トップ有名な猫一覧保持記録で有名な猫ミャオ

ミャオ

 21世紀最大のデブとして有名な猫「ミャオ」について解説します。

ミャオとは?

 ミャオ(2010~2012)は、21世紀中最も太っていたとして記録されている猫。体重は18キログラム。
猫の18キロは、21世紀中では最大のデブ記録  2012年4月、87歳になる飼い主が面倒を見切れなくなり、アメリカ・ニューメキシコ州のサンタフェにあるアニマルシェルターに引き取られました。彼はあまりにも太っていたため、シェルターで厳密な高タンパク食によるダイエットに挑戦し、0.9キログラムの減量に成功します。
 しかし、さらなる減量を達成しようとFacebookページを作ってダイエット日記を公開した矢先の5月2日、呼吸に乱れが生じ始めます。症状は深刻で、酸素吸入が施されましたが、シェルターに移り住んでわずか2週間後の2012年5月5日、呼吸器不全で他界しました。
 なお21世紀に限定せず、史上最も太った猫の記録は、オーストラリア・クイーンズランドに住んでいた「ヒミー」というオス猫で、体重は21.3キログラムでした。1986年、彼が10歳のとき、やはり呼吸器不全で死んでいます。これ以降、「最も重いペットの記録」がギネスレコードとして公開されなくなったのは、飼い主による無節操なエサやりに歯止めを掛けるためです。 Meow(Cat) Cat World

ミャオの写真・動画

 以下でご紹介するのは、21世紀最大のデブとして有名な猫「ミャオ」の写真と動画です。 人間に抱かれると、ミャオがいかに太っているかがわかりやすい
 サンタフェのアニマルシェルターで、獣医師のジェニファー・ステックティさんに抱かれるミャオ。高齢の飼い主による無節操なエサやりにより、極度の肥満に陥った。写真の出典はこちら
本来過食が少ない猫が太るということは、それ自体が珍しい
 猫好きで知られるCNNキャスターのアンダーソン・クーパーに抱かれるミャオ。通常猫は自分に必要なカロリーを本能的に知っており、過食は少ない。写真の出典はこちら
デブ猫・ミャオ
 以下でご紹介するのは、CNNキャスターのアンダーソン・クーパーがデブ猫ミャオと対面したときの動画です。 元動画は⇒こちら