トップ猫の健康と病気猫にとって危険な有毒植物さ行に属する有毒植物

さ行に属する有毒植物

 あ行に属する、猫にとって毒となる植物・写真付き一覧リストです。赤字で示したものが命を落とす危険すらある大変危険な植物、そして青字で示したのが体調不良に陥る危険な植物です。ここでは比較的有名な植物を列挙しましたが、ここに記載されていない植物が安全ということではありません。まず、「得体の知れない植物は猫の口に入れさせない」という習慣を作ることが重要です。なお猫をハッピーにする多幸感効果をもった「またたび」については猫へのまたたびの与え方、猫が食べても安全な「猫草」については猫草の種類と育て方で詳しくまとめてありますのでそちらをご参照下さい。
猫に危険な有毒植物 サツキ サツキの画像  ツツジ科の植物。山奥の岩肌などに自生しており、盆栽などで親しまれている。蜜に含まれるグラヤノトキシンという成分により、よだれ、嘔吐、下痢、視力障害、筋力低下、徐脈、痙攣、昏睡、などの症状をきたす。
猫に危険な有毒植物 シキミ シキミの画像  シキミ科の常緑高木。花や葉、実、さらに根から茎にいたる全てが毒。植物体全体にアニサチンなどの有毒物質を含み、特に果実に多く、食べれば死亡する可能性がある程度に有毒である。誤食事故が多いため、シキミの実は植物としては唯一、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。
猫に危険な有毒植物 シクラメン シクラメンの画像  サクラソウ科シクラメン属に属する多年草。和名は「豚の饅頭(ブタノマンジュウ)」と「篝火草(カガリビバナ)」の二種類がある。嘔吐、下痢、胃腸炎などの症状をきたす。 体内に多量に入ると神経症状を起こして死に至るケースもある。
猫に危険な有毒植物 ジャガイモ ジャガイモの画像  ナス科ナス属の植物。地下茎を食品として利用する。特に芽に含まれる「ソラニン」等の成分により、嘔吐、腹部の痛み、血便、、下痢、めまい、口内の乾燥、呼吸困難、けいれん、麻痺などの神経症状、心筋梗塞などに進行し、死ぬこともある。人間でもジャガイモの芽だけを多量に摂取すると死ぬこともある。
猫に危険な有毒植物 シャクナゲ シャクナゲの画像  ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の低木の総称で「石楠花」と書く。葉に含まれるグラヤノトキシンにより、よだれ、嘔吐、下痢、視力障害、筋力低下、徐脈、痙攣、昏睡、などの症状をきたす。
猫に危険な有毒植物 シュロソウ シュロソウの画像  ユリ科の多年草。尿細管変性を起こし、 嘔吐、下痢、脱水症状、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、手足のしびれ、循環不全、全身麻痺などの症状をきたすし、死亡することもある。
猫に危険な有毒植物 スイセン スイセンの画像  ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)の属のひとつ。特に球根に含まれるリコリンという成分により、食べてすぐ嘔吐、下痢、腹痛、よだれ、血圧低下、心不全などの症状をきたす。重症例では昏睡、麻痺などの症状の後、死に至ることもある。
猫に危険な有毒植物 スズラン スズランの画像  ユリ科(APG植物分類体系ではクサスギカズラ科)スズラン属に属する多年草の総称。コンバラトキシン、コンバラトキソールなどの成分により、食べてから数時間後に不整脈、吐き気、下痢、腹部の痛みなどの症状をきたす。異常な興奮の後、昏睡に陥り、心不全をおこし死ぬこともある。
猫に危険な有毒植物 スモモ スモモの画像  バラ科サクラ属の落葉小高木。また、その果実のこと。「スモモも桃も桃のうち」という言葉が有るが、桃とは異なる種である。未成熟の果実、種子の中身を誤食すると呼吸困難、虚脱、ケイレンをきたす。
