログを書籍化した猫マンガ「くるねこ1~9巻」をアニメ化したもの。スマホ用にアレンジされた公式サイト「はぴはぴくるねこ」では、アニメくるねこの待受け・デコメ配信や、ユーザー同士で盛り上がれる画像投稿コーナー、お悩み相談コーナーなど、モバイルだけのコンテンツが盛り沢山だそうです。
  • サイト名称アニメくるねこ公式スマホサイト「はぴはぴくるねこ」
  • 利用料金315円(税込)/月
  • サービス提供キャリアdocomoSPモード
アニメくるねこ

4月19日

 TBSと講談社による、第3回「ドラマ原作大賞」を受賞した小説「猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち」をドラマ化した作品が、4月23日午後9時からTBS系で放送されることになりました。
 同賞は、ドラマの原作となる小説を求めて隔年で公募される企画で、今回の受賞作は、「猫屋敷」に住む猫たちの引き取り問題を円満に解決したことから、ペット関係の依頼ばかりが舞い込む通称「猫弁」の弁護士・百瀬太郎の物語だそうです。主人公百瀬太郎を演じるのは吉岡秀隆。
猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち

4月18日

 静岡県南伊豆町で17日、路上に置かれたえさを食べたとみられる犬や猫計4匹が死んでいたことがわかりました。
 町町民課は、17日朝、伊豆町下小野の町道で、飼い主と散歩していた犬が路上に置かれた缶入りキャットフードをなめたところ、口から泡を吹くなどして死んだと発表しています。獣医師からの通報で町職員らが現場を調べたところ、同様にえさを食べたとみられる猫3匹の死体を発見。えさには緑の液体がかけられ、複数の缶が数十メートルの間隔で置かれていたということです。 Source---Yomiuri Shimbun

4月17日

 犬猫の展示を午後8時までに制限するという改正動物愛護法(6月1日から施行)を巡り環境省は、猫と遊びながらくつろげる「猫カフェ」については、例外的に午後10時まで許可するという方針を固めました。
 今回の規制緩和は、夜間展示禁止に対して猫カフェの営業者から「猫は夜行性。自由に動けてストレスも少ないので営業を認めてほしい」という反対の声が上がっていたため、環境省の中央環境審議会動物愛護部会が16日、暫定的に決定したものです。同部会では、猫カフェなどの業態を念頭に、〈1〉猫が1歳以上〈2〉施設内で自由に動き回れる〈3〉休憩場所に自由に出入りできる、などの要件を満たす場合は規制を緩和するとしています。今後、2年間の経過措置期間を設け、猫へのストレスなどを検証した上で改めて緩和の必要性を判断するとのこと。 Source---Yomiuri Shimbun

4月17日

 ペットを一度に多種類から選べ、価格も店頭販売より1~2割程度安く購入できる場合が多いペット通販ですが、犬や猫のインターネット販売を巡るトラブルが相次いでいるようです。
 ペット通販に関する苦情は、国民生活センターが統計を取り始めた2006年度以降、昨年度までに約960件を数えるとのこと。「購入後すぐ死んだ」、「代金を払ったのに届かない」、「病院で検査を受けたら病気が見つかった」などの苦情が多く、国は年内にも動物愛護法を改正し、対面販売の義務化を盛り込む方向で検討しています。
 国民生活センターによると、ネット業者は連絡がとりにくい分トラブル解決が難しいとされ、また環境省の調査でも、ペットのネット販売などでは2割以上でトラブルが発生、さらに購入されたペットの1割強は、健康状態が悪かったとのこと。 Source---Yomiuri Shimbun

