トップ猫の心を知る猫の心を読む訓練猫のストレススコア

猫のストレススコア・完全ガイド~満足と欲求不満は顔と体を見ればわかる!

 猫は満足と欲求不満(不満足)を表情や体を通してはっきりと人間に伝えています。ではいったい、猫が見せるどのようなサインに注目すればそれが分かるのでしょうか?写真を交えながら詳しく解説します。

猫のストレススコアとは?

 「猫のストレススコア」(Cat-Stress-Score, CSS)とは、猫の姿勢や表情からストレスの度合いを予測するために、アメリカのMcCuneが1994年に考案したものです。 猫のストレススコア一覧表 猫の典型的な姿勢でご紹介したLeyhausenの「猫の姿勢図」が16パターンに細分されているのに対し、この「CSS」は7パターンとかなりシンプルなもので、「ストレス」という点に主眼が置かれています。 猫のストレススコア(HTML) 猫のストレススコア(PDF)

姿勢から見るストレススコア

 ストレスの度合いと猫の姿勢の相関関係を、写真を用いて解説します。ご自身のペット猫のほか、野良猫、猫カフェの猫など、さまざまな場所における猫の気持ちを察するときのヒントになってくれます。

ゴロ寝

 「ゴロ寝」とは、両手両足を伸ばしきって完全に脱力しておなかを見せた姿勢のことです。家の中で完全にリラックスしているとき、もしくは気温が22度を越えて暑いときなどによく観察されます。「猫のストレススコア」でいうと「非常にリラックス」に相当するでしょう。 ゴロ寝しているときの猫の姿勢

横寝

 「横寝」とは、体の側面を地面に付けて寝た姿勢のことです。両手両足は地面に接触しておらず、リラックスしていることは間違いないものの、「ゴロ寝」ほどではありません。「猫のストレススコア」でいうと「非常にリラックス」~「ややリラックス」くらいに相当するでしょう。 横寝しているときの猫の姿勢

横座り

 「横座り」とは、前足を地面に接地し、後足は横に投げ出した姿勢のことです。ちょうど着物を着た女性が、足を崩した姿勢に似ています。下半身はリラックスしているものの、上半身の覚醒レベルは高く、不測の事態に対応できるよう、頭を垂直に立てています。「猫のストレススコア」でいうと「ややリラックス」に相当するでしょう。 横座りしているときの猫の姿勢

香箱座り

 「香箱座り」(こうばこずわり)とは、両手両足を折りたたんで座り、さらに前足の手首から先を折りたたんで体の下に挟み込んだ姿勢のことです。お香を入れる「香箱」に似ていることから、日本では「香箱座り」と呼ばれていますが、欧米ではカット前の食パンに似ていることから「Loaf」と呼ばれます。前足はリラックスしているものの、後足は地面に付けており、いつでも動けるような体勢を保っています。「猫のストレススコア」でいうと「ややリラックス」程度に相当するでしょう。 香箱座りしているときの猫の姿勢

スフィンクス座り

 「スフィンクス座り」とは、両手両足を折りたたんで座った姿勢のことです。上記「香箱座り」との違いは、前足を体の下に入れておらず、地面に接地しているという点です。香箱座りの状態よりもすばやく行動に移ることができます。「猫のストレススコア」でいうと「ややリラックス」~「やや緊張」程度に相当するでしょう。 スフィンクス座りしているときの猫の姿勢

三つ指

 「三つ指」とは、後足を折りたたみ、前足を伸ばした姿勢のことです。ちょうど旅館の女将さんが、三つ指を付いてお客さんに挨拶するときの姿勢に似ています。「猫のストレススコア」でいうと「やや緊張」程度に相当するでしょう。 三つ指ついて座っているときの猫の姿勢

四つ足

 「四つ足」とは、両手両足の関節を伸ばし、地面に接地している姿勢のことです。不測の事態に備え、今すぐにでも走り出すことができますので、覚醒レベルはかなり高い状態にあります。「猫のストレススコア」でいうと「やや緊張」~「非常に緊張」程度に相当するでしょう。 四つ足で立っているときの猫の姿勢

尻込み

 「尻込み」とは、両手両足の関節を曲げて縮こまり、しっぽを丸めてうずくまった姿勢のことです。自分の体を小さく見せることで、相手の戦闘意欲を萎えさせようとしています。子猫や臆病な猫、動物病院に連れてこられたばかりの猫などでよく観察されます。「猫のストレススコア」でいうと「怖がっている」~「非常に怖がっている」程度に相当するでしょう。 尻込みしているときの猫の姿勢

