トップ有名な猫一覧奇跡の生還を果たした猫スカーレット

スカーレット

 我が子を火事から救い出したことで有名な猫「スカーレット」について解説します。

スカーレットとは?

 スカーレットは、全身にヤケドを負いながらも、我が子を火事から救い出した母猫。
火事の中から子猫たちを救い出した勇敢な母猫・スカーレット  1996年3月30日、ニューヨーク州ブルックリンにあった放置ガレージから、原因不明の出火があり、消防隊が駆け付けました。火事は程なくして消し止められましたが、消防隊員の一人が、ガレージから子猫を一匹ずつ運び出す母猫の姿を目撃します。彼女のまぶたは腫れ上がり、耳や肉球は焼けただれ、顔の毛は燃えてほとんど無い状態だったといいます。体中に重度のヤケドを負っていましたが、全ての子猫を運び終え、鼻先で確認した後、力尽きたかのように昏倒しました。
 その後、消防隊員デイヴィッド・ジャネッリ氏によって動物病院へ運び込まれた母猫(スカーレット)と子猫たちは、3ヶ月に渡る治療の後、里親を募集できるまで回復しました。
 この美談は国際的な関心を集め、治療を担当した病院には、何と7,000通を超える里親希望者があったといいます。スカーレットも新たな家庭に引き取られましたが、2008年10月11日、静かに息を引き取りました。なお、治療と里親募集を行ったアメリカ最大の養子縁組組織「ノースショア・アニマルリーグ」は、彼女の栄誉を称えて「スカーレット賞」を創設。自分の命を顧みず勇敢な行動を取った動物に対して贈ることを決定しました。 Scarlett (cat)

スカーレットの写真・動画

 以下でご紹介するのは、我が子を火事から救い出したことで有名な猫「スカーレット」の写真と動画です。 病院に運ばれた直後のスカーレット
 救出された直後の母猫スカーレットの様子。ヤケドの跡が痛々しい。写真の出典はこちら
里親に抱かれて幸せそうなスカーレット
 新しい里親であるカレン・ウェレンさんに引き取られた後のスカーレット。ヤケドもすっかり回復し、元気な姿を見せてくれている。写真の出典はこちら
Scarlett The Cat
 以下でご紹介するのは、里親に引き取られた後のスカーレットの映像です。やけどもすっかり回復し、階段を元気に上り下りしています。火事から救い出した子猫たちもすぐ近くの家に引き取られたため、生前は頻繁に会うことができたようです。 元動画は⇒こちら