トップ2012年・猫ニュース一覧11月の猫ニュース

11月の猫ニュース

 2012年11月の猫に関するニュースをまとめました。一番上が最新で、下にスクロールするほど記事が古くなります。記事内にリンクが貼られていることもありますが、古い記事の場合はリンク切れの時がありますのでご了承下さい。

11月30日

 エム・ティー・オーは、ニンテンドー3DSソフト『かわいい子猫3D』を12月20日に発売すると発表しました。
かわいい子猫3Dは、昨年末に発売された『かわいい仔犬3D』に続く、MTO・3DSペット育成シリーズの第2弾。登場する子猫は人気猫種ばかりの全9種類で、毛糸の違いも入れると24種類の中から選択することが可能です。
 スクリーン中の子猫たちを擬似的に育成できるほか、気まぐれな子猫が気持ちを推理する「キモチキャッチ」や、猫の知識を高める「にゃんこ検定」、留守中の様子をビデオに録画して観察できる「留守録ビデオ」などの新要素も搭載されています。発売予定は12月20日で価格は5,040円(税込)
ニンテンドー3DSソフト『かわいい子猫3D』

11月28日

 新潟県関川村で作られている、稲わらで編んだ猫用の家「猫ちぐら」が、注文から1年待ちの大人気です。
 猫ちぐらは底の直径20~45センチ、高さ16~38センチのドーム形で、子守のために使っていた揺りかごをヒントに、1980年頃から作られるようになったものです。制作は関川村猫ちぐらの会会員約30人が担当しており、一つ仕上げるのに平均1週間かかるとのこと。現在は注文から約1年待ちの状態です。 Source---Yomiuri Shimbun
関川村猫ちぐらの会

11月28日

 九州しょうゆを販売する福萬醤油では、犬猫の健康を考えた塩分0%のスプレー式醤油「愛犬のための醤油ワンプッシュ」「ニャンコのための醤油ニャンプッシュ」を開発しました。
同商品は無塩仕込みのため塩分を一切含まず、体内では合成できない必須アミノ酸の補給をサポートしてくれるとのこと。販売はオンラインサイで価格は各840円。

11月24日

 広島市の自宅で猫を虐待したとして、動物愛護法違反の罪に問われた無職、高橋新一被告(37)に対し広島地裁は、罰金60万円判決を言い渡しました。
 判決によると高橋被告は2012年8月、広島市南区の自宅マンションで、飼い猫1匹の頭部を手で数回殴り、けがを負わせたとしています。広島市動物管理センターや虐待を通報した動物愛護団体によると、高橋被告はセンターから猫3匹を譲り受けており、また愛護団体には「飼い猫12匹を死なせた」と話しているとのこと。
 求刑6ヶ月に対して罰金刑を選んだ理由について上岡哲生裁判官は「以前にも虐待していたのに猫を譲り受けて虐待しており、動物愛護の精神が著しく欠ける」と指摘する一方、「事件後は虐待の問題を理解し、動物愛護を誓っている」としています。 Source---Sankei Shimbun

11月21日

 写真家・岩合光昭氏の写真集『ネコほけシリース』の電子書籍版が、小学館より配信開始されました。
 発売されたのは『ちょっとネコほけ 岩合光昭写真集』『そっとネコほけ 岩合光昭写真集』『ハートのしっほ 岩合光昭写真集』の3作品で、価格はいずれも735円。 BookLive!ReaderStoreなど複数の電子書店で販売中です。
写真家・岩合光昭氏の写真集『ネコほけシリース』の電子書籍版

11月16日

 犬と猫の療法食を扱うロイヤルカナンジャポンは11月12日、同社が展開する「フィーラインヘルスニュートリション」ブランドより、「過食、避妊・去勢で太りやすく適正体重の維持が難しい猫」のための総合栄養食2製品を発売します。
 今回発売されるのは12歳以上の老齢猫用の「FHN≪ステアライズド12+≫」、および「FHN≪WETステアライズド≫」の2種。いずれの商品も、避妊・去勢による肥満傾向を改善することを目的にデザインされてます。
12歳以上の老齢猫用の「FHN≪ステアライズド12+≫」、および「FHN≪WETステアライズド≫」の2種

11月16日

 2012年最高のネコ動画に賞を授与するオンラインのイベント「フリスキー賞」が開催され、グランプリ選考の模様がインターネットでライブ配信されました。
 当イベントはペットフードメーカーのPurina社がスポンサーを務めるもので、約1400本もの候補作の中から最終選考に12本が残りました。 TheFriskies Awards LIVE

11月13日

 ローマでは、2000年前の古代遺跡を発見するという大手柄を立てた猫が注目を浴びています。
 発見がなされたのは10月のある日。イタリア・ローマのピエトララータという街の近くで、2人のローマ人がいなくなった飼いネコを探していたところ、偶然骨壷や人骨を発見したということです。さっそく考古学者たちが調べてみると、なんとそれは2000年も前のものであることが判明します。結果的に迷子の猫が古代遺跡の発見に一役買った形となりました。 Source---NewsFeed TIME
迷子猫によって偶然発見された2000年前の遺跡

11月10日

 環境省は7日までに、安易なペットの飼育放棄を防ぐため、地方自治体が飼い主から犬猫の引き取りを求められた場合に拒否できる基準を明確化しました。
 引取りの拒否に関しては、すでに8月に成立した改正動物愛護管理法において、販売業者から引取りを求められた場合の基準が定められていましたが、今回の部会では、その対象が一般の飼い主にも広げられた形となります。
 具体的には、高齢や病気の他に、同じ飼い主が繰り返し犬猫を持ち込む、飼い主が避妊や去勢をしない、新たな飼い主を探す取り組みをしていないなどの具体例が拒否基準として盛り込まれています。
 また同時に、動物虐待者に対して自治体が適切に指導できるよう、虐待の定義も検討され、複数の動物を飼っている上に「異常な鳴き声や悪臭が続く」「栄養不良の個体がいる」などが確認できる場合は、虐待の恐れがあるとの規定が、新たに省令として明記されるとのこと。
 省令は今後、パブリックコメントなどを経た後に改正される予定で、公布から1年以内に施行となります。 Source---日本経済新聞

11月10日

 芸術と称し、猫を放り投げるというパフォーマンスを行ったベルギーのアーティストが、世界中から非難を浴びて謝罪する事態へと追い込まれました。
 問題を起こしたのは演出や振付などの分野でも活躍する、ベルギーの国際的な芸術家ヤン・ファーブル氏。サルバドール・ダリが行ったパフォーマンスに基づいたというその見世物は、市役所の階段をステージに見立て、上に向かって猫を放り投げるというものでした。
 その後この行為に疑問を持った一部の観客が動画を投稿サイトにアップしたところ、動画を見た世界中の人々や動物愛護団体などから批判が殺到。ファーブル氏の元には世界中から2万通もの電子メールが届き、また路上で武器を持った7人の男性に襲われるという事態にまで発展しました。
 氏は「猫を傷つけるつもりは無かった」と釈明せざるを得ない状況にまで追い込まれた一方で、批判的に報じた一部メディアに対して「誇張されている」との不満を漏らしたともされています。
天高く放り投げられる猫

11月2日

 NECビッグローブ株式会社は26日、男性愛猫家向けFacebookページ「男子ネコ部」を開設しました。
 「男子ネコ部」は、同社が提供しているSNSアプリ「ペットスマイル」に投稿された写真から、厳選したものを毎日配信するというもの。閲覧は無料で、Facebookのアカウントがあれば、コメントや「いいね!」の投稿ができ、部員として参加することも可能とのこと。 Source---NEC Biglobe