トップ2012年・猫ニュース一覧8月の猫ニュース

8月の猫ニュース

 2012年8月の猫に関するニュースをまとめました。一番上が最新で、下にスクロールするほど記事が古くなります。記事内にリンクが貼られていることもありますが、古い記事の場合はリンク切れの時がありますのでご了承下さい。

8月29日

 7月から犬や猫の引き取りを有料化した広島市では、同月の引き取り数が26匹と、通常の2倍以上に増えるという奇妙な現象が起こりました。
 引き取り有料化のそもそもの目的は、安易な理由による飼育放棄を抑制し、殺処分に歯止めをかけることでしたが、7月に関しては全く逆の結果になったようです。この「裏目現象」について担当者は、「有料化による宣伝効果で、市が引き取ってくれると知った人たちが新たに持ち込んだ」とし、一時的なものだろうと推測しています。なお同市が改正した条例によると、生後91日以上の犬と猫は1匹2000円、生後91日未満は同400円となっており、飼い主が分からずに持ち込まれた野良犬や野良猫に関しては無料となっています。 Source---Minichi Shimbun

8月28日

 表の顔と裏の顔・・・ではなく、右の顔と左の顔を使い分ける奇妙な猫が話題です。 オペラ座の怪人?

8月27日

 千葉県は今夏より、野良猫の不妊・去勢手術を無料で請け負う事業の取り組みを開始しました。
 県内での猫の殺処分数は年々減少傾向にあるものの、地域住民からの野良猫に関する苦情は後を絶たず、年間およそ1500~1800件で推移しています。しかし犬と違って条例などによる規制がない猫の場合、むやみにつかまえて駆除することもできず、行政はこれまで対応に苦慮してきました。
 こうした状況を解決する折衷案として持ち上がったのが、「野良猫の不妊・去勢手術を無料で請け負う」というものです。野良猫同士の繁殖による子猫の増加を食い止め、同時に殺処分数を減らすというのが主な狙いになります。今後は先行してこの事業を実施している千葉市などを手本とし、150万円という限られた予算の中で最大限の結果を残せるよう尽力するとのことです。また手術の応募には、3人以上の住民が賛同し、地域の関係者と話し合うことが必要で、県衛生指導課は「猫のためにも、人間のためにも、野良猫の不妊・去勢手術は重要。地域が地域の問題と考え、事業に参加してほしい」と訴えています。

8月27日

 猛暑が続く中、節電のためクーラーを止めた室内で体調を崩した犬や猫が、熱中症の症状で動物病院に運び込まれるケースが相次いでいます。
 福岡県獣医師会によると、ペットとの同居が可能なマンションの増加に伴い、室内で飼う小型犬や猫の熱中症が増えているととのこと。直射日光が入る場所や動きにくい小さなケージの中が特に危険で、「9月末までは油断できない」と飼い主に注意を呼びかけています。 Source---Yomiuri Shimbun

8月25日

 株式会社ベネッセコーポレーションが発行する人とペットの生活総合誌「いぬのきもち」「ねこのきもち」は、公式Facebookページのオープンを記念し、愛犬・愛猫の フォトコンテストを開催します。
 公式Facebookページ 「 いぬねこてくてく powered by いぬのきもち・ねこのきもち」では、「いぬのきもち」「ねこのきもち」の表紙や誌面などに登場する犬・猫の撮影の合間のオフショットなどが紹介されます。なお2012年10月にはWebサイト「いぬねこてくてく powered by いぬのきもち・ねこのきもち」もオープン予定とのこと。
 今回は公式Facebookページのオープン記念として「いぬねこNo.1ショット フォトコンテスト」が開催されることとなりました。概要は以下。
「いぬねこNo.1ショット フォトコンテスト」概要

8月25日

 国際ペットイベント『Interpets ~人とペットの豊かな暮らしフェア~』が、2012年8月25日(土)より幕張メッセ・9ホールにて一般公開されます。
 『Interpets』は、人とペットのためのライフスタイルアイテムを世界中から集めて提案する、新時代の国際ペットイベント。第2回目となる今年は、13の国や地域から257社(うち、国内209社)が出展する予定です。

