トップ猫の栄養と食事猫へのまたたびの与え方

猫へのまたたびの与え方

 「猫にマタタビ」のことわざに代表されるように、古くからまたたびは猫の大好物として知られていました。効果や危険性をしっかりと理解し、正しい与え方をマスターして猫の生活を豊かにしてあげましょう。

またたびの効果と危険性

 またたびとは、マタタビ科マタタビ属の木で、学名は「Actinidia polygama」、漢字では「木天蓼」と書きます。 またたびの実に虫が侵入するとボコボコに変形した虫えい果ができる  花が咲く前の5月頃、蕾(つぼみ)の中にハエの一種であるまたたびミタマバエが卵を産み付けると、正常な楕円形の実がならず、ボコボコしたコブ状の実が形成され、「虫えい果」(ちゅうえいか, 虫こぶとも)と呼ばれるようになります。古くからこの虫こぶは、乾燥させると木天蓼(もくてんりょう)という名で人間用の生薬になると同時に、猫に多幸感を引き起こすことが知られていました。

猫に対する効果

 またたびの木には幹、枝、葉、実などが含まれますが、興味深いことに猫に対して強烈な恍惚感を引き起こすのは、またたびの実の中でもハエによって形が歪(いびつ)になった「虫こぶ」(虫えい果)だけのようです。虫こぶの粉末(いわゆるまたたびパウダー)の匂いを嗅ぐと、よだれを垂らす、頬やあごを擦り付ける、寝転がって体をくねらせる、背中から腰にかけての皮膚が波打つ、大声で鳴きわめくといった陶酔反応を5~15分間見せます。
 以下でご紹介するのは、またたびをなめて酔っ払ったような状態になる猫たちの動画です。横に寝そべって顔を擦り付け、体をくねくねねじるといった特徴的な行動を観察できます。 元動画は⇒こちら
 2016年、9頭の猫を対象としてまたたびの各部位がどのような効果を発揮するのかがアメリカの調査チームによって調査されました(→Bol, 2016)。結果は以下です。
またたびの部位別効果
  • 虫こぶ8頭が反応し、顔を接触させている時間は中央値で104秒
  • 未加工の実に対してもパウダーにした実に対しても反応した猫はおらず、顔を接触させている時間は中央値で13秒
  • ウッドチップここで言う「ウッドチップ」は、虫こぶがないまたたびの木を削ったもので、1頭だけが反応した
  • ここでいう「葉」は虫こぶがないまたたびからとった葉のことで、1頭も反応しなかった
 こうした事実から、猫に対する誘引効果を持つのはもっぱら「虫こぶ」である可能性が高まりました。
 またたび同様、猫に対する多幸感効果を持つイヌハッカ(キャットニップ)の場合、植物につく害虫を追い払うため「ネペタラクトン」の生成量が増えるといいます。またたびにおいても同様のメカニズムが働き、蕾の中に侵入したマタタビミタマバエの卵や幼虫をなんとかして追い払うため、防虫成分(猫にとっては多幸感成分)が活発に作られるのかもしれません。

人間に対する効能

 猫に対して効果を発揮するのは「虫えい果」であることがわかりましたが、実は人間用の生薬(しょうやく=原料のままほとんど加工しない漢方薬)の原料として用いられるのも同じく虫えい果です。またたび茶やまたたび酒という形で飲まれ、報告されている効能としては以下のようなものがあります。
人間へのまたたびの効能
  • 体を温める
  • 滋養強壮
  • 利尿
  • 免疫力増強
  • 生活習慣病予防
 ボコボコした虫えい果ではなく、表面がツルッとした正常な実は熟しても辛味や苦味が強いため、塩漬けにして食べられます。ただしこちらは生薬ではなく単なるお漬物です。

またたびの危険性

 そもそもまたたびは猫に対して安全なのでしょうか?もし安全だとすると、与えても大丈夫なまたたびの量は1日どのくらいなのでしょうか?実はまたたびをあげすぎると猫がどうなるのかという疑問に関する調査は全くといってよいほど行われていません。過去に行われたいくつかの調査報告から考えてみましょう。

そもそもまたたびは安全?

