トップ愛猫家の基本迷子猫の探し方

迷子猫の探し方

 猫が迷子になってしまったときの対処法をまとめました。迷子の原因、具体的な捜索手順、予防法に分けて解説しますので、万が一に備えて予習しておきましょう。

猫が迷子になる理由

 猫の飼い方には「完全室内飼い」(猫は部屋の外に出ない)と「放し飼い」(猫が自由に家の中と外とを出入りする)がありますが、猫が迷子になるのは、放し飼いの場合が圧倒的に多いのは言うまでもないことでしょう。放浪癖のあるオス猫などの場合、2~3日家を空けることはザラですが、放浪癖もないし繁殖期でもないのに、飼い猫が3日以上家に戻ってこないようであれば、迷子になった可能性を考慮します。
 猫が迷子になってしまう主な理由は以下です。

交通事故にあった

 猫は前進運動に比べて「後ずさり運動」が苦手だといいます。また、突然の車のライトやクラクションの音でびっくりし、体が硬直してしまうこともあります。こうして交通事故に巻き込まれる猫が結構います。不慮の事故によって路上で命を落とす猫の数は、行政すら把握しきれていません。限られたデータから推測すると、年間の殺処分と同じくらい、もしくは3倍超という恐ろしい数字が見えてきます。詳しくは「放し飼いが招く猫の死」で解説してありますのでご参照ください。

帰り道がわからなくなった

 特にオス猫の場合、繁殖期になると頻繁に外に出かけてメス猫の尻を追いかけるようになります。メス猫を追いかけているうちに他のオス猫の縄張りに入り込んでしまい、ケンカになってしまうこともしばしばです。ケンカに勝てばいいのですが、ケンカに負けてすごすごと逃げ延びた結果、帰り道が分からなくなり、そのまま迷子になってしまう猫がいます。一般的に、猫には帰巣本能があると言われていますが、人間同様、方向音痴の個体もたまにいます。

体調がよくない

 猫は本来、体調不良があってもギリギリまで表には見せない動物です。これは、野生環境で体調不良のそぶりを見せると、他の外敵に襲われたり、他のオス猫などになめられたりして、自分の身に危険が及ぶからです。ですから猫は、体調がすぐれないことを自覚すると、本能的に人目につかない場所を探し出し、元気を取り戻すまで自主的に養生するという習性があります。英気を養っている間は家に戻りませんので、飼い主からすると「迷子になった!」ということになります。

住環境の変化に耐え切れず

 「犬は人につき、猫は家につく」という言葉があるくらい、猫は自分の住環境(テリトリー)を重んじています。同居人が増えた、赤ちゃんが生まれた、新しい犬やネコを迎えた、部屋の模様替えをした、引っ越したなどの環境の変化があると、猫は「自分のテリトリーが侵害された!」と思い、新たな住みかを求めて放浪の旅に出るということがあります。

人間に捕獲された

 保健所や動物愛護センター職員、動物虐待者など、外には猫の外敵といえる人間がたくさんいます。猫がなかなか家に帰ってこない場合、当然こうした人間たちに捕まった可能性もあります。1970年代までは、金銭目的での猫捕りが主流でしたが、近年は虐待目的での猫捕りが増えつつあるというのが現状です。詳しくは猫さらいがいるをご参照ください。
迷子猫の探し方トップへ

迷子猫の捜索手順

 猫が迷子になってしまったときの捜索手順を、優先順位の高い方から列挙していきます。いなくなってからの対応が早ければ早いほどペットの発見率も上がります。しっかり予習して、いざとなったときパニックに陥らないようにしましょう。

動物愛護センター、保健所に連絡をする

 犬や猫を飼ったことの無い一般人が保護した場合、「野良犬、野良猫⇒保健所」という思考パターンをもっていることがほとんどです。保護された迷子犬が動物愛護センターや保健所に送られている可能性がありますので、管轄の施設に連絡を入れましょう。
 ちなみに最近ではネット上で迷子情報を提供している自治体も多いですが、多少のタイムラグがあるようですので、最新情報を仕入れたい場合は直接電話で確認します。 収容動物データベース(東京都)

