トップ猫の体猫の生理現象猫の排尿

猫の排尿に現れる健康と病気~おしっこタイムは必ずチェック!

 猫が見せる生理現象のうち「排尿」(おしっこ)についてまとめました。異常徴候の読み取り方も併記してありますので、病気の早期発見に役立ててください。

正常な排尿

 「排尿」(はいにょう)とは、膀胱に溜まった尿を体外に排出する生理現象です。排尿行為に関わる神経機構は、脳の一部である視床下部への電気刺激実験により、生後2週齢において既に確立していることが証明されています。1日に行うおしっこの回数は1~4回と幅があり、平均は2.3回程度です。なお、繁殖期に多く見られるマーキングは排尿行為とは別物で、行う時の姿勢も全く違います。 猫が見せる排尿とマーキングの姿勢の違い
 ペットとして飼われている猫でも野良猫でも、おしっこをする時の手順や姿勢はほとんど同じです。
猫の排尿手順
  • 軟らかい土や砂に小さな窪みを作り、簡易便所を作る
  • 前足を伸ばして後ろ足を広げ、硬直した尻尾を後方に突き出す
  • 腹筋の圧力と膀胱の収縮により一気におしっこを放出する
  • 排尿が終わると立ち上がり、前足で土や砂をひっかいておしっこを隠そうとする
 猫がおしっこをするときは、人間のように目をつぶったりせず、周囲の様子を伺いながら行う個体が多いようです。おしっこした後に妙にテンションが上がり、急に駆けずり回ったりガリガリと爪を研ぎ始める猫がいるのは、無事におしっこを終えた安心感が関係しているのかもしれません。またペット猫の中には、ペット用トイレの縁に前足を乗せ、まるで「立ち小便」のような格好で排尿をする猫がいたり、人間用のトイレで器用に用を足す猫もいます。

排尿に現れる病気の徴候

 猫は泌尿器系の疾患が多いことで知られています。飼い主はおしっこの回数、排尿の長さ、出た尿の量や色などを毎日チェックするようにしましょう。以下に列挙するような異常が見つかった場合は、何らかの疾患にかかっている可能性がありますので、すぐ獣医さんに相談します。なお具体的な病名に関しては尿道から出した排出物猫の泌尿器の病気にまとめてありますのでご参照ください。
排尿行為やおしっこに現れる症状
特発性膀胱炎にかかった猫は「血尿」、「粗相」といった特徴的な行動を見せる
  • おしっこに時間がかかる
  • おしっこの後陰部を舐め続ける
  • トイレ以外の場所での粗相
  • おしっこの総量が多い
  • 1回量が少なく、尿の回数が多い
  • おしっこの総量が少ない
  • 尿が臭い
  • 尿がにごっている
  • 尿が濃い
  • おしっこに血が混じっている