 またたびの安全性に関するヒントとしては、2010年にオクラホマ州立大学の調査チームが行った調査があります(→Abramson, 2010)。調査チームが1973年以降に公表されたまたたびに関する英語圏の研究論文をしらみつぶしに調べてみたところ、またたびが猫に害を与えるという証拠は何一つ見つからなかったそうです。
猫の帝王とも呼ばれたドイツの動物学者パウルライハウゼン(Paul Leyhausen)  そして「またたびは猫の脳にダメージを与える」という都市伝説の出どころが、ドイツの動物学者パウル・ライハウゼンが1973年のシンポジウムで述べた逸話的な報告であることを突き止めました。大まかな内容は「大阪動物園で大型のネコ科動物にまたたび与えたところ、実験者の姿を見るやいなや、食事すら中断して檻の前に近づきまたたびの匂いを欲しがるようになった。脳に対する何らかのダメージがあるかもしれない」といったものです。しかしこの報告は科学的な手法に則って行われたものではなく、単なる観察の結果です。
 その後この逸話は10を超える様々な書籍の中で繰り返し引用されるようになり、いつしか事実として定着してしまいました。こうした伝言ゲームの結果が「またたびは猫の脳にダメージを与える」という都市伝説だと考えられます。ですから現時点では、またたびが猫の脳にダメージを与えるという逸話には、少なくとも科学的な根拠がないと考えてよいでしょう。

またたびで中毒になる?

 日本国内においても「またたびで中毒に陥った」とか「またたびは猫の中枢神経を麻痺させる」といった表現をネット上で非常によく目にします。中には「またたびを摂りすぎて死んでしまった」といったものすらあるようです。しかし誰一人として出典や医学的な証拠を明示していないことから考えると、これもライハウゼンに端を発する伝言ゲームの一部なのだと考えられます。あるいは浮世絵に描かれた猫の姿などから想像を膨らませた結果なのかもしれません。 月岡芳年作「猫鼠合戦」(1859年)~またたびに夢中になる猫の姿を確認できる  またたびが猫の脳に与える影響を具体的に調べてみると、「中毒に陥れる」とか「麻痺させる」と言うよりむしろ「活性化させる」とか「リラックスさせる」作用の方が強いようです。1963年と非常に古い資料ですが、またたびに含まれる「β-フェニルエチルアルコール」「アクチニジン」「マタタビラクトン」が猫の脳にどのような影響を及ぼすのかを調べた結果があります。この調査では、以下のような事実が明らかになりました(→Yoshii, 1963)。
またたびの中枢神経への影響
  • 呼吸数には影響を及ぼさない
  • 迷走神経を通じて血圧をやや低下させる
  • 大脳辺縁系(海馬・扁桃体)、視床下部、網様体、視床中継核、尾状核、大脳新皮質などに作用する
  • 海馬、視床下部、網様体において突発的な放電が時折起こる
  • もっぱらコリン作動性の神経細胞に作用する
 突発的で不規則な電気信号の放電が脳内で起こることにより、一時的におかしな行動を取ることはあっても、「中毒に陥る」とか「麻痺する」ことはないようです。またコリン作動性の神経細胞に作用しやすいのが本当だとすると、副交感神経に作用しやすいということですので、どちらかといえばリラックス効果を生み出している可能性の方が強いと考えられます。呼吸数を増加させたり血圧を上昇させる作用はないようですので、「ショックで死んでしまった」といった風説は、全く別の死因をまたたびと取り違えたのかもしれません。
またたびの与え方トップへ

またたびの与え方

 またたびは猫に対する安全性が高いおやつです。うまく使えばしつけにも応用できますし、飼い主との絆を強める際にも利用できるでしょう。

いつから与えてもよい?

 猫への安全性を考えると、嗅覚と神経系が十分に成長した生後6ヶ月~1歳ころから与えるのがよいでしょう。
 またたびは猫の口(味覚神経)ではなく、鼻(嗅覚神経)もしくはヤコブソン器官(鋤鼻神経)を通じて脳を活性化すると考えられています。嗅覚神経自体は子猫の頃から発達していますが、電気信号を受け取る脳の方がまだ十分に発達していませんので、またたびによって脳がパニックを起こしてしまうかもしれません。ですからあまりにも幼い子猫に与えるのは控え、体が成熟した生後6ヶ月~1歳を超えたタイミングで与えるのが最も無難だと考えられます。

何歳まで与えてもよい?