ハロウィン

 「ハロウィン」とは、両手両足の関節を伸ばし、さらに背中の毛を逆立てた姿勢のことです。ハロウィン状態になっているときの猫の姿勢 自分の体を大きく見せることで「自分は強いんだぞ!」と相手を牽制しています。恐怖が極限に達したときや、発情期でオス同士がいがみ合っているときなどによく見られます。「猫のストレススコア」でいうと「恐れおののいている」に相当するでしょう。

表情から見るストレススコア

 ストレスの度合いと猫の表情の相関関係を、写真を用いて解説します。猫は表情が乏しい動物と思われがちですが、必要最小限のことくらいは顔を通じて伝えようとしています。

寝顔

 「寝顔」(ねがお)とは、文字通り猫が寝ているときの表情です。目を閉じて完全に脱力しています。まぶたの裏で眼球がコロコロと動いているようなときは、「REM睡眠」中で、何か夢を見ているのかもしれません。「猫のストレススコア」でいうと「非常にリラックス」に相当するでしょう。 猫の寝顔

とろん顔

 「とろん顔」とは、まぶたを半ば閉じ、目頭から第三眼瞼(だいさんがんけん=白いまぶたのような膜)が飛び出した状態のことです。日向ぼっこしているときや、人になでられて余りにも気持ち良いときなどに、よくこの表情を見せます。「猫のストレススコア」でいうと「非常にリラックス」に相当するでしょう。 猫のとろん顔

まったり顔

 「まったり顔」とは、まぶたを半ば閉じ、ぼーっとした表情のことです。脱力はしていますが、「寝顔」や「とろん顔」ほどではありません。眠いときや、人間になでられているとき、猫同士でグルーミングしているときなどによく見られます。のどは鳴らしたり鳴らさなかったりです。「猫のストレススコア」でいうと「ややリラックス」程度に相当するでしょう。ちなみにネット上では、「目を半分閉じる」という仕草を愛情表現として解釈している人が多いようですが、ビデオ録画を用いて詳細に観察したところ、状況によってはフラストレーションを意味している可能性が示されています。詳しくはこちらの記事をご参照ください。 猫のまったり顔

真顔

 「真顔」とは、猫が覚醒し、気持ちがニュートラルなときに見せる表情です。まぶたと瞳孔の開き方が中程度という点が特徴でしょう。また耳やひげにも緊張が見られません。「猫のストレススコア」でいうと「ややリラックス」~「やや緊張」の間のどこかに相当するでしょう。 猫の真顔

びっくり顔

 「びっくり顔」とは、まぶたと瞳孔が大きく開かれた表情のことです。「あれは何だ?」と好奇心を抱いたときや、「変な奴が来た!」と警戒心を抱いたときなどによく見られます。ひげも前方に傾くことが多くなります。「猫のストレススコア」でいうと「やや緊張」に相当するでしょう。 猫のびっくり顔

悪魔顔

 「悪魔顔」(あくまがお)とは、まるで悪魔の角のように耳を横に向けてピンととがらせ、瞳孔を目一杯に開いた表情のことです。人間で言うと、眉をひそめてしかめっ面をした状態に近く、しつこくなで続けたときなどによく観察されます。「猫のストレススコア」でいうと「非常に緊張」~「怖がっている」程度に相当するでしょう。ちなみにこの特徴的な耳の形には「イカ耳」や「船耳」など、様々な呼び方があります。 猫の悪魔顔

はったり顔

 「はったり顔」とは、耳を寝かせて瞳孔を開き、犬歯を見せて「シャー!」という威嚇音を発する状態のことです。相手を牽制しているものの、瞳孔が目一杯に開いていることから、「怒ってるんだぞ!…本当は怖いけど」といった「はったり」に近い心理状態だと考えられます。「猫のストレススコア」でいうと「怖がっている」に相当するでしょう。 猫のはったり顔

怒り顔

 「怒り顔」とは、耳を寝かせて後方に引きつけ、犬歯を見せて「シャー!」という威嚇音を発する状態のことです。猫の怒り顔 上記「はったり顔」とは違い、瞳孔が収縮して攻撃する気満々であることから、怒りの本気度はかなり高いものとなります。「猫のストレススコア」でいうと「恐れおののいている」に相当するでしょう。