猫に必要なビタミン一覧

 このページは、猫に関する総合情報サイト子猫のへやの一部です。
 「最少栄養要求量」は、AAFCO(米国飼料検査官協会)が2014年に公表したものに基づいており、すべてフード100kcal中に含まれるべき最低量を示しています。またカッコ内は、成長期や妊娠・授乳期にある猫を対象とした時の数値です。通常の成猫におけるよりもやや多めのビタミンを必要としていることがわかります。なお「mg=1gの1000分の1」で、「μg=1gの100万分の1(1mgのさらに1000分の1)」、「IU=International Unit(国際単位)」です。

ビタミンA

  • 機能ロドプシン・ヨドプシンの生成、上皮細胞の分化、精子の形成、免疫作用、骨の吸収
  • 最少栄養要求量83.3IU(166.7IU)
  • 過剰症頸椎脊椎症、歯の欠落、成長の遅延、食欲不振、紅斑、長骨の骨折/許容量は8332IUまで
  • 欠乏症食欲不振、成長不良、被毛の劣化、虚弱、眼球角化症、髄液の圧力増加、精子の形成不良

ビタミンD

  • 機能カルシウムとリンの恒常性の維持、骨の形成、骨の吸収、インスリン合成、免疫機能
  • 最少栄養要求量7IU(7IU)
  • 過剰症高カルシウム血症、石灰沈着性、食欲不振、歩行障害/許容量は752IUまで
  • 欠乏症くる病、骨軟化症、骨粗しょう症、肋軟骨接合部の肥大

ビタミンE

  • 機能抗酸化作用、フリーラジカル除去
  • 最少栄養要求量1IU(1IU)
  • 過剰症血液凝固時間の増加
  • 欠乏症不妊症、皮膚病、免疫力低下、食欲不振、ミオパチー

ビタミンK

  • 機能血液凝固因子の炭酸化、骨のタンパク質であるオステオカルシンとの共同作用
  • 最少栄養要求量2.5μg(2.5μg)
  • 過剰症特になし
  • 欠乏症血液凝固時間の増加、低プロトロンビン症、出血

ビタミンB1(チアミン)

  • 機能チアミンピロリン酸の構成成分、TCAサイクルでの脱炭酸酵素反応の補酵素
  • 最少栄養要求量140μg(140μg)
  • 過剰症血圧の減少、徐脈、呼吸性の不整脈
  • 欠乏症食欲不振、運動機能障害、体重減少、多発性神経炎、心室の異常、不全麻痺、心臓の肥大、徐脈

ビタミンB2(リボフラビン)

  • 機能補酵素、酸化酵素や脱水素酵素の電子輸送
  • 最少栄養要求量100μg(100μg)
  • 過剰症特になし
  • 欠乏症成長不良、運動機能障害、皮膚病、目の化膿性分泌物、嘔吐、結膜炎、昏睡、角膜血管新生、徐脈、脂肪肝

ビタミンB3(ナイアシン)

  • 機能補酵素、エネルギー産生における水素の供与と受容
  • 最少栄養要求量1.5mg(1.5mg)
  • 過剰症血便、引きつけ
  • 欠乏症食欲不振、下痢、成長不良、軟口蓋潰瘍、舌の壊死、舌の発赤、舌の潰瘍、口角症、ヨダレを垂れ流す

ビタミンB6(ピリドキシン)

  • 機能神経炎立つ物質の合成、トリプトファンからのナイアシン合成、ヘム・タウリン・カルニチンの合成
  • 最少栄養要求量100μg(100μg)
  • 過剰症食欲不振、運動障害
  • 欠乏症食欲不振、成長不良、体重減少、小赤血球低色素性貧血、痙攣、尿細管の萎縮、オキザロカルシウム結晶の生成

ビタミン12(コバラミン)

  • 機能プロピオン酸の代謝における補酵素、ロイシンの合成と分解
  • 最少栄養要求量0.5μg(0.5μg)
  • 過剰症反射の変化
  • 欠乏症成長の停止、メチルマロン酸尿症、貧血

ビタミンC

  • 機能水酸化酵素反応の補因子、コラーゲンとカルニチンの合成、鉄の吸収促進、フリーラジカルの除去、抗酸化作用
  • 最少栄養要求量犬猫は体内で合成可能
  • 過剰症特になし
  • 欠乏症特になし

パントテン酸

  • 機能補酵素の前駆体、TCAカイロにおける脂質・炭水化物・タンパク質の代謝、コレステロールの合成、トリグリセリドの合成
  • 最少栄養要求量144μg(144μg)
  • 過剰症特になし
  • 欠乏症体重減少、脂肪肝、成長不良、血清コレステロールと脂質の減少、昏睡

ビタミンM(葉酸)

  • 機能ホモシスチンからメチオニンの合成、プリン合成、DNA産生
  • 最少栄養要求量20μg(20μg)
  • 過剰症特になし
  • 欠乏症食欲不振、体重減少、舌炎、白血球減少、低色素性貧血、血液凝固時間の増加、血清鉄の増加、巨赤芽球性貧血、腹腔内での硫酸塩の合成阻害、抗癌薬との拮抗作用

ビオチン

  • 機能カルボキシラーゼを構成する
  • 最少栄養要求量1.8μg(1.8μg)
  • 過剰症特になし
  • 欠乏症尿両過多、脱毛、目・鼻・口の渇き、唾液の過剰分泌、食欲不振、血便、下痢

コリン

  • 機能膜に存在するホスファチジールコリンの構成成分、神経伝達性アセチルコリンの構成成分
  • 最少栄養要求量60mg(60mg)
  • 過剰症特になし
  • 欠乏症脂肪肝、プロトロンビン時間の延長、胸腺の委縮、成長の遅延、食欲不振、肝小葉周辺の浸潤

タウリン

  • 機能胆汁酸と結合、消化を促進、神経伝達物質の生成
  • 最少栄養要求量25mg(25mg)
  • 過剰症特になし
  • 欠乏症進行性網膜萎縮、心筋症、繁殖能力や成長の阻害