動物病院や動物の救急病院に連絡する

 迷子猫が交通事故や動物虐待の被害に遭い、救急病院などに収容されている可能性もあります。取り急ぎ救急病院や動物病院に連絡をいれ、ご自分のペットの外見を伝えましょう。ただしそこに収容されていてもいなくても、飼い主にとってはいいニュースとはいえませんが。

いなくなった場所の近辺を探す

 猫を放し飼いにしており、どこをほっつき歩いているのか把握できていない場合は探しようがありませんが、完全室内飼いの猫が迷子になってしまった場合は、まずいなくなった場所の近辺を探すというのがセオリーです。家から飛び出して迷子になった時は家の近辺を、動物病院へ行く途中で飛び出して迷子になった時は、飛び出した場所の近辺を探すようにします。
 完全室内飼いの猫にとって、外の世界はとりもなおさず、自分のテリトリーの外になります。テリトリーの外に出た猫は、通常不安と恐怖を覚えますので、フラフラと興味本位で遠くまで散策しに行くというよりも、近場で身を隠せる場所に引きこもり、身の安全を確保するという行動パターンの方が圧倒的に多いのです。
 ですから完全室内飼いの猫が迷子になった場合は、まずいなくなった場所の近辺、特に猫が隠れやすい暗がりや穴などを見つけて徹底的に探してみましょう。なお、探すときはキャリーバッグを持参して下さい。怖がっている猫を抱いて連れ帰ろうとすると、パニックに陥ってまたどこかに逃げられてしまう危険性があります。

警察署に連絡をする

 猫は法律上「モノ」として扱われます。ですから迷子猫を保護した人が、猫を「拾得物」(しゅうとくぶつ=いわゆる落し物)として派出所や警察署に届け出ているかもしれません。 お近くの交番に問い合わせてみましょう。派出所間で連絡を取り合ってくれれば、多少離れた場所に迷い込んでいても見つかる確率が高まります。

ネットで情報収集する

 IT技術の進歩により、迷子猫の情報をほぼリアルタイムで確認することができるようになりました。「迷子猫 掲示板」などで検索をかけ、お住いの地域に迷子猫情報の掲載依頼を出してみましょう。また猫がいなくなった場所を管轄する保健所や動物愛護センターのホームページも併せてチェックします。

ペット探偵に依頼する

 世の中には、迷子犬や猫を探してくれる業者があります。こうした業者は通称ペット探偵などともいわれますが、選択肢の一つとして提示しておきます。発見できた場合の料金、できなかった場合の料金など、ご自身で確かめた上で、依頼するかどうかご決断下さい。
 ペットの発見率は、いなくなってからの対応が早ければ早いほど高くなる傾向があることは事実です。「今すぐにでも迷子のペットと再会したい!」と強く望まれる方は、考えてみても良いかもしれません。「ペット 捜索」、「ペット 迷子」などのキーワードで検索を掛けてみてください。ただし業者の選定は自己判断でお願いいたします。