4月16日

 昨年5月にメジャーデビューした兵庫・神戸市在住のシンガー・ソングライター信政誠が、ネット上で毎日1万以上のアクセスを誇る「かご猫」とコラボすることが決定しました。
 「かご猫」はシロという名の10歳のオス猫で、ネットから人気に火がつき、これまで単行本「のせ猫~かご猫シロと3匹の仲間たち」(宝島社)のほか、ぬいぐるみなどが発売されている人気ネコです。
 今回のコラボは、春の陽気の心地よさを感じさせる楽曲「春うららか」のイメージに「かご猫」が合うとして、ミュージシャン側から飼い主にCDジャケットへの登場を打診したところ、飼い主も快諾して実現。ジャケットだけでなくキャラクターソングとしても公認されたそうです。18日発売予定の同曲は「春ソング」として全国11局のラジオ局で、4月度パワープレイを獲得しています。
かご猫とのコラボが決定した兵庫・神戸市在住のシンガー・ソングライター信政誠

4月16日

 京都府宮津市の府警宮津署養老駐在所で飼われている雄ネコ「伊右衛門(いえもん)」が、制服姿で警察官とともにお年寄り宅をパトロールし、振り込め詐欺防止を訴えています。
 伊右衛門は昨年2月、山田達見巡査部長(27)が赴任した小屋脇に野良猫が産み捨てていたのを近所の人が見つけ、妻佳世さん(27)が譲り受けた雄ネコ。保護した当時は生後2週間程度でしたが、その後すくすくと育ち、駐在所のカウンターに座って外を眺める姿が近所で評判になりました。
 同署は「警察官だけで回るよりも打ち解け、注意をよく聞いてもらえる」と、伊右衛門の渉外能力による詐欺被害ゼロを目指しています。 Source---Mainichi Shimbun
府警宮津署養老駐在所で飼われている雄ネコ「伊右衛門(いえもん)」

4月12日

 長野県南木曽町は、地元の伝統防寒着「ねこ」のPRのため、イメージキャラクター「ぽかにゃん」の縫いぐるみを町内外のねこ販売店に配布しました。
  ぽかにゃんは体がピンク色の猫の姿で、高さは約40センチ、特産品のヒノキがさを持っているのが特徴です。約100万円かけて70体を作製し、妻籠宿内の土産店、蘭地区の「桧笠(ひのきがさ)の家」、木曽町の道の駅といった販売店などに配布されました。 Source---Chunichi Shimbun
伝統防寒着「ねこ」のイメージキャラクター「ぽかにゃん」

4月12日

 滋賀県動物保護管理センターでは4月から、犬や猫の譲渡に際し、従来の「くじ引き方式」から「事前の登録制」に変更することになりました。
 これまで同センターでは、月2回の譲渡会を開き、特定の犬や猫への希望が多ければ抽選で飼い主を決定していました。しかし、「受け入れる家族の状況を聞き取って譲渡すべき」との意見もあり、今回の制度変更に踏み切りました。
 新制度では、引き取り希望者に半日ほどの飼い方講習会を事前に受けてもらい、過去に飼った動物や家族構成、生活スタイル、動物と暮らす生活イメージなどを面接で質問します。その後希望する犬や猫の条件を登録し、譲渡候補が現れたら実際に会い、その場で一緒に散歩してもらった上で相性が合えば譲渡するという流れです。
 山路美晴次長(50)は「飼い主、動物、近所にとっても喜ばれる『三方よし』の飼い方をしてもらいたい。動物と一生、楽しくつきあってもらうためのサポートをしていきたい」と話しており、センターでは譲渡後も動物の様子などを調査し、飼い方を助言するとのこと。 Source---Chunichi Shimbun

4月12日

 カチューシャやパーカーを利用して「猫耳」をつけた女の子たちの癒し系サイト「ねこガール」が話題です。
 サイト内に並んでいる普段着姿の女の子をクリックすると、「猫耳」に変身した姿を愛(め)でることができます。ちょっとしたプロフィールやメイキングビデオもついているので、一服の清涼剤になるのではないでしょうか。
「猫耳」をつけた女の子たちの癒し系サイト「ねこガール」

4月11日

 iPhoneケース専門店アイフォニックカフェは、シリコン製ネコ型iPhone 4ケース「IMAK ねこケース for iPhone 4」の販売を開始しました。
 同製品は、ネコをかたどったデザインを採用したシリコン製のiPhone 4ケースで、本体上部の「耳」と肉球マークのプリントが特徴です。本体を装着した状態でiPhoneの各種操作が可能でカラーはブラックとホワイトの2種、数量限定となっており、在庫がなくなった時点で販売終了になるとか。同社運営のWeb通販サイトで1.980円にて発売中。
iPhoneケース専門店アイフォニックカフェ

