トップ猫の体猫の生理現象猫のゲップ

猫がゲップをしたら異常を疑おう~正常な生理現象と病気の徴候を読み取る

 猫が見せる生理現象のうち「ゲップ」についてまとめました。異常徴候の読み取り方も併記してありますので、病気の早期発見に役立ててください。

正常なゲップ

 「ゲップ」とは、胃の中にたまった気体を口から排出する生理現象です。猫はエサを食べるとき基本的に丸飲みですので、食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまうことがよくあります。その結果、人間で言う「呑気症」(どんきしょう)に近い状態になり、ゲップによって余分な空気を体外に排出する必要が生じるというわけです。特に母乳やミルクを飲む機会の多い子猫で多く見られます。
猫のゲップ
 以下でご紹介するのは、猫がゲップをする瞬間をとらえた動画です。人間のように「ゲ~ッ!」という下品な音は出さず、しゃっくりに近い感じで軽く息を吐き出す程度です。 元動画は⇒こちら

ゲップに現れる病気の徴候

 食後に軽く1~2回ゲップをするくらいでしたら正常の範囲内です。しかし食事のたびごとに何回も続けて出るようでしたら、フードのボリュームを増すために混入された混ぜ物が消化不良起こしてる可能性があります。少し高級なものに切り替えてみましょう。またゲップが1日以上続くようでしたら、さまざまな胃腸の障害が考えられますので獣医さんに相談します。
ゲップから考えられる病気