トップ有名な猫一覧選挙に立候補した猫スタッブス

スタッブス

 アラスカ・タルキートナの名誉市長として有名な猫「スタッブス」について解説します。

スタッブスとは?

 スタッブスは、1997年7月からアラスカ・タルキートナ地区の名誉市長を務めている猫。
タルキートナ地区では市長職が形骸化しているため、スタッブスのような猫でも名誉市長になれる  1997年4月生まれの彼は、タルキートナにあるナグリー雑貨店の駐車場に、兄弟猫と共に捨てられていました。店主であるローリ・ステックは、しっぽのなかった子猫を選び「スタッブス」と名づけ、育てることにします。
 その年の7月、住民たちが面白半分で、まだ子猫だったスタッブスを名誉市長に選出してしまいます。こうした冗談めいた結果が実現した理由は、タルキートナ地区が国勢調査のために便宜上作られた地域であり、地区評議会や自治会長はいるものの、そもそも市長が存在していないためです。
 スタッブスが名誉市長に当選したという噂は徐々に広まり、彼を目当てにアラスカを訪れる観光客まで現れ出しました。現在では1日30~40人ほど、年間では1,000人以上の旅行客を、スタッブスが呼び寄せているという勘定になります。 アラスカ・タルキートナにある「Nagley's Store」の外観  2015年にはナグリー雑貨店のオーナーが変わりましたが、契約の中には「スタッブスをそのまま店で飼うこと」が盛り込まれていました。引き続き看板猫としての役割を与えられた彼の人気は衰えを知らず、来客4人中3人は「市長はどこ?」と聞いてきたそうです。しかし2016年に入った頃から店先に顔を出す機会がめっきり減り、秋頃になるとほとんど店に出なくなったといいます。
 2017年に入り、TV出演を何度かこなしたスタッブスでしたが、どちらかと言えば家の中でごろ寝をすることを好み、外に出ることはほとんどなくなりました。そして7月21日、同居していた子猫の「オーロラ」と一緒に寝たのを最後に息を引き取り、20歳3ヶ月の生涯に幕を閉じました。 Stubbs(cat) KTUU.COM Mayor Stubbs;1997-2017

スタッブスの写真・動画

 以下でご紹介するのは、アラスカ・タルキートナの名誉市長として有名な猫「スタッブス」の写真と動画です。 ナグリー雑貨店でくつろぐ名誉市長のスタッブス
 スタッブスの信頼は厚く、2012年にはアメリカ大統領選挙に立候補した猫のモリスの副大統領候補として指名されている。 写真の出典はこちら
犬に襲われて入院生活を余儀なくされたスタッブス名誉市長
 2013年8月31日未明、犬に襲われて肺に穴が空き、胸骨を骨折するという大怪我を負ってしまったスタッブス名誉市長。幸い一命は取り留めたものの、この怪我で9日間の入院を余儀なくされた。スタッブスの放浪癖は昨日今日始まった話ではなく、過去には悪ガキにBB弾で撃たれたり、レストランのフライヤーに落ちたり、トラックに紛れ込んで市外まで遠出してしまったこともあるという。 写真の出典はこちら
名誉市長スタッブス
 そもそもスタッブスが市長に選出された理由は、人間の立候補者の中にピンと来る人がいなかったということらしい。 元動画は⇒こちら