迷子チラシをつくる

 迷子になったペットは、いなくなった場所の近くで見つかることが多くあります。 地域住民の目に広く触れる形で迷子猫の告知ができれば、それだけ発見できる可能性も高まるでしょう。その際、効果的な告知チラシが必要となりますが、以下で簡単な一例を挙げます。
 なお、迷子チラシを専門に作成してくれる会社もあります。ねこてっくす迷子ペット.netなどが一例です。最短では注文した当日に納品できることもあります。
迷子チラシの作り方
猫が迷子になったとき、自力で探そうという人は迷子ポスターを作ると効果的です。
  • 1、猫の状態猫の種類、性別、不妊手術の有無、鈴や迷子札の装着の有無
  • 2、猫の名前探すときに名前を呼ぶと反応を示すことがありますので、名前は明記しましょう
  • 3、猫の特徴その猫にしかない特徴を明記しておくと、探す側でも個体判別しやすくなります。
  • 4、謝礼についてこれがあることにより、連絡してくる確率が劇的にアップしますが、トラブルが発生しないように充分気をつける必要があるでしょう。 謝礼の内容は明示しないほうが良いです。「発見につながる有効な情報をくれた方には、心ばかりの謝礼を差し上げます」など、お金なのか物品なのか分からない、当たり障りの無い表現が無難だと思います。電話を掛けてきた情報提供者に対し、「猫が見つかった場合は、謝礼を差し上げます」と念を押すことも重要です。電話を掛けた時点で何かをもらえると思っている人もいるので、トラブルが発生しないように注意して下さい。
  • 5、連絡先セキュリティの関係上、住所は不要です。電話は携帯の方が無難でしょう。 また、明記する名前は仮名で構いません。この仮名宛にかけてきた人は、その時点で迷子猫の連絡であるとすぐにわかります。
 これを印刷業者に頼んで500枚~1000枚ほど印刷しましょう。パソコンのプリンターでは雨水でにじんでしまいますので、印刷業者に頼んだほうが無難です。大きさは、ポスティング用ならB6~A5サイズ、貼付用ならB5~A4サイズがよいでしょう。

迷子チラシを配る

 できた迷子チラシを配る際は、以下に述べるような点を念頭に置くとスムーズに進みます。
迷子チラシの配り方
  • 不特定多数の人が目にする場所 チラシを貼付するなら、不特定多数の人が目にする場所がよいでしょう。具体的には、個人の経営している商店(靴屋、クリーニング屋、そば屋など。コンビニやファミリーレストランなど、フランチャイズ展開している店は難しいことが多いです)、派出所、郵便局、スーパーマーケット、銀行、町内会の掲示板などに”ダメもと”でお願いし、目立つ場所に貼らせてもらいます。ペットの生死が掛かっていますので、気後れしている場合ではありません。
  • 電柱に貼る 電柱に貼るという方法もありますが、これは法に抵触してしまいます。しかし迷子猫の捜索など、非営利目的の場合は大目に見てくれることが多いようです(貼るかどうかは、最終的にご自分の裁量でお願いいたします)。その場合、地図上にチラシ貼付場所をマーキングしておき、迷子猫が見つかった場合はすぐさまチラシをはがせるようにしておきましょう。
  • 公園などで聞き込み チラシを配布するなら、公園などで聞き込みを行い、そのついでにチラシを配るのが有力です。猫の飼い主は、ペットを失った心の痛みに共感してくれることが多いので、協力者を得やすいでしょう。
  • 郵便受けにポスティング あとは地域住民の郵便受けにポスティングします。首輪のついた猫を勝手に自分のものとして飼うと、「窃盗罪」に当たるという法的な知識の無い人が大部分です。猫を保護してそのまま飼っている人がいる場合は、ポスティングによって個別に告知すると、名乗り出てくれるかもしれません。

連絡を待つ

 告知チラシを配布したり貼付したら、あとは運を天に任せて連絡が来るのを待つしかありません。不特定多数の人間に働きかけているという関係上、はっきり言って、いたずら電話や冷やかしがあるかもしれません(お宅の猫・・・川原で死んでいましたよ、など)。また、手を尽くしたにもかかわらず、結局ペットが見つからないこともあります。
 配布したり貼付したチラシを見て連絡してきた個人に対しては、「見つかった場合は謝礼を差し上げますので、お電話番号など頂戴できますか?」と切り出すと、連絡先を聞きやすいでしょう。情報の内容が信頼に足ると判断される場合は、その情報に基づいて改めて付近の捜索を行います。
 ここまでお読み頂いた方は、「こんなしちめんどう臭いことをするくらいなら、そもそも猫が迷子にならないように気をつけよう!」と痛感されていると思います。しかしそれこそが、このページで最も言いたいことです。迷子猫が発生する原因は何なのか、そして迷子猫が発生しないようにするためには、飼い主として何に気をつければよいのかを常に念頭においておけば、ペットの迷子はほぼ予防することができます。
迷子猫の探し方トップへ