8月24日

 広島市南区の30代男性が複数の猫を虐待死させた疑いが持たれている問題で、男性は市動物管理センターのほか、動物愛護団体などから身寄りのない猫を引き取っていたことが判明しました。
 センター担当者によると、2、3、7月に男性が猫を1匹ずつ連れて帰った際は「猫好きの人」という感じで、特に不審に思わなかったとのこと。センターでは譲渡相手に誓約書を書いてもらい、飼育方法を指導すると同時に、1年後をめどに自宅への抜き打ち調査もしています。にもかかわらず起こってしまった今回の悲劇に対し佐伯所長は「(譲渡審査を)厳しくすると、引き取り手の減少につながりかねない」と板ばさみの苦悩を語っています。
 またNPO法人犬猫みなしご救援隊の中谷百里理事長は「センターから要望があれば、審査のノウハウを伝えるなど協力したい」と申し出ているそうです。しかし当事件を起こした男性は動物愛護団体などからも猫を譲り受けているため、仮にノウハウがあったとしても「慈愛に満ちた有志」と「里親詐欺」を見極めるのは難しい、という現実が浮き彫りとなりました。 Source---ChuugokuShimbun

8月24日

 ペット&ファミリー少額短期保険株式会社は、9月1日の『防災の日』にちなみ、ペットを飼っている20~70代の男女1,230人を対象に、『ペットの防災対策意識調査』(別ウィンドウ・PDF)を実施しました。
 『各自治体が指定する避難所はペットと同行避難できるかご存知ですか?』との質問に対しては、84.3%の飼い主が「知らない」と回答しており、また災害時のペットの預け先に関しては「わからない」と回答した人がが43.7%と、飼い主自身が災害時の行動に対し、十分な知識をもっていないという事実が判明しました。 災害とペットの防災(姉妹サイトより) Source---PR TIMES

8月24日

 8月22日に開かれた民主党の環境部門会議で動物愛護法改正案が了承され、生後56日以下の子犬や子猫について、繁殖業者からペット販売業者への引き渡しが禁じられる見通しになりました。
 当改正案は、親から早期に引き離すと社会性が身につかず、問題行動が多発して飼い主が飼育放棄する、という犬猫殺処分の一因を減らすことを目的としています。自民、公明、国民の生活が第一との4党実務者レベルではすでに合意され、今後、各党の正式な了承を経て、今国会で成立する見込みです。法施行後の3年間は「生後45日」、その後は「生後49日」とし、施行後5年以内に「生後56日」が適切かどうかを、環境省が改めて調査・検討するという流れになります。 Source---MainichiShimbun

8月23日

 無表情な青年・キャッツと、関羽と名付けられた3匹の拾い猫の生活を描いたカレー沢薫(かれーざわ・かおる)のギャグ漫画・「クレムリン」のアニメ化が決定しました。
 「クレムリン」はモーニングとモーニング・ツー(いずれも講談社)で連載中で、過去には一度打ち切りが決定したものの、その後再び連載が再開されるという、奇跡的な経歴を持つ異色の作品。主人公は「却津山 春雄」(きゃっつやま はるお)という無口、無表情な大学生と、血統書つきのロシアンブルーだがなぜか捨てられ、縁あって却津山に拾われた「関羽」という名の猫。なお公式サイトでは試し読みもできます。
カレー沢薫・クレムリン

8月22日

 みなしごの子犬と子猫が、動物保護施設(シェルター)で妙に意気投合しちゃった映像が話題です。
 子犬の名前は「ミルクシェイク」、子猫の名前は「マンゴー」で、2匹は南ロサンゼルスにある動物シェルターで一時保護されていました。現在は仲良く「一時預かり」さんの家に居候しており、養子縁組を待っている状態だとか。 マンゴーとミルクシェイク

