トップ猫の迎え方猫に必要なペットグッズ猫に必要なバス・お風呂グッズ

猫に必要なお風呂グッズ

 猫に必要なバス・お風呂グッズのご紹介です。このページを縦にスクロールしたり、下のリンクボタンを押すと、項目ごとの売れ筋定番アイテムが確認できます(商品は全て楽天のショッピングモールよりのご紹介です)。価格や商品の種類などをより詳細に検索したい場合は、特設サイトをご用意しましたので、下の緑色のリンクボタンをクリックして下さい。

シャンプー

 猫用シャンプーとは猫の皮膚に合わせて調合された特別なシャンプーのことです。人間の皮膚と猫の皮膚とは性質が異なるため、このような商品が必要となります。
 皮膚にはpH(ぺーはー, ぴーえっち)というものがありますが、これは、液中の水素濃度によって左右される「酸性」と「アルカリ性」の度合を0~14までの数字で示したものです。中間のpH7を「中性」、それより大きい値を「アルカリ性」(8~14)、小さい値を「酸性」(0~6)といいます。
 人の健康な皮膚のpHは4.5~6.0の弱酸性だと言われている一方、猫の皮膚のpHは中性から弱アルカリ性に近いというのが定説です(一説では7.0~7.2)。
 「肌に優しい」という表現がありますが、これは一般的に皮膚のpH値とシャンプーのpH値とが近いことを意味しています。人間も猫も、肌に合わないシャンプーを使用すると皮膚炎やフケなどの原因になるため、シャンプー選びは慎重に行わなければなりません。
 市販されているシャンプーやリンスには、汚れを落とす効果のほか、消臭効果、防虫抗菌効果、毛づや改善・保湿効果など、様々な効果がうたわれていますので、説明書をしっかり読んで最適なものを選択します。なお、猫をお風呂に入れる際の具体的な手順やコツは猫のシャンプーの仕方にまとめてありますのでご参照ください。
発がん性シャンプー?  シャンプーに含まれる成分の中には、一部発がん性が疑われるものがあります。具体的には「ジエタノールアミン」(Diethanolamine, DEA)という物質です。「国際がん研究機関」の2014年度版リストではグループ2B、すなわち「ヒトに対する発癌性が疑われる物質」として分類されています。万全を期す場合は、この物質が成分表に記載されている製品は避けた方がよいでしょう。
猫に必要なバス・お風呂グッズトップへ

バスタブ・浴槽

 猫は綺麗好きですから、自分の体をぺろぺろとなめてたいていの汚れはいつのまにか落ちてしまうのが常です。しかし何らかの理由で被毛が汚れてしまったり、病気や加齢で毛づくろいができないような場合は、人間が補助しながら猫を入浴させなければなりません。
 猫をお風呂に入れる際、人間用の浴槽を用いると、縁(へり)が高すぎて体を洗いづらかったり、大量の抜け毛が排水溝に詰まったり、ノミやダニなど衛生上の問題が発生しますので、猫をお風呂に入れる際は専用の浴槽があったほうがスムーズにいくでしょう。 なお、猫をお風呂に入れる際の具体的な手順やコツは猫のシャンプーの仕方にまとめてあります。
猫に必要なバス・お風呂グッズトップへ

バスタオル

 猫の体は全身が被毛で覆われているため、一度濡れた体を完全に乾かすには、大量の水分をふき取らなければなりません。ですからペット用タオルの素材としては、高い吸水性を備えたポンジ加工されたものや、細かな繊維から成るマイクロファイバーなどが用いられます。ペットをお風呂に入れた後や、雨で濡れたときなど、さまざまな状況で使用できるでしょう。
猫に必要なバス・お風呂グッズトップへ