トップ有名な猫一覧選挙に立候補した猫モリス

モリス(メキシコ)

 メキシコのハラパ市長選に出馬したことで有名な猫「モリス」について解説します。

モリスとは?

 モリスは、メキシコ・ヴェラクルス州の州都ハラパにおいて開催された市長選に立候補した猫。なお、アメリカ大統領選に立候補したモリスは全く別の猫です。
猫の立候補には、「人に投票するくらいなら猫に投票したほうがまし」という政治的な皮肉がこめられている。  メキシコ東部の都市ハラパは、ここ数年「ラット」(ねずみ)と揶揄される汚職議員たちによって牛耳られてきました。こうした状況にうんざりしていたのが、モリスの飼い主であるセルジオ・カマチョ氏と友人らからなるグループ。彼らは「ハラパをねずみのいない都市に」という強烈な皮肉をスローガンに、猫のモリスを市長選に立候補させます。
 モリスはステッカーやTシャツを販売して得た選挙資金を、動物保護施設に寄付することを公約。これにより、日頃から腐敗した政治家にうんざりしていた市民のみならず、動物愛護者をも味方につけ、Facebookでは他の候補者たちを凌ぐ「Likes」を獲得するようになりました。さらにアラスカ・タルキートナの名誉市長・猫のスタッブスからも、Facebookを通して応援のメッセージが届き、ますます勢いづきます。
 実際の選挙ではもちろん人間が当選しましたが、「自分たちの代表と呼べる人がいないなら、猫にでも投票してしまえ」という市民らのスタンスは、行政に届いたことでしょう。 TIME NewsFeed DAILY NEWS

モリスの写真・動画

 以下でご紹介するのは、メキシコのハラパ市長選に出馬したことで有名な猫「モリス」の写真と動画です。 普段のモリスの様子
 猫のモリスに刺激を受けてか、2013年7月7日に14の州で同時開催された選挙では、ロバ、ニワトリ、犬など様々な動物たちが立候補するという異例の事態が起こった。写真の出典はこちら
ハラパ市長選におけるモリスの選挙ポスター
 モリスの選挙ポスター。選挙管理委員会は、モリスの名を書いたりモリスの絵を描いたりした票は、全て無効になると忠告。にもかかわらず、「寝て食べてあくびして遊ぶ」ことを公約として掲げた彼は、かなりの票を集めた。 写真の出典はこちら
モリスへのインタビュー
 以下でご紹介するのは、市長選においてモリス陣営が公開した映像です。 元動画は⇒こちら