8月22日

 広島県に住む30代の男性が、譲り受けた猫を殴って死なせたとして、「動物愛護法違反」と「県動物愛護管理条例違反」の疑いがもたれ、現在調査が進行中です。
 事の発端は、男性が「市から引き取った猫が死んだ」と、とある動物愛護団体へ連絡したこと。同団体は動物愛護団体のNPO法人「犬猫みなしご救援隊」へこの事態を連絡し、調査依頼を受けた救援隊が男性宅を訪問したところ、少なくとも12匹の猫を死なせたことが判明したというものです。男性は「殺すつもりはないけど殺した」、「殴り続けたら死んでいた」などと意味不明の発言をしているとのこと。また男性宅には一時、数十匹の猫がいたとされており、現在所在が分からなくなっているこれらの猫の行方にも懸念がもたれています。 Source---Sponichi Annex

8月21日

 2匹の猫のしっぽが織り成す形が奇跡的だと話題です。
 この写真はアメリカの掲示板サイトRedditに投稿されたもの。撮影したEthosExcelsiorさんは、「ギリシャでは1000枚以上の写真と撮ったけど、誰もが見たいと思うのはこの一枚だけだ」と語っています。
2匹の猫のしっぽがハートを作る

8月20日

 東京の下町。墨田区や葛飾区などの人情味ある商店の看板ネコ31匹を紹介した本『吾輩は看板猫である 東京下町篇』が好評です。
 今年4月に発売された「東京下町篇」は、昨年3月に出版され、1万7千部を売り上げた『吾輩は看板猫である』の続編に当たります。著者は文筆業の梅津有希子さん(36)で、本著の人気を受け、文藝春秋クレア局が運営する女性ポータルサイト「クレアウェブ」でも今月から「梅津有希子の商店街ネコ探訪」が開始されるとのこと。
http://crea.bunshun.jp/articles/-/1563

8月18日

 テレビ番組でおなじみの脳科学者・澤口俊之さんが、犬を飼うことにはいじめを予防する効果があると述べています。
 同氏によれば、犬と触れ合うことで“親和性ホルモン”といわれるオキシトシンの量が増え、このホルモンがストレスを緩衝し、「信頼関係」を深め、孤独感を癒してくれるとのこと。結果として心が落ち着いて他人に優しくなり、誰かをいじめるという行動に走らなくなるということです。またこのようなホルモンの分泌は猫やハムスターと触れ合っても起こらず、犬特有のものであるため、人と犬の長い共存生活が関係しているのではないか、とも推論しています。 Source---JoseiSeven

8月17日

 米ジョージア大学とNatinal Geographicは、ネコの視点から世界をのぞこうという「Kitty Cams」プロジェクトを展開しています。
 このプロジェクトは、飼いネコに小さなビデオカメラを装着させて、屋外での行動を研究するというもの。最終的には野生生物保護と、飼いネコの健康向上を目指しています。公式サイトではカメラでとらえた写真や動画が公開されています(動画は揺れによる「手振れ酔い」に要注意)。
Kitty Cams project

8月17日

 米バージニア(Virginia)州で今秋行われる上院議員選挙に、オスネコの「ハンク」(Hank)が立候補し、話題をさらっています。
 人間の候補者に対する期待感の薄さを反映してか、SNS最大手フェイスブックのおけるハンクの「いいね!」クリック数は、すでに2万を超え、YouTube上にアップされている広報動画の再生回数は20万回に達しています。 Hank For Senate

8月15日

 国連が管轄するコスタリカの大学「University for Peace」で、教室の天井から猫が降ってきたと話題です。 天から降ってきた猫

8月15日

 環境省は、福島県の警戒区域内に取り残されているペットの飼い主、およそ1000人を対象に、引き取る意思があるかどうかを直接確認するという本格的な調査に乗り出すことになりました。
 環境省などはlこれまで保護したペットを飼い主に引き渡す作業を続けてきましたが、およそ300匹については、放射性物質に汚染されているのではないかという懸念や、避難先では飼うことができないといった飼い主側の事情から、施設などに保護されたままとなっています。環境省と福島県は、原発事故前に警戒区域内で犬や猫を飼っていて、連絡先が分かった住民およそ1000人に対し、ペットを引き取る意思があるかどうかを直接確認する本格的な調査に、早ければ今月中にも初めて乗り出すということです。