4月11日

 ブログで紹介されたのをきっかけに人気者となった不思議顔の猫「まこ」の等身大「まこクッション」が発売されることになりました。
 「まこ」はブサかわいい顔で人気を集める ブログ猫で、発売された写真集「まこという名の不思議顔の猫」は11万部という異例の売り上げを記録しました。従来のまこグッズは、ブックカバーや箸袋など小物が中心でしたが、今回はマーブルトロン社からやや大きめ(43×26cm)の「まこクッション」が発売されます。表には、まこの全身写真がプリントされており、裏地も複数種あるので柄違いで楽しむことも可能。
 4月20日(金)~5月1日(火)に開催される、まこ写真展「凛としてぷっくり2012」の会場では、オンラインショップに先駆けて、先行販売されることも決定しているそうです。価格は4.515円。
不思議顔の猫「まこクッション」

4月11日

 避妊手術から帰宅して、少々元気のない妹ネコを気遣う兄ネコの画像が、海外で話題です。 Source---reddit
妹ネコを気遣う兄ネコの画像

4月10日

 ナムコ・ナンジャタウンでは2012年5月20日に「ねこ写真自慢コンテスト2012」グランプリ発表会が開催されます。
 「ねこ写真自慢コンテスト2012」は、2月10日~4月8日までの期間中、Facebook上で一般公募された猫写真の中から、株式会社ナムコ、および特別審査員の審査を経て、グランプリ他各賞を決定するコンテスト。グランプリ発表会では、ペットファースト ねこぶくろ店長・ダイノジ等猫好きの特別審査員が2000点を超える応募作品を厳正に審査し、グランプリ他各賞を決定します。
「ねこ写真自慢コンテスト2012」

4月10日

 今年のベルリン国際映画祭パノラマ部門出品作・「レンタネコ」の完成披露試写会が、9日都内で行われました。
 「レンタネコ」は市川実日子(33)主演、「かもめ食堂」や「めがね」の荻上直子監督の作品で、心の寂しい人たちに猫を貸し出して回る“レンタルネコ屋”を描いた物語です。この日は、静岡・浜松市の看板屋「アート看板」から高さ2メートル40センチの招き猫をレンタルし、作品の成功を祈願しました。映画は5月12日公開予定。 レンタネコ・予告

4月10日

 銀座コージーコーナーが、2012年4月12日に「ワンニャンの日」キャンペーンを実施します。
 「ワンニャンの日」は毎月12日に実施されるお買い上げプレゼントキャンペーン。4月は、「小犬のふわふわクリームケーキ」または「小ねこのふわふわクリームケーキ」1個購入で入園・入学や新学期にぴったりの「ワンニャンお名前シール」がプレゼントされます。
  • 実施日2012年4月12日(木)
  • 対象商品「小犬のふわふわクリームケーキ(いちごみるく)」
    「小ねこのふわふわクリームケーキ(チョコバナナ)」
  • 内容対象商品を1個お買い上げごとに1枚、オリジナル「ワンニャンお名前シール」を1枚プレゼント

4月9日

 日清製粉グループが3月18日より放映している新テレビCM「コニャラの歌」編に登場する新キャラクター「子コニャラ」が話題です。
 「コニャラ」は「日清製粉グループ 百十周年企業広告」として2010年に登場した、スタジオジブリ制作の猫キャラクター。2008年2月に「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」活動に日清製粉グループが協賛を開始したことが制作のきっかけだったとか。本CMのコンセプトは「きずな」と「希望」で、子どもの子コニャラを登場させることによって、希望や元気を感じてもらいたいということです。CMは日清製粉特設サイトにて視聴可能。
日清製粉グループが3月18日より放映している新テレビCM「コニャラの歌」編

