トップ猫の栄養と食事猫の毒となる食物

猫の毒となる食物

 猫に食べさせてはいけない危険な食べ物を、写真付き一覧リストでまとめました。「ついうっかり」・・・がないようにしましょう。なお、猫が口に入れてはいけない危険なものに関しては、以下のページもご参照ください。 猫に危険な有毒植物 猫に危険な毒物 猫の誤飲・誤食リスト
猫の毒となる食物 タマネギ・ネギ類 の画像  ねぎ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球を破壊し溶血性貧血の原因になります。すき焼き残り汁、ねぎのかけらが入った味噌汁、ニンニク入りのスパゲティなども厳禁です。なお、古い書籍には「猫よけ薬として壁にタマネギの汁を塗る」といった方法が記載されていることもありますが、もちろんNGです。
猫の毒となる食物 チョコレート チョコレートの画像  チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという物質を分解できず、嘔吐や下痢の原因となり、最悪の場合は命を落とすこともあります。飼い主がチョコレートケーキを食べているときにせがんできても、絶対に与えてはいけません。
猫の毒となる食物 甘いお菓子類 甘いお菓子類の画像  猫の舌には甘いものを感じるセンサーがないといわれています。甘いものを与えても猫が喜んでいるわけではないので不要なカロリー摂取は避けましょう。犬や猫には少ないですが、「ショ糖」は虫歯の原因にもなります。
猫の毒となる食物 カフェイン カフェインの画像  コーヒーや強壮剤などに含まれるカフェインには、中枢神経に対する強い興奮作用があります。人間が摂取すれば「頭がスッキリ!」程度ですが、体の小さな猫が体内に摂取すると、体調不良の原因になります。人間、犬、猫における致死量は、体重1kg当たりおよそ150mgです。
猫の毒となる食物 アルコール飲料 アルコール飲料の画像  猫の肝臓はアルコールを分解するようには発達していません。少量でも酩酊状態になり、内臓が機能障害に陥る危険性があります。冗談半分でも飲ませるのはやめましょう。
猫の毒となる食物 ぶどう・レーズン ぶどう・レーズンの画像  理由は定かではないものの、嘔吐、腎機能障害、最悪の場合は死亡することもあります。レーズンを含んだパンも危険です。犬での臨床報告だけで猫のものはまだありませんが、ぶどうの中に猫が必要としている栄養素は存在しませんので、原因がはっきりするまでは与えないに越したことはありません。
猫の毒となる食物 あわび・サザエ あわび・サザエの画像  あわびの内臓(中腸腺)に含まれる「フェオフォーバイド」という物質が皮膚炎の原因になることがあります。皮膚の薄い耳の血管内にこの物質がたどり着くと、紫外線と反応して炎症を起こし、最悪のケースでは耳が取れてしまうこともあります。「アワビを食べると耳が落ちる」という通説はここからです。
猫の毒となる食物 イカ・スルメ イカ・スルメの画像  生のイカの内臓や二枚貝(ハマグリ)には、チアミナーゼというビタミンB1を分解する酵素が多く含まれているため、ビタミンB1欠乏症を起こすことがあります。食欲低下・嘔吐、さらに進むと、瞳孔が開き、歩き方がフラフラになります。「イカを食べると猫の腰が抜ける」という通説はここからです。また、加工されたスルメイカなども、食べ過ぎると危険です。
猫の毒となる食物 生の豚肉 生の豚肉の画像  生の豚肉は、「トキソプラズマ」という寄生虫の感染源となりえます。またこのトキソプラズマは「人獣共通感染症」ですので、猫の排泄物が何らかのルートを通って人間の口にはいると、人間にも感染してしまいます。生の豚肉や輸入豚肉は必ずよく加熱してから与えましょう。
猫の毒となる食物 生卵 生卵の画像  生卵の白身には、「アビジン」という酵素の一種が含まれ、これはビタミンの一種であるビオチンを分解します。大量に食すると体内でビオチンが破壊され、皮膚炎や結膜炎などを引き起こすことがあります。アビジンは加熱すれば壊れますので、卵を与えるときは必ず加熱調理してから与えるようにしましょう。
猫の毒となる食物 香辛料 香辛料の画像  コショウ、ペッパー、とうがらし、カレー、タバスコなどの香辛料は、胃腸炎や内臓障害の原因になる可能性があります。面白半分でカレーやキムチを舐めさせたりするのはやめましょう。
猫の毒となる食物 アボカド アボカドの画像  アボカド果実、種、葉などにはペルシンという物質が含まれており、人以外の動物に与えてはいけません。ウマ、ウシ、イヌ、ネコ、フェレットなどのペットや家畜に与えると中毒症状を起こし、痙攣・呼吸困難などに陥ることがあります。
猫の毒となる食物 大量のレバー 大量のレバーの画像  レバーは、ビタミンAやB群が豊富に含まれています。しかし、ビタミンAは脂溶性ビタミンと呼ばれ、過剰分は排出されず、体内に蓄積されてしまいます。結果として「ビタミンA過剰症」となり、骨の変形などを起こすことがありますので注意が必要です。
猫の毒となる食物 のどに詰まるもの のどに詰まるものの画像  鳥の骨や魚の骨は猫の消化器官内に刺さりやすいので、与えないほうが無難です。またあんず、梅、スモモ、モモなどの種子はのどにつまって呼吸困難を起こす危険性がありますので、猫の目に付かない場所へすばやく廃棄しましょう。
猫の毒となる食物 人間用の食べ物 人間用の食べ物の画像  人間用の食べ物は、体の小さな猫にとっては塩分の高いものばかりです。缶詰、スナック菓子、フライドチキン、コンビニ弁当、ご飯に味噌汁をかけた「ねこまんま」など、あらかじめ塩分が加えられている人間用の食物を与えないようにしましょう。
猫の毒となる食物 人間のサプリメント 人間のサプリメントの画像  人間用のサプリメントは人間の体のサイズを基本に計算されています。水溶性ビタミンはおしっことして体外に排出されますが、脂溶性ビタミン(A,D,E)は体内に蓄積され、各種の過剰症を引き起こします。サプリメントは必ず猫用を与えてください。
猫の毒となる食物 人間用の牛乳 人間用の牛乳の画像  猫は牛乳に含まれる「乳糖」(ラクトース)を分解する酵素である「ラクターゼ」をもたない個体がたくさんいます。無理に牛乳を飲ませても下痢をするだけなので、猫用のミルクを与えるようにしましょう。ちなみに、遺伝的にラクターゼを持たない人間もたくさんおり、牛乳を飲むとおなかを下します。
猫の毒となる食物 人間用の医薬品 人間用の医薬品の画像  人間用の医薬品は人間の体の大きさを基本に計算されています。体の小さな猫に与えると、副作用を通り越して毒薬になります。猫に人間用の風邪薬などを与えるのは絶対にやめましょう。
猫の毒となる食物トップへ