 老猫にまたたびを与えたら体調不良に陥ったという話は聞きませんので、年齢制限はないと考えられます。しかし若い猫よりも年をとった猫の方がまたたびに対するリアクションが悪くなってしまうことは確かなようです。
 2016年、アメリカ・テキサス州にある「Cowboy Cat Ranch」は猫に陶酔感を引き起こすとされる代表的な4つの植物を用いて、猫のリアクションテストを行いました(→Bol, 2016)。それぞれの植物に対する猫の反応を「激しい反応」「中間の反応」「無反応」という3段階に分類したところ、各植物間で明白な違いが見られたといいます(※=またたび | =イヌハッカ | =アカバナヒョウタンボク | =セイヨウカノコソウ)。 4つの多幸感植物の中で最も激しい反応を誘起するのはまたたび
  • 激しい反応匂いを嗅いだりなめたりすると同時に、顎や頬を擦り付けたりひっくり返ったりする行動を10秒以上継続する。
    【出現率】マ=72% | イ=52% | ア=45% | セ=40%
  • 中間の反応匂いを嗅いだりなめたりすると同時に、顎や頬を擦り付けたりひっくり返ったりする行動が10秒未満 / 匂いを嗅いだりなめたりする行動が15秒以上継続する。
    【出現率】マ=7% | イ=16% | ア=7% | セ=7%
  • 無反応最低2回のテストのうち1回も反応しない。
    【出現率】マ=21% | イ=32% | ア=47% | セ=53%
 さらにまたたびに対する反応の強さを年齢別に算出してみたところ、若い猫(平均年齢1歳11ヶ月の45頭)と年老いた猫(平均年齢9歳2ヶ月の44頭)との間で違いが確認されました。具体的には、老猫(65%)よりも若い猫(88%)の方が激しく反応する割合が高いというものです。どうしてこのような違いが生じるのかに関してはよく分かっていませんが、老猫の方が嗅覚やヤコブソン器官の感度が落ちているからかもしれません。 猫の鼻・嗅覚 老猫よりも若い猫のほうがまたたびに対する激しい反応が出現しやすい Responsiveness of cats (Felidae) to silver vine (Actinidia polygama), Tatarian honeysuckle (Lonicera tatarica), valerian (Valeriana officinalis) and catnip (Nepeta cataria)
Sebastiaan Bol et al., DOI: 10.1186/s12917-017-0987-6, BMC Veterinary Research(2017)

与える頻度は?

 またたびを与える頻度は、毎日漫然と与えるのではなく、何かのご褒美として与えるのがよいでしょう。一例としては以下のようなものがあります。

しつけのご褒美として与える

 猫がなかなか膝に乗ってくれないというような場合、膝の上に座布団やクッションを置き、またたびで猫の鼻先を誘導してみましょう。猫が膝の上に乗ったタイミングで大好きなまたたびを与えます。そうすると猫は「膝の上に乗るとまたたびをもらえる!」と学習し、スムーズに膝に乗ってくれるようになります。爪切りブラッシングの時に役立つでしょう。

仲直りの印として与える

 歯磨き爪切りシャンプーなど、猫が嫌いな体のケアを終えたタイミングでまたたびを与えてみましょう。イベントに対して抱いていた嫌な感情がまたたびの陶酔効果で中和され、逆に好きになってくれるかもしれません。

食欲増進剤として与える

 猫の食欲が落ちたとき、エサの上にまたたびをふりかけることによって食欲が戻るかもしれません。また水の中に軽くふりかけておけば飲水量が増えてくれる可能性もあります。

キャリー誘引剤として与える

 猫を動物病院へ連れていきたいのになかなかキャリーに入ってくれないことがよくあります。そんな時、キャーリーの奥の方にまたたびをふりかけておけば猫が自発的に入ってくれる可能性が高まります。うまく誘い込まれたタイミングで蓋を閉めてしまえば、飼い主にも猫にも大きなストレスをかけることなく捕まえることができるでしょう。

遊びの刺激として与える

 猫が運動不足だったりストレスを溜め込んでいる場合、飼い主がおもちゃで遊んであげる必要があります。しかしせっかく買ってきたおもちゃに全く反応してくれないことがしばしばあります。そんな時、おもちゃにまたたびをふりかけると急に目がランランと輝き、お尻をフリフリして飛びついてくれるかもしれません。

与える量は?