迷子猫の予防法

 迷子猫を出さないための根本的な方法は猫を完全室内飼いにするということです。猫は元来孤独やじっとしていることを苦痛にしない動物ですので、犬などと比較するとはるかに留守番が得意です。

放し飼いのデメリット

 当サイト内、猫をどこで飼うか?でも詳述しましたが、以下ではもう一度猫を放し飼いにすることの危険性やデメリットを列挙します。迷子になること以外にも、非常に多くの危険性が付きまとうことがお分かりいただけるでしょう。
猫の放し飼いの危険性
  • 交通事故に遭う危険性が高い
  • エンジンルームでの事故に巻き込まれる
  • 迷子になることがある
  • 他の猫とのけんか
  • 感染症の危険がある
  • 心無い人間のターゲットになる
 交通事故などで負傷し、行政機関に収容された後に殺処分される猫たちの数は、平成27年度で年間9千頭を超えています。また路上死動物として人知れずゴミ回収業者に処理されている猫たちの数は、推計で7万~24万とされています。こうしたデータを知っていれば「外を出歩くのは猫の自然な行動だ」とはもはや言えなくなるでしょう。負傷動物や路上死動物に関する詳細は「放し飼いが招く猫の死」をご参照ください。

猫にマイクロチップを装着する

 マイクロチップとは直径約2mm、長さ約12mmのICチップで、中にはシリアルナンバーなどの基本情報がデータとして入っており、専用の「マイクロチップ・リーダー」(読み取り機)があればそのデータを読み取ることができます。チップの埋め込みに補助金を出している自治体があったり、またペット保険料が安くなるなどの特典がついてくるため、猫が迷子になってしまった場合を想定してこのマイクロチップを体内にあらかじめ埋め込んでおく飼い主が徐々に増えてきています。
マイクロチップに登録できる情報
 IDナンバー・埋め込んだ日時・飼い主情報(飼い主の名前/郵便番号/住所/電話番号)・動物情報 (動物の種類/毛色/性別 [オス・メス・去勢オス・避妊メス] )/名前)・ 獣医師情報 (獣医氏名/ 所属獣医師会コード/ 施設情報/施設名/ 郵便番号/住所/電話番号)
マイクロチップ本体と、情報を読み取るマイクロチップリーダー  マイクロチップは動物病院などで取り扱っており、猫の皮下にインジェクター(挿入装置)を用いて埋め込みます。マイクロチップの埋め込み自体は非常に短時間で終わり、早ければ数秒です。また生体に無害な素材のため、異物反応による炎症や発癌性(はつがんせい)などの副作用はなく、移動防止キャップにより、体の中でずれたりしないようになっていますので、迷子札のように落ちて紛失するということがありません。なお、2007年1月より、ライフチップを含むすべてのマイクロチップの登録データは、AIPOが管理する家庭用動物向けデータベースと統合されています。 AIPOとは?  また、「迷子になった時の身分証明書」という以外には、以下のような役割が期待できます。
マイクロチップの役割
  • 猫のパスポート EU諸国(英国・フランス・ドイツ・スイス・オーストリア等)・シンガポール・香港・オーストラリア・ニュージーランド等では、ペットの出入国に際してマイクロチップの装着を義務付けています。ペットを海外へ連れて行きたいという状況になった場合には、マイクロチップ自体がペットのパスポートになってくれます。
  • 捨て猫を減らす マイクロチップを装着すると、基本的には体の中から取り出すことは出来ません。何らかの事情で「猫の飼育を放棄したい」と思っても、マイクロチップの情報を頼りに自分の所業がばれてしまう危険性があるので、マイクロチップの装着は「猫を捨てたい!」という人に対する抑止力になってくれるでしょう。
  • 猫の体温を測る マイクロチップの中には、体温計機能を備えたものもあります。直腸に温度計を差し込むといった作業を割愛できますので、猫にとっても獣医さんにとっても気楽でしょう。
迷子猫の探し方トップへ