トップ有名な猫一覧保持記録で有名な猫ディジャ

ディジャ

 1分間で最も多くの芸をこなした猫「ディジャ」について解説します。

ディジャとは?

 「ディジャ」(Didga)は、ギネス世界記録の2017年度版において「1分間に最も多くの芸をこなした猫」として登録されているメスの雑種猫。最も芸達者な猫ディジャの顔
 オーストラリア・ニューサウスウェールズに暮らすプロのアニマルトレーナー、ロバート・ドルウェットさんは2012年、地元の保護施設で見かけた生後13週の子猫を引き取りました。アボリジニの楽器にちなんで「ディジャ」と名付けられたこの猫は、猫らしからぬ従順さで次々と芸を覚えていきます。
 レパートリーが数十個に増えた2015年、ロバートさんは満を持してギネスに登録を出願。同年9月10日には、オーストラリアのツイードヘッズで、1分間の内に20個の芸を披露しました。このパフォーマンスによってディジャは、翌2016年9月に発売された「ギネス世界記録2017」の中で、「1分間で最もたくさんの芸をこなした猫」として登録されました。 GuinnessWorldRecord DailyMail

ディジャの写真・動画

 以下でご紹介するのは、1分間で最も多くの芸をこなした猫「ディジャ」の写真と動画です。 スケートボードに乗る猫のディジャ
 「ディジャ」という名前の元となっている「ディジェリドゥー」(Didgeridoo)とは、オーストラリア先住民であるアボリジニの楽器。ギネス記録2017の日本語版では、公式にもかかわらずなぜか「ディッガ」という誤った名前で記載されている。写真の出典はこちら
トレーナーであるロバートさんの手の上に乗る猫のディジャ
 「芸」の条件は、定義付けがしっかりなされており、他の動きとの区別が明確にできること。また指示を与える際、人間が猫にタッチしてはならないという規定が設けられている。写真の出典はこちら
2頭のロットワイラーとともに芸を披露する猫のディジャ
 ディジャは記録を達成してからも精進を怠らず、今では24個の芸をこなせるという。2頭のロットワイラーと一緒にロールオーバーを行う動画は有名。写真の出典はこちら
世界一芸達者な猫
 以下でご紹介するのは1分間で20以上の芸をこなせる芸達者な猫「ディジャ」の動画です。動物愛護に熱心な飼い主のロバートさんは、犬や猫をペットショップで購入するのではなく、多くの可能性を秘めた保護猫を引き取って欲しいと呼びかけています。 元動画は⇒こちら