猫に危険な有毒植物 セイヨウキョウチクトウ セイヨウキョウチクトウの画像  キョウチクトウ科キョウチクトウ属の植物。キョウチクトウ(Nerium indicum、インド原産)とは亜種の関係とする説もある。全草に毒を含み、誤食すると嘔吐、腹痛、頭痛、血圧低下、呼吸困難、ケイレン、意識不明、心臓麻痺などの症状をきたす。
猫に危険な有毒植物 センダン センダン	の画像  ムクロジ目・センダン科の植物の一種。嘔吐、よだれ、下痢、胃炎、けいれん、運動失調、呼吸停止、心停止などの症状をきたす。人間を始めとする哺乳類でも死亡例がある。
猫に危険な有毒植物 ソテツ ソテツの画像  裸子植物ソテツ科の常緑低木。沖縄県や鹿児島県奄美群島では、飢饉の際に食料としてソテツを食し、飢えをしのいだとの伝承もあるが、毒にやられて苦しむ人が出て「ソテツ地獄」という言葉が生まれたとか。嘔吐、腹痛、腎不全、黄疸、肝不全、運動失調、昏睡、けいれんなどの症状を、食べてから12時間以内に発症し、死に至ることもある。
猫に危険な有毒植物 サクランボ サクランボの画像  バラ科サクラ属の落葉高木、およびその果実。種子を誤食すると呼吸困難、虚脱、チック症状やけいれんをおこすことがある。
猫に危険な有毒植物 ザクロ ザクロの画像  ザクロ科ザクロ属の落葉小高木、また、その果実。乾燥させた樹皮または根皮は、生薬名として「石榴皮」(ザクロヒまたはセキリュウヒ)といい、古くから条虫などの駆虫薬として用いられてきた。誤食すると嘔吐、下痢、胃炎、めまい、運動失調、精神混乱、失神、中枢神経麻痺などをきたす。
猫に危険な有毒植物 サトイモ サトイモの画像  サトイモ科の植物。里芋を洗うと手が痒くなるが、これは茎や球茎にシュウ酸カルシウムの結晶が含まれているためである。誤食すると口内炎、舌炎、よだれ、皮膚炎などを招く。
猫に危険な有毒植物 シャクヤク シャクヤクの画像  ボタン科の多年草。根には配糖体であるペオネフリン、アルカロイドであるペオニンが含まれ、消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれん作用があるため生薬として利用されるが、誤食すると嘔吐、胃腸障害、血圧低下を招く。
猫に危険な有毒植物 ショウブ ショウブの画像 サトイモ科の、ショウブ属の植物。芳香のある根茎を風呂に入れて菖蒲湯としたり、漢方薬(白菖、菖蒲根)としても用いる。しかし葉を誤食すると口内炎、舌炎、皮膚炎を招く。
猫に危険な有毒植物 ジンチョウゲ ジンチョウゲの画像  ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木。赤く丸い果実をつけるが、有毒である。花の煎じ汁は、歯痛・口内炎などの民間薬として使われる。花や葉を誤食すると口腔内の水疱、浮腫、よだれ、嘔吐、腹痛、血便などを招く。
猫に危険な有毒植物 スイートピー スイートピーの画像  マメ科レンリソウ属の植物。有毒植物であり、成分はアミノプロピオニトリルで、豆と莢に多く含まれる。多食すれば頚髄麻痺を引き起こし、歩行などに影響が出ることがある。ちなみに赤色のスイートピーは、「赤いスイートピー」が発売された1982年当時は存在していなかった。
猫に危険な有毒植物 スパシフィラム スパシフィラムの画像  サトイモ科の属の一つ。30種程度が知られる。スパティフィラムとも。観葉植物として用いられるが、葉を誤食すると口内炎、よだれ、皮膚炎などを招く。
猫に危険な有毒植物 セイヨウキヅタ セイヨウキヅタの画像  キヅタ属(木蔦属、学名:Hedera)はウコギ科の属の一つ。常緑のつる性植物で葉が美しいものがあり、観葉植物にされるものもある。セイヨウキヅタは「アイビー(ivy)」とも呼ばれ、葉や果実を誤食すると嘔吐、下痢、腹痛、口渇、皮膚炎を招く。
さ行に属する有毒植物トップへ