4月9日

 iPhoneアプリ開発事業を展開するソフトスタジオは4月8日、iPhoneおよびiPodTouch向けアプリ「もしあなたがねこになったら」の無料配信を開始しました。
 「もしあなたがねこになったら」は、自分の顔が写るように撮影するだけで、自動的に猫に変身させてくれるアプリ。猫になった写真は、メールやTwitterで共有することも可能。OSはiOs5.0以降が必要で、利用環境は以下。
  • iPhone
  • iPod Touch
  • iPad2-Wi-fi+3G
  • iPad(3rd Generation)
  • iPad Wi-Fi+4G
iPhoneおよびiPodTouchi向けアプリ「もしあなたがねこになったら」

4月6日

 掃除機の音を異常に怖がる子猫の動画が世界中で話題です。
 「子猫がかわいそう」という思いからか、低評価(Dislike)をつけている人も500人以上いるみたいですね。 掃除機が怖い子猫

4月6日

 石川県金沢市では4月6日より、コンピューター・ソフトを利用し、鉛筆画のようなタッチで仕上げた猫の写真を並べた「吉尾大輔写真展 猫アート シロとクロ」が開催中です。
 吉尾さんは金沢市在住のプロのカメラマンで、今回は初めてデジタルカメラの画像で挑戦し、コンピューター・ソフトを使って和紙に印刷することで、求めていた効果を引き出したということです。猫モデルは両親が実家で飼う白黒模様の「ブラ」と、黒色の「アン」の2匹。会場では25点を展示しており、販売も行っています。開催場所は金沢市俵町のギャラリー「ISOLA(イゾーラ)」。 Source---Kanazawa Keizai Shimbun
吉尾大輔写真展 猫アート シロとクロ

4月6日

 長崎市の市民グループ「長崎の町ねこ調査隊塾」は、市内の猫を調査した結果を「ながさき町ねこハンドブック-ねこを探して、町歩き-」としてまとめました。
 「長崎の町ねこ調査隊塾」は中島由美子さんが塾長を務める、約30人からなる市民グループ。調査は、市民の街づくりを支援する市の「長崎伝習所」の11年度委託事業として実施されたもので、猫の実態を把握して殺処分を減らし、人間と共存する方法を探るのが狙い。
 ハンドブックでは、塾生が週2~3回の観察を続けた市内4エリアの情報が、マップや写真、コラムなどの形で紹介されています。猫の体の特徴や生息地域の説明もあり、遭遇のしやすさを足跡の数の多さで表した「出会い率」も掲載するという凝りようです。
ながさき町ねこハンドブック?ねこを探して、町歩き?

4月5日

 ドイツ南部の町ミュンヘンでは、16年前に行方不明となった飼い猫が発見され、現在飼い主との感動の再会を控えているという、奇跡のような出来事がありました。
 16年前に行方不明となった猫「ポルディ(Poldi)」は、ミュンヘン近郊の森でやせ細った状態で発見され、動物保護施設に保護されました。耳の裏に施されていた入れ墨やペットごとに付与される識別番号から飼い主が判明したとのこと。飼い主の女性は5日、ポルディを引き取りに同施設を訪れるそうです。 Source---AFP

4月5日

 ジュンク堂書店福岡店・地下1階MARUZENギャラリーでは現在、2.000体以上の招き猫が一堂に展示されています。
 招き猫の作成には国内外で活動する作家・もりわじんさんをはじめ、友禅職人やイラストレーター、染色作家など19人の作家が参加。もりわじんさんが手掛けた366体の誕生日別招き猫「招きたん」(各1万500円)など、約2センチから最大60センチまでのバラエティー豊かな招き猫を展示・販売しています。価格は294円~73万5,000円。開催時間は10時~21時(最終日16時まで)で4月11日まで。問い合わせはジュンク堂書店福岡店(福岡市中央区天神1/TEL 092-738-3322)。 Source---Tenjin Keizai Shimbun
ジュンク堂書店福岡店・地下1階MARUZENギャラリー・招き猫展

