トップ有名な猫一覧有名なマスコット猫ソックス

ソックス

 ホワイトハウスの人気者として有名な猫「ソックス」について解説します。

ソックスとは?

 ソックス(1989~2009)は、アメリカ合衆国第42代大統領ビル・クリントンの任期中、ホワイトハウスでペットとして飼われていた猫。週に7万5千通を超える手紙や小包が届いたといわれており、ホワイトハウスで飼われた歴代の動物の中で、最も人気が高かったとされます。
クリントン政権時代の「ファースト・ペット」、猫のソックス  1991年、大統領の娘であるチェルシー・クリントンが、アーカンサスにあるピアノ教室から帰る途中、腕の中に飛び込んできたことが、ソックスとクリントン家との出会いだったといいます。チェルシーの父親であるビルが大統領に当選してからは、家族と共にホワイトハウスへ引越し、「ファースト・ペット」として可愛がられました。当時のホワイトハウスのウェブサイトでは、アニメ化されたソックスが案内役を務めるという趣向が凝らされていたほどです。
 ところが1997年、ラブラドールレトリバーの「バディ」がホワイトハウスにやってくると、ソックスは「ファースト・ペット」の座を奪われてしまいます。そのことを根にもってか、2匹の距離が縮まることは生涯なかったとのこと。
 2001年に大統領の任期が終了すると、犬のバディはクリントン一家の元へ、そして猫のソックスは大統領秘書であったベティ・カリーの元へ引き取られました。
 最後はガンを患いましたが、2009年、20歳という長寿を全うしています。なお、ヒラリー・クリントンが1998年に書いた本の中では、実際に子供から届いたソックス宛の手紙が50通以上紹介されています。 Socks(cat) Pur'n'Fur

ソックスの写真・動画

 以下でご紹介するのは、ホワイトハウスの人気者として有名な猫「ソックス」の写真と動画です。 記者会見に臨む猫のソックス
 クリントン政権下の2000年、記者団に対するカンファレンスで登壇したソックス。写真の出典はこちら
ソックスと、新しい飼い主となったベティ・カリー女史のツーショット写真
 ホワイトハウスのオフィスにおけるソックスとベティ・カリー。同居犬バディとの仲があまりにも悪かったため、ソックスはやむなくクリントン一家とは離別し、大統領の秘書だったベティに引き取られた。写真の出典はこちら
ソックスとバディ
 以下でご紹介するのは、ホワイトハウスでクリントン元大統領と戯れるソックスの映像です。映像を提供しているのはホワイトハウス公式の「White House Television」。 元動画は⇒こちら