 猫に与えても大丈夫なまたたびの上限や適量といったものはよくわかっていません。ずっと与え続けているとだんだんリアクションが薄くなっていくところから考えると、猫の体がそれを一番よく知っているのでしょう。
 匂いを嗅がせるだけの場合は、またたびの量を増やしたところで空気中に放散される匂い物質が増えるだけですので、リアクションは強くなるものの体に対する害はそれほど無いと考えられます。
 一方、「食べる」とか「なめる」という形でまたたびを与える場合は、胃腸への影響も考えなければなりません。まずは耳かきの先ですくった程度の量から始め、猫の体調やリアクションを見ながら少しずつ増やしていくようにすれば、その猫に合った適量が見えてくるでしょう。

与え方は?

 猫にまたたびを与えるときのスタイルとしては、「匂いを嗅がせる」と「直接なめさせる」というものというものがあります。

匂いを嗅ぐ

 またたびの有効成分は猫の鼻(嗅覚神経)もしくはヤコブソン器官(鋤鼻神経)を通じて脳を活性化し陶酔感を引き起こすと考えられます。匂いを嗅がせる方法の特徴は、刺激が弱い半面、効果が長続きするという点です。匂い成分を効果的に嗅がせる方法としては、おもちゃの中にまたたびを仕込んでおくなどの方法があります。
 ただしもろいおもちゃの場合、猫が興奮してケリケリやカミカミをするとすぐに壊れてしまいます。誤飲事故を起こさないよう丈夫なものを選ぶようにしましょう。特に靴下の中にまたたびをしこんだ手作りおもちゃの場合、糸がもつれて飲み込んでしまう危険性が大です。留守番中に出しっぱなしにするのではなく、与える時は必ず飼い主が監督するよう気をつけます。

直接食べる・なめる

 猫がおいしそうにまたたびをなめることがありますが、これは味が美味しいからではなく、おそらく前歯(切歯)の裏側に付いているヤコブソン器官の開口部にまたたびがすり込まれるからだと考えられます。
 直接食べさせる(なめさせる)方法の特徴は、刺激が強い半面、またたびを飲み込んだら快感がすぐに薄れてしまうという点です。またまたたびの固形成分や粉末を直接体内に取り込みますので、体質によっては合わない猫がいるかもしれません。またたびパウダーの原料となっている虫えい果には、陶酔感を引き起こす有効成分のほか、またたびの果肉部分や実の中に含まれているハエの幼虫も微量ながら含まれている点は覚えておく必要があるでしょう。「匂いを嗅がせる」方法と併用するのが良いと思われます。
またたびの与え方トップへ

またたびが効かないとき

 すべての猫がまたたびに反応するわけではありません。激しいリアクションを見せる猫がいる一方、薄いリアクションしか見せない猫もいます。また生まれつき反応しない猫がおよそ2割いると推測されています。こうしたノーリアクションの猫に対してはまたたびの代わりとなるアイテムを与えてみましょう。

またたびへの反応率

 2016年3月から4月にかけ、アメリカ・テキサス州にある猫の保護施設「Cowboy Cat Ranch」が中心となった調査チームは、猫に対する多幸感効果を持つとされている4つの植物を用いた比較調査を行いました(→Bol, 2016)。内容は、全米にある保護施設や一般家庭からランダムでリクルートした生後6ヶ月齢以上の猫合計100頭を対象とし、以下に述べる4つの植物に対する反応を観察するというものです。
実験に用いられた植物素材
  • またたび学名は「Actinidia polygama」。日本の企業「Smack」と「現代製薬」が市販している虫こぶ(虫えい果, ちゅうえいか)を乾燥して粉末状にしたもの。またたびの虫えい果を乾燥させて粉末にした商品
  • イヌハッカ学名は「Nepeta cataria」で欧米では「キャットニップ」(cat nip)とも呼ばれる。アメリカの企業「Frontier」と「Smarty Kat」が市販している葉と花を乾燥させたもの。イヌハッカの葉と花を乾燥させた商品
  • セイヨウカノコソウ学名は「Valeriana officinalis」。アメリカの企業「Organic Bio Herbs」と「Frontier」が市販している根の部分。セイヨウカノコソウの根を乾燥させた商品
  • アカバナヒョウタンボク学名は「Lonicera tatarica」。カナダの企業「The Cat House Inc.」が市販している木と木くず。アカバナヒョウタンボクの木のうち幹の部分
 1頭の猫につき最低10分間からなる観察調査を最低2回行い、植物に対する「ポジティブな反応」を「匂いを嗅ぐ | なめる | 顎を擦り付ける | 頬を擦り付ける | ごろんとひっくり返る | 猫キックを繰り出す | よだれをたらす | 背中から腰にかけての皮膚が波打つ」のいずれかと定義した所、各植物に対する猫たちの反応率に違いが見られたと言います。
植物に対する猫の反応率(100頭)
多幸感植物4種に対する100頭の猫の反応率一覧
  • またたび=79%
  • イヌハッカ=68%
  • アカバナヒョウタンボク=53%
  • セイヨウカノコソウ=47%
 上のデータで示したように、およそ2割の猫がまたたびに全く反応しないことが明らかになりました。「うちの猫はまたたびを食べない」という話をたまに聞きますが、それは猫が異常なのではなく、生まれつきの体質だと考えられます。

