トップ猫の迎え方猫に必要なペットグッズ猫に必要なお手入れグッズ

猫に必要なお手入れグッズ

 猫に必要なお手入れグッズのご紹介です。商品の種類や特徴をかんたんに説明してありますので選ぶときのヒントにしてください(商品は全て楽天のショッピングモールより)。

ブラシ

 猫は自分で自分の被毛を舐めて毛づくろいします。しかしそのとき、舌にくっついてきた毛を飲み込んでしまいますので、あまりにも大量の抜け毛があると胃の中に毛がたまり、腸閉塞などの病気へ発展する危険性をはらんでいます。ですから飼い主には、定期的なブラッシングによって極力抜け毛を減らすことが求められます。
 毛のお手入れグッズとしては、毛並みを整えるブラシのほか、抜け毛を除去することに特化したアイテムなども販売されています。 猫のブラッシング 猫の毛

コーム

 歯が一直線に並んだクシのことです。長毛種の毛のもつれを解消する時や被毛を整える時などに使います。とりわけ目の細かいものはノミ取りコームとも呼ばれます。

ピンブラシ

 ピンが平面上に配置されたブラシのことです。広い面積を手早くとかすことができます。洗浄剤や保湿剤などが入ったブラッシング専用のトリートメント溶液なども売られていますが、猫は必ずなめとりますので事前に安全性を十分に確認しなければなりません。

ラバーブラシ・シリコンブラシ

 ゴムやシリコン製のブラシです。ゴムやシリコンの持つ摩擦力により、被毛をほどよく引っ張ってくれます。人間で言うヘッドマッサージに近いかもしれません。手袋型のものなどもあります。

抜け毛ブラシ

 無駄な毛をごっそり取り除くことを目的としたブラシです。ファーミネーター®(furminator)やフーリー®(foolee)などそれ専用のブラシも開発されています。

スリッカーブラシ

 「く」の字に曲がった金属製のピンが並んだブラシのことです。長毛種の毛のもつれを解消するときに用います。短毛種に用いると誤って皮膚を傷つけてしまう危険性があるため、ここでは長毛種専用用品とします。

爪切り・爪とぎ

 猫の爪とぎとは、爪の一番外の層を引き剥がすときのひっかけ用具であり、紙やすりや包丁の砥石とはまったく違うものです。猫の爪はたまねぎの皮のように外側から剥がれ落ちる構造になっていますので、古い爪の層を取り除いて新しい爪を表面に出すには、ガリガリと何かに爪を当てて外側の爪を強引に引き剥がす必要があるのです。 猫の足  種類としては床に置くタイプや壁に立てかけるタイプなどがあります。猫がどのような爪とぎを最も好むのかに関してはいくつかの調査報告があり、年令によって微妙に変わるようです。あらかじめ猫が好きそうなものを知っておけば、せっかく買ってあげたのにあまり使ってくれないという悲しい状況が減ってくれるかもしれません。詳しくは以下のページをご参照ください。 猫の爪とぎのしつけ  猫がガリガリと爪を研ぐと、古い爪の下から新しくて尖った爪が顔を出します。この状態で放置しておくと、抱っこしたり膝に飛び乗ってきたとき、爪の当たった部分がみみずばれになってしまいます。ですから猫と一緒に暮らす場合、定期的に爪をカットし、先っぽを丸くしておく必要があるのです。猫の爪は人間のものと構造的にまったく違いますので、爪を切る際は猫専用の爪切りを用います。種類としてはハサミのように両脇から爪を挟みこんでカットするニッパー型や、円形の穴に爪を差し込んで刃をスライドさせてカットするギロチン型などがあります。なお、爪切りの具体的な手順については以下のページをご参照ください。 猫の爪切りの仕方

歯のケア用品

 猫の歯は人間の歯と違って食べかすや歯垢(しこう=バクテリアの塊)がたまりにくく、虫歯ができにくいと言われています。しかし全く虫歯にならない訳ではなく、 日頃のケアを怠(おこた)ると虫歯や歯周病(ししゅうびょう)になりますのでできれば毎日、最低でも1週間に一度は歯磨きをしたいものです。 猫の歯の病気  猫の歯磨きに必要なものはガーゼ、猫用の柔らかい歯ブラシ、猫用の歯磨き粉(人間用のキシリトールは毒なので注意!)、スケーラー(歯石を削る道具)などです。また、歯磨き効果のあるおやつなども有効でしょう。猫の歯磨きの詳しいやり方に関しては、以下のページをご参照ください。 猫の歯磨きの仕方

ノミ・ダニ対策用品

 猫にとってノミやダニは大敵です。ネコノミ、ミミヒゼンダニ、ニキビダニ、ネコヒゼンダニ、ツメダニなどが有名で、脱毛、かゆみ、かきむしりによる引っかき傷、フケ、炎症による皮膚のただれなどの症状を引き起こします。しかしこうした症状の多くは、飼い主による適切なケアによって予防可能です。
 猫のノミ・ダニ対策用品として代表的なものは、ノミよけカラー(首輪)、ダニよけシート、ノミよけ効果のある滴下式薬剤、虫よけシャンプーや噴射式スプレー、部屋の中のノミダニ発生を防ぐ様々な防虫商品などです。
 なお、ノミ駆除薬には、主に動物病院で処方されている「動物用医薬品(フロントラインなど)」と、主にホームセンターやペットショップで販売されている「動物用医薬部外品」があります。 猫の皮膚病
ペルメトリン中毒に注意  犬用のノミダニ駆除薬の中にペルメトリン(Permethrin)と呼ばれる成分を含んでいるものがあります(フォートレオン®など)。この薬を誤って猫に用いてしまうと、最悪の場合では死んでしまうこともありますのでご注意ください。猫を飼っている家庭ではもちろんのこと、犬と猫が同居している家庭においても使用は避けた方がよいでしょう。理由は、猫が犬の皮膚を舐めることで薬剤を吸収してしまう危険性があるためです。また、ペルメトリンと同じくピレスロイド系殺虫剤に属するフェノトリン(Phenothrin)にもご注意ください。 フェノトリンの危険性
猫に必要なお手入れグッズトップへ