4月4日

 猫のアイコンをオンラインで作成してくれる「猫ドットジェネレーター」が話題です。
 「猫ドットジェネレーター」は、サイト内にあるタブをクリックして耳、目、鼻などのパーツを組み合わせ、自分好みの猫アイコンを作成するというオンラインサービス。出来上がった画像は48×48ピクセルのPNG画像として保存できます。商用目的でなければ画像を自由に使用できるそうです。
猫のアイコンをオンラインで作成してくれる「猫ドットジェネレーター」

4月4日

 アイイーインスティテュートは、4月5日発売予定のニンテンドー3DSソフト「ポヨポヨ観察日記」の最新情報を公開しました。
 「ポヨポヨ観察日記」は、「まんがライフMOMO」にて連載されている4コマ漫画やアニメでお馴染みの「ポヨポヨ観察日記」を題材としたゲーム。「写真家のたまご」であるプレイヤーが、「佐藤家」のお願いで「ポヨ」のお世話をしながら一流の写真家を目指すという内容です。かわいい写真を撮って「佐藤家」の人たちに見てもらうとポイントを入手することができ、もらったポイントはショップで猫のお世話グッズやおもちゃなどのアイテムと交換することが可能。猫のポヨは、なでたりゲットしたアイテムを使うと普段とは違ったリアクションを見せることがあり、そのかわいいしぐさや表情でユーザーを癒してくれます。
  • 対応機器=ニンテンドー3DS
  • 発売=2012年4月5日
  • 価格=通常版:5.040円/特装版:7.140円
  • ジャンル=ポヨポヨ観察日記
4月5日発売予定のニンテンドー3DSソフト「ポヨポヨ観察日記」

4月3日

 今年1月、株式会社エイブルがリリースしたiPhone向け無料ゲーム「猫の大家さん」が大好評につき、5月にver.3.0として大幅にアップグレードします。
 「猫の大家さん」は、自由きままな猫たちを可愛がって遊んで楽しむ、iPhone向けの無料育成ゲーム。Twitterや口コミなどを通じて女性の間で話題となり、ダウンロード数は累計50万件を突破する人気ぶりです。また、本アプリの人気は日本のみにとどまらず、台湾、中国、香港、米国のApp Storeランキングで上位にランクインするなど、海外でも高い支持を得ています。
株式会社エイブルがリリースしたiPhone向け無料ゲーム「猫の大家さん」

4月2日

 猫と触れ合うことができる「Cat Cafe Prince」(キャットカフェ プリンス)が、東京・下北沢から北海道函館市に移転オープンしました。
 「Cat Cafe Prince」は昨年12月まで約3年間、東京の下北沢で営業していた猫カフェ。このたび経営者である佐藤詩子さんが、自身の故郷である北海道・函館市に移転オープンしました。一軒家の一室で、約10畳のスペースに、アメリカンカールやエキゾチックショートヘア、スコティッシュフォールド、ミックスなど常時20匹前後の「猫スタッフ」(プリンス・プリンセスと呼ばれる)がおり、気ままに過ごすことができます。Cat Cafe Prince
Cat Cafe Prince

4月2日

 吉田戦車の新連載「おかゆネコ」が、本日4月2日に発売された週刊ビッグコミックスピリッツ18号(小学館)にてスタートしました。
 「おかゆネコ」は、人間のように喋り行動する猫と暮らす男性を描いたギャグマンガ。両親から実家の猫を預かることになった主人公は、猫の行動に度肝を抜かれてしまう。連載初回では、猫が喋りだした原因が明かされます。 Source---Natalie
週刊ビッグコミックスピリッツ18号

4月2日

 イギリスでは、鳴き声を出すネコのぬいぐるみを並べたネコオルガンで名曲「Over the rainbow」を演奏するおじさんが話題です。
 演奏しているのは、イギリスBBCでサウンドエンジニアとして勤務したのち、現在はサウンドスカルプター(音の彫刻家)として音楽活動をしている、ヘンリー・ダグ氏。ダグ氏が演奏している場所は、チャールズ皇太子主催のチャリティーパーティー会場とのこと。 ネコオルガン