またたびの代用品

 「Cowboy Cat Ranch」が行った調査により、またたび以外の多幸感植物に対し50~70%の猫が反応する可能性が示されました。またたびに反応しなかったとしても、その他の植物には反応してくれる可能性がありますので試してみましょう。日本国内で入手しやすいのは「キャットニップ」(イヌハッカ)です。
 キャットニップの効果は接触してすぐに現れて5~15分継続し、その後しばらくの間反応しなくなるものの数分たつと再び興奮反応を示すとされています(Todd, 1963)。初期の研究では、キャットニップに反応するかどうかは常染色体優性遺伝する生まれつきの体質であり、およそ65%の猫だけが反応するとされてきました(Todd, 1962)。また2016年に行われた上記調査でも、68%という極めて近い値が報告されています(Bol, 2016)。しかし猫の反応を「ごろんと転がる・声を発する・よだれをたらす」といった能動的なものだけでなく「鳴き声が少なくなる・動かなくなる・グルーミングしなくなる」といった受動的なものにまで広げると、ほぼ100%の猫が何らかの反応を示すとする報告もあります。 キャットニップに対する猫の反応には能動的なものと受動的なものとがある  調査を行ったのはメキシコ・ベラクルス州立大学のチーム(→Espin-Iturbe, 2017)。幼齢猫(3ヶ月齢未満)20頭、若齢猫(3ヶ月以上6カ月齢未満)20頭、成猫(6ヶ月齢以上)20頭を対象とし、500mgのキャットニップに対してどのような反応を示すかを観察したところ、能動的反応と受動的反応には年齢、性別、不妊手術の有無という因子が影響を及ぼしている可能性が浮かび上がってきたと言います。具体的には以下です。
能動的反応
  • 転げまわる年齢が上がるほど多い(幼齢猫0% | 若齢猫25% | 成猫45%)
  • グルーミング成猫とメス猫で多い
  • 鳴き声若齢猫に限りメス猫よりオス猫の方が多い
受動的反応
  • スフィンクス姿勢年齢が上がるほど多い | 若齢猫に関してはメス猫よりもオスの方が多い | 幼齢猫と成猫に関してはオス猫よりメス猫の方が多い
  • 活動性オス猫よりメス猫の方が動く | 早期不妊手術を受けた猫では動きが少ない
 受動的な反応に関しては、年齢にかかわらず95%近くの猫が示しました。それに対し能動的な反応は、年齢が上がるにつれて多くなるという一定した傾向を見せました。こうした現象に関し調査チームは、脳幹部から脊髄にわたって広く存在し、さまざまな神経伝達物質を介して痛みの伝達を遮断する「オピオイドシステム」が成熟するにつれて能動的な反応が増えてくるのではないかと推測しています。要するに猫の脳が成熟するに従ってキャットニップが「オピオイドシステム」を刺激しやすくなるということです。
 マタタビの有効成分が「アクチニジン」と「イリドミルメシン」や「イソジヒドロネペタラクトン」であるのに対し、キャットニップ(イヌハッカ)の有効成分は「シス-トランス・ネペタラクトン」だと考えられています。成分が全く違いますので、マタタビに反応しない猫でもキャットニップには反応してくれるかもしれません。ただしリアクションが激しい猫の場合、攻撃的になってしまうことがあるため、多頭飼育している家庭ではしっかり監督した状況で与える必要があります。
またたびの与え方トップへ