8月14日

 人気TVドラマの劇場版で、「ドランクドラゴン」の塚地武雅が安めぐみと夫婦役で共演する「くろねこルーシー」の予告編がこのほど公開されました。 くろねこルーシー・予告編

8月14日

 共立製薬株式会社が運営している動物情報サイト「animaLabo」では、敬老の日特別企画と題して、「ご長寿ペットフォトコンテスト2012」を開催します。
 このコンテストは動物のご長寿も敬老の日に一緒に祝おうというコンセプトで始まったもので、昨年度の応募総数は550件を超えました。7歳以上の愛犬・愛猫を飼っている人なら誰でも参加でき、写真と長寿の秘訣などを応募するだけでOKです。なお、応募した全ての犬猫がWEBサイトとご長寿冊子「ワンニャンBOOK」に掲載させる予定とのこと。
ご長寿ペットフォトコンテスト2012
  • 募集期間2012年8月11日(ワンワン)(土)~2012年9月22日(ニャンニャン)(土)まで
  • 対象我こそは!!と思う7歳以上の愛犬・愛猫
  • 応募条件犬・猫のオーナー本人であること、など5項目。
  • 投票期間2012年9月24日(月)~2012年10月22日(月)まで
  • 当選商品ルンバ(掃除機)、デジタル一眼レフカメラなど。
  • 当選発表2012年10月29日(月)

8月13日

 絶滅の恐れがある国天然記念物ツシマヤマネコの姿が、横断水路内に設置しているヤマネコの足場「ネコ走り」で確認されました。
 「ネコ走り」はツシマヤマネコの交通事故を減らすため対馬市上対馬町舟志の主要地方道下の横断水路内に設置されているヤマネコ専用の足場。今回写真撮影に成功したのは環境省対馬野生生物保護センターが設置している自動カメラで、水路内を歩くヤマネコの姿をしっかりと捕らえています。 Source---NagasakiShimbun
絶滅の恐れがある国天然記念物ツシマヤマネコ

8月10日

 ペットフードの製造・加工・販売を行うアイシアが運営する、にゃんちゅーぶ「猫の王国TIMES」では、毎週一番多く「いいね!」を獲得した動画と画像に対し、「猫の王国セット」をプレゼントするキャンペーンを実施中です。
 応募期間は8月6日から11月4日までで、期間中であれば何回でも投稿することが可能です。8月中に受賞した人への賞品の発送は9月上旬になる予定で、9月以降に受賞した人への賞品発送は、発表日の翌週までに行う予定となっています。応募はにゃんちゅーぶの投稿フォームより。
猫の王国TIMES

8月9日

 茨城県・笠間市の動物指導センターでは小学校の夏休みにあたる8月21日から23日にかけて、命の重みを小学生にも理解してもらおうと、殺処分施設の一般公開を行う予定です。
 子どもたちに殺処分前の犬猫を見せることは「刺激が強すぎる」との意見があったものの、殺処分数全国ワーストワンとい不名誉を払拭(ふっしょく)するためには、現実を見てもらって県民の意識自体を変えなければならない、との見解も強く、今回の公開に踏み切ったそうです。
 企画した動物愛護推進員の飯塚みどりさんは「犬猫をここに入れないためには、どうすればいいのか、考えてもらいたい」と訴えています。公開時間は各日午後1時からで、1日15組程度。締め切りは10日まで。申込用紙はこちらSource---Mainichi Shimbun

8月9日

 アイドルグループ・NMB48がCMキャラクターを務める常盤薬品工業・「眠眠打破」の特設サイトでは、16人メンバーがネコに扮したスペシャル動画「ニャンニャンキャラコレクション」を公開中です。
ニャンニャンキャラコレクション

8月8日

 犬に追いかけられている猫が、信じられない方法で逃げおおせる動画が話題です。 あばよ!

