トップ猫の手入れとケア猫の爪切りの仕方

猫の爪切りの仕方

 猫の爪の構造、爪切りの手順、爪切りに必要な道具などについてまとめました。飼い主の体や家具を、猫の爪から守るため、猫の爪のケアについて学びましょう。

猫の爪切りの必要性

 猫の指先にある鋭い爪は獲物をつかまえたり木に登るときに用いられます。ですから人間と接点のない屋外暮らしの猫にとってはある程度必要となるでしょう。
 一方、人間と一緒に家の中で暮らしているペット猫の場合、獲物を捕まえる必要も木に登る必要もありません。ですから以下に述べるようなさまざまなトラブルを未然に防ぐため、飼い主が定期的に爪切りをしてあげる必要があります。
爪切りで予防できること
  • 猫ひっかき病 猫ひっかき病とは、猫の爪に付着したバルトネラヘンセラ(Bartonella henselae)という細菌が引っかき傷から体内に入ることにより、患部の発赤(約10日後)、リンパ節の腫れ、全身倦怠感、関節痛といった症状を引き起こす病気。猫の爪を切らないと皮膚に傷ができやすくなり、細菌の入り口になってしまいます。猫ひっかき病の症状・原因・治療猫の引っかき傷を通じてバルトネラヘンセラが侵入する
  • 家具へのダメージ 猫の爪は多層構造になっており、一番外側にある爪を剥がすことで常に尖った状態に保とうとします。爪を剥がすときは引っかかりのよいものが必要となりますが、ちゃんとした爪とぎを用意していないと壁紙やソファ、カーペットといったものにガリガリと爪をこすりつけ、文字通り「爪痕」を残してしまいます。猫の爪とぎのしつけ猫の爪を切らないと家具にダメージが及ぶ
  • ケガ予防 猫の爪がとがったままだと、猫同士が喧嘩した時流血騒ぎになるかもしれません。あるいは何らかの拍子に飼い主の皮膚に触れた時、ミミズ腫れになってしまうかもしれません。爪が尖っていると猫同士のじゃれ合いやケンカでけがをすることも
 「ヒューマン・アニマル・ボンド」(人と動物の絆)を保ち、猫と長く暮らしていくためには、猫も飼い主もストレスを感じないことが重要です。上記したようなトラブルが発生して「もう猫なんていらない!」となってしまわないよう、飼い主は定期的に猫の爪をチェックし、ケアしてあげましょう。
猫の爪切りの仕方トップへ

猫の爪の基本構造

 猫の爪を切る際は、猫の爪の解剖学的な基本構造を理解しておく必要があります。やま勘でむやみやたらに爪をカットしてしまうと、猫に「深爪」(ふかづめ)を負わせてしまい、思わぬトラブルの元になりかねません。

猫の爪の内部構造

猫の爪の内部には、クイックと呼ばれる神経と血管の束があります。  猫の爪は内側と外側の二層構造になっており、内側のクイック(quick)と呼ばれる部分には神経と血管が通っています。猫が爪とぎをするのは、古くなった爪の最外層をはがすことで、常に新しい爪をむき出しにしておくためです。猫の爪は、鉛筆のキャップのように幾重にも重なった構造をしており、内側に新しい爪ができると、古くなった外側の層をはがす必要性が生じます。飼い主が爪切りでカットするのは、爪の外側の鋭利な先端のみで、内側(quick/クイック)は決して傷つけてはいけません。人間で言うと「深爪」した状態になり、大変な痛みが生じますし、出血した場合なかなか止まりません。 猫の足・爪

猫の爪が飛び出すメカニズム

 猫の爪が飛び出す構造は以下のようになっています。爪の下に付着した深趾屈筋腱(しんしくっきんけん)というケーブルが、深趾屈筋(しんしくっきん)という筋肉に引っ張られることで、ちょうど滑車のように爪が外に飛び出す構造です。
猫の爪の構造
猫の爪が飛び出すメカニズム~深趾屈筋腱と深趾屈筋が、まるで滑車のように連動することで爪が飛び出します。

猫の爪を指で出させる方法

猫の指先を上下から挟むように押すと、格納されている爪が自然に飛び出します。  猫の爪が飛び出す仕組みがわかれば、どうすれば人間の指で猫の爪を出させることが出来るのかもわかります。下図のように、爪の根元部分を上下から指で挟むように押せば、自然と爪が飛び出すというわけです。猫の爪きりをする際に必要な知識ですので、覚えておいてください。
猫の爪切りの仕方トップへ

猫の爪切りの手順

 さて、猫の爪の基本構造と爪の出し方が分かったところで、早速実践編へ移りましょう。

猫の爪切りに必要な道具

人間の爪と猫の爪は構造がまるで違う 猫の爪を切る際には爪切りが必要となりますが、人間の平べったい爪とは根本的な構造が違いますので、人間用の爪切りは用いないでください。ハサミ(ニッパー)型もしくはギロチン型の猫専用爪切りが市販されていますのでそれらを使うようにします。猫の爪は、ちょうど人間の爪が極端な巻き爪になってしまったような状態です。人間用の爪切りで上下や左右から挟んでしまうと、爪がおかしな割れ方をしてしまうことがあります。猫用の爪切りは圧力が四方から均等にかかるようにできていますので、こうしたアクシデントも防げます。
 ハサミ(ニッパー)型の特徴は小さくて子猫~成猫まで幅広く使える点。ギロチン型の特徴は大きくて老猫の分厚くなった爪でも楽にカットできる点です。どちらを使うにしても刃の部分が錆(さ)びていたり刃こぼれしていないことを確認して下さい。 ハサミ(ニッパー)型は細くて薄い爪に、ギロチン型は太くて厚い爪に  爪やすりはカットしたあとに残る角張った部分を丸くするために用います。止血剤は万が一深爪をして血が出てしまったときの備えです。切った後の爪の先っぽを放置すると、たまに踏んづけて痛い目にあうことがありますので、掃除機や粘着テープも用意しましょう。 猫の爪切りグッズ
猫の爪切り道具
  • 猫用の爪切り
  • 爪やすり
  • 止血剤
  • 猫を安定できる場所
  • 掃除機や粘着テープ

