トップ2013年・猫ニュース一覧5月の猫ニュース

5月の猫ニュース

 2013年5月の猫に関するニュースをまとめました。一番上が最新で、下にスクロールするほど記事が古くなります。記事内にリンクが貼られていることもありますが、古い記事の場合はリンク切れの時がありますのでご了承下さい。

5月30日

 T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社が行った「ペットオーナー幸福度調査」により、犬の飼い主と猫の飼い主の幸福の度合いが明らかになりました。
 当調査はペットを飼っている20~70代の男女1,597人を対象に、インターネットを介して行われたもの。ペットとの生活にどの程度幸福を感じているのかについて、10点満点での採点を質問したところ、犬オーナー:8.47点・猫オーナー:8.43点(全体平均が8.46点)と、ペットオーナーが非常に高い「幸福度」を感じていることが明らかになりました。
 また、犬オーナーはペットを迎え入れてからいったん「幸福度」が低下するものの(半年~1年未満:7.83点、1年~3年未満:8.17点)、一緒に過ごす年数を重ねるに従い「幸福度」が高まる傾向が見られました(7~10年未満:8.52点、10年以上:8.62点)。一方、猫オーナーに関しては、飼育当初(8.57点)から10年を超えた時点(8.53点)まで、途中多少の上下はあるものの、おおむね安定した幸福度を見せています。 ペットオーナー幸福度調査

5月28日

 スマートフォングッズ等を扱う「Hamee」(ハミィ/旧ストラップヤネクスト) は、猫の肉球の触感を楽しめるiPhone5 専用ケース「アイキャットぷにぷに肉球ケース」を発売しました。
 弾力、質感、色合いのすべての点において本物の肉球に近づけたという同ケースのバリエーションは全部で4種類。サイズは、長さ125×幅60×厚さ19mm。同社直販サイト「Hamee ストラップヤ」などで販売されます。直販価格は1,980 円(税込)。 アイキャットぷにぷに肉球ケース
アイキャットぷにぷに肉球ケース

5月23日

 東京銀座にあるプランタン銀座で22日より、毎年恒例となる「プランタン銀座のねこ展」が始まりました。
 同展は 1992年からスタートした毎年恒例の催事で、43回目となる今回は作家20人、15店が参加し、約3000種類の猫にまつわるアート、アクセサリー、グッズが展示販売されます。
 開催時間は11時~21時(日曜は20時)、今月28日まで。サイン会の開催日時や参加条件など詳細は同展ホームページで確認できます。 プランタン銀座のねこ展
プランタン銀座のねこ展

5月17日

 銀行口座の開設や宅配便の受け取りにも使える、猫をモチーフとした「ねこ印鑑」が痛印堂から発売されています。
 痛印堂はオーダーメード印鑑の製作と販売を行っているお店。猫をモチーフとした印鑑には 「オシリネコ」「バンザイネコ」「ニャンキー」「モヒニャン」「ツリワーニャ」など15種類があり、書体は5種、印材は5種(一部のみ4種)から選択できます。 痛印堂
猫をモチーフとした「ねこ印鑑」

5月17日

 環境省は17日、全国の地方自治体が飼い主らから引き取る犬猫の数を、2023年度までに11年度の約半数にあたる年間10万匹とする動物愛護管理基本指針の改正素案を中央環境審議会の部会に示しました。
 素案にはペットを終生飼育することや、不妊や去勢手術の普及啓発を推進することなどが明記されており、安易な飼育放棄で殺処分される犬猫の数を減らすことを最終目標として掲げています。
 環境省によると、自治体が引き取った犬猫の数は1970年代には120万匹を超えていましたが、年々減少傾向にあり、2011年度でおよそ22万匹にまで減少したとのこと。

5月9日

 人の目線から町を眺めた様子を提供するGoogleストリートビューで「2本足の猫」が発見され、ネット上で話題になっています。
 画像には白い2本足の猫が激写されており、あたかも新種の猫のような印象を与えますが、これはストリートビューを撮影するときの手法が種になって生まれたマジックです。複数のカメラがついた球形の機器で撮影された画像を、後に公開用に編集しますが、パノラマ画像としてつなぎ合わせる際、胴体部分がカットされてしまったというのがオチのようです。
Googleストリートビューでたびたび目撃される「2本足の猫」

5月9日

 猫をモチーフにした手作りの雑貨や装飾品を販売するオンラインショッピングモール「晴れときどき猫」が誕生しました。
 ペット関連サービスなどを手掛ける大幸企画(横浜市中区)が発案したもので、発表の場が百貨店の催事場などに限られていた猫グッズクリエーターたちに、より広い活躍の場を与えることを目的としています。
 作品は、愛らしい猫の顔が印象的な純銀ペンダントから猫柄プリントのカットソーまで、個性色豊かなハンドメード品が取り揃えられており、獣医師によるコラムや関連ニュースなどもあります。 晴れときどき猫

5月6日

 原発から半径20キロ圏内で、ボランティアが保護した犬や猫を被写体にした写真展が5月7日~13日、東京新宿にある「エコギャラリー新宿」にて開催予定です。
 写真展は2012年9月、震災の記憶を風化させまいと福岡市で始まり、その後、名古屋市や福島県郡山市、横浜市でも行われたもの。東京では今回が初開催となり、入場は無料です。
 主催する「一般社団法人にゃんだーガード」の代表理事、本多明さんは現在、三春町に移転したシェルターにて、犬約20匹、猫約100匹を保護しており、里親への応募を呼びかけています。また実行委員長の広瀬恭輔さんは「ボランティアも少なくなっている。いまだに保護されている犬や猫がいることを忘れないで」と、動物たちへの思いを語っています。

5月1日

 京都市では、犬や猫の殺処分数削減を目指し、引き取り時間を制限を設け、悪質とみなされた場合にはペットの持ち込みを拒否するという方針を固めました。
 市は、今年9月から施行される改正動物愛護管理法により、犬猫の引き取りを自治体が拒否できるようになったことを受け、今回の方針を打ち出した模様。具体的には、業者(ペットショップやブリーダーなど)に対し売れ残った犬猫の持ち込みを拒否し、引き取り日時を現在の平日日中から週1回程度に変更。時間帯の制限や1件(頭)2千円という現行の引き取り手数料の増額も検討するとのことです。
 市は「法施行に伴う政省令など改正の状況を注視しながら要綱の内容を固め、安易な飼育放棄をいさめていきたい。来年度内に設立する京都動物愛護センターは譲渡機能を強める予定で、さまざまな方法により殺処分を減らしたい」としています。 Source---Kyoto shimbun