8月8日

 アメリカ・ワシントン州にあるシアトル小児病院の腫瘍病棟では、病院内に缶詰状態になっている患者を励ますため、猫の写真を用いたプロジェクトを展開しています。
 プロジェクトのきっかけになったのは、骨髄移植手術を受けて1ヶ月近く入院生活を送っていた16歳の女性患者の一言。「メリー(愛猫の名前)に会えないのが一番寂しい」という彼女の訴えを聞いた病院側は、フェイスブックを通じて飼っている猫の写真を送ってほしいと世界中に呼びかけました。その結果、瞬く間に3000枚以上の写真が集まり、入院中の女性にBGM付きスライドショーとしてプレゼントされたということです。この「猫どっぷりプロジェクト」を初体験した患者は「世界から切り離されて、言いようのない孤立感を感じる時もある。そんな時にこういう猫の写真を見ると元気になれる。ありがとう、ありがとう」とブログでコメントしています。 Source---CNN Cat Immersion Project

8月7日

 ドランクドラゴンが出演して好評を博したBS日テレの番組「僕がネコに嫌われる理由 シーズン2」が、来月9月5日にDVDとして発売されることが決定しました。
 同番組は2012年5月から3回にわたって放送されたもの。異様なほど動物に嫌われるドランクドラゴン鈴木が、ネット上で人気を博するネコ達とデートをする、というのが番組の趣旨です。
 DVDでは番組で放映された本編のほか得点映像もついています。
僕がネコに嫌われる理由 シーズン2・特典
  • 番組に登場したネコちゃんたちの未公開映像をたっぷり収録した「美ネコ図鑑」
  • しゃべるねこ・しおちゃんから鈴木へのビデオレター
  • シーズン1特番「鈴木拓・大反省会~なぜ僕はネコに嫌われるのか~」
僕がネコに嫌われる理由

8月6日

 「ペット大好き!」では、猫の柄を写真に収めた「ねこがら」写真を募集しており、平凡社が刊行予定の書籍『がらねこ』(仮題)、および「ペット大好き!」公式Facebookページで公開予定です。
「ねこがら」写真を大募集
  • 募集期間=2012年7月24日~9月3日
  • 応募条件=640×480ピクセル以上
  • 応募方法=サイトフォームから
  • 注意事項=写真は飼い主本人が撮影すること

8月6日

 動物写真家の岩合光昭さん(61)が、欧州で出会った猫たちの日常を映像でとらえた「岩合光昭の世界ネコ歩き」が8月6~8日、NHKBSプレミアムで午後10時から放送されます。
 6日は「トルコ編イスタンブール」、7日は「ギリシャ編エーゲ海の島々」、8日は「イタリア編」が放映される予定です。

8月4日

 神戸市動物管理センターは8月から、これまでの犬に加え、収容した猫を希望者に引き取ってもらう譲渡制度を開始しました。
 同センターは1967年から、収容した一部の犬を譲渡していましたが、収容スペースの関係上、猫は対象外とされてきました。しかし今年度から10匹を飼える場所が確保できたため、猫の譲渡に踏み切ったとのことです。
 引き取り希望者は、各区役所などで入手できる申請用紙に記入し、同センターに提出します。譲渡の可否は、猫の完全屋内飼育、不妊去勢手術の実施などが可能な県内在住の20~73歳であることが条件です。 Source---Yomiuri Shimbun

8月2日

二足歩行で手押し車を押す猫が、じわじわと笑いを誘います。 二足歩行で押す猫

8月1日

 株式会社ディー・エヌ・エーが運営する「Mobage」(モバゲー)内にて展開中のソーシャルカードゲーム『激闘!ネコ騎士団』の会員数が20 万人を突破しました。
 『激闘!ネコ騎士団』は、裏庭の世界から飛び出した個性派のネコ達が大冒険するカードバトルゲーム。プレイヤーは世界中を探検してオリジナルネコカードを手に入れ、世界中の強豪騎士団とのバトルに勝利し、最強の騎士団を目指します。
激闘!ネコ騎士団