猫の爪の切り方

 猫の爪を切るときは、まず安定した場所に猫を寝かせ、前足をつかみます。爪を上下からはさむようにして押すと、自然に爪が外に飛び出します。飛び出した爪のうち、根元半分くらいは「クイック」と呼ばれ、神経と血管が通っています。クイックより外側のとがった部分を2mmほどカットするのが基本です。前足についている親指(dewclaw)も忘れずにチェックしましょう。これを切り忘れますと、伸びた爪の先端が肉球に食い込んでしまいます。 猫の爪は神経と血管が通った内側(クイック)と外側とから構成される  前足が終わったら、後足も同様にカットします。カットした部分がささくれだってカーペットなどに引っかかる場合は、爪やすりをかけて滑らかにしましょう。誤って「クイック」を傷つけた場合は、市販の止血剤などで止血します。飛び散った爪の破片は掃除機や粘着テープで綺麗にしましょう。爪の先端はかなり鋭利ですので、踏んづけてしまわないよう注意します。
猫の爪囲炎  なお猫は爪に違和感がある時、自分の歯でガジガジと噛むことがあります。この爪噛み行為は正常の範囲内で、問題になることはほとんどありません。しかしまれに小さな傷口からバイ菌が入り、「爪囲炎」(そういえん)のような症状に発展することがありますので要注意です。予防法は、飼い主が定期的に爪をカットして違和感を抱かせないことと、爪の生え際が赤く腫れていないかどうかを日頃からよく観察しておくことです。
 爪切りの頻度は「猫が爪とぎをして新しい爪が下から顔を出した時」です。ただしすべての爪が同時に新品になるわけではありませんので、爪切りがあまり好きではない猫の場合は、先のとがった爪がある程度たまったタイミングで切ってあげたほうがストレスが減ってくれるでしょう。拘束されることに抵抗がない猫の場合は、とがった爪を1本でも見つけたタイミングで構いません。
猫の爪切りの仕方
 以下でご紹介するのは猫の爪切りの仕方を解説したハウツー動画です。動画の下に翻訳文を載せましたのでご参照ください。 元動画は⇒こちら
 前から爪きりをしようとすると怖がる猫もいますので、なるべく後ろから行います。飼い主が側にいる安心感を感じさせながら爪きりを行うのが基本です。
 まず片手で前足を持ちます。足の上を優しく指で押すと、爪が「さや」から飛び出してくるのが分かるでしょう。
 次に「爪切り」を取り出します。猫専用のものがありますので、動物病院やペットグッズを扱うお店で手に入れてください。
 飛び出した猫の爪を見てください。ピンク色の部分が「クイック」です。根元から半分くらいの部分を占めています。そこから先の鋭利な部分が切るべき部分です。「クイック」を傷つけない限り、猫が痛がることはありません。
 先端の2mmくらいに狙いをつけ、カットします。先っぽが丸くなったのが分かるでしょう。
 同様にして全ての指の爪をカットしましょう。くれぐれもクイックを傷つけないようにして下さい。
 親指も忘れないで下さい。4本の指の上にあります。これを切り忘れますと、伸びた爪の先端が肉球に食い込んでしまいます。

猫が暴れるときは?

 猫がおとなしい場合は何の問題もありませんが、手をつかまれるのがどうにもこうにも嫌いな猫は結構います。そんなときは以下のような方法を試してみてください。
暴れる猫の爪を切る
  • 爪切りに慣らす猫が爪切りに慣れていない場合、まずは手を触られることと同時に爪切りの見た目や感触に慣れてもらうところからスタートします。猫が大好きなおやつを用意し、「手を触る→おやつを与える」「爪切りを見せる→おやつを与える」「爪切りで手に触れる→おやつを与える」という練習を繰り返しましょう(古典的条件付け)。詳しくは以下のページもご参照下さい。猫を爪切りに慣らす
  • ネットに入れるトレーニングをしたにも関わらず猫がどうにもこうにも手を触らせてくれないような場合は、猫を洗濯ネットに入れて逃げ出せないようにします。この状態で後ろから猫の手をつかみ、前のセクションで説明した要領で爪を切っていきます。
  • 協力者に抑えてもらう友人や家族など協力者がいる場合は、一人が抑える役、もう一人が切る役になって共同体制で爪を切ります。
  • 動物病院で切ってもらうたいていの動物病院には「猫の爪切りサービス」がありますのでこれを利用します。料金は病院によってまちまちですので各自お問い合わせください。
  • ペットシッターに来てもらうたいていの猫にとって動物病院に行くというイベントはストレスになるものです。そんな場合はペットシッターに来てもらい、家の中で爪を切ってもらいます。見知らぬ第三者の存在がまた別のストレスになりますが、外出ストレスよりはマシという猫もいるでしょう。
 猫が爪切りを嫌なこととして記憶してしまうと、以降、爪切りを見たり手を触られるたび一目散に逃げ出してしまうようになります。少しでもネガティブな印象を持たれないよう、爪切りが終わった後はマッサージ、猫が大好きなおやつ、マタタビなどを与えましょう。
猫の爪切りの仕方トップへ