トップ猫の体猫の体の構造猫の歩き方

猫の歩き方・完全ガイド~基本的な解剖と歩様から歩行異常まで

 猫は四足動物ですので、二足歩行する人間とは根本的に移動方法が違います。猫の足と人間の足の解剖学的な違いや、猫が見せる正しい歩き方と異常な歩き方について詳しく見ていきましょう。

猫の足と人間の足の違い

 猫の歩行様式は指行性(しこうせい)と呼ばれます。一方人間の歩行様式は蹠行性(せきこうせい)と呼ばれ、馬の歩行様式は蹄行性(ていこうせい)と呼ばれます。それぞれの意味は以下です。
動物の歩行スタイルいろいろ
  • 蹠行性 蹠行性(せきこうせい)は、地面に足の裏を接触しながら歩行する(人間・熊など)。
  • 指行性 指行性(しこうせい)は、地面に指だけを接触しながら歩行する(犬・猫など)。
  • 蹄行性 蹄行性(ていこうせい)は、地面にひづめを接触しながら歩行する(馬・象など)。
 私たち人間から見ると、猫の足は我々と同じ構造になっているように思われますが、実は大きく違います。私たちが猫の「足の裏」と見なしている部分(肉球に覆われている部分)は、実際は猫の「指」です。以下に猫の足の骨格を示しますのでご参照下さい。 猫の足の骨格~足の裏と思われる部分は、実は指の骨  上の骨格解剖図をごらん頂いて分かるとおり、私たちが足の裏と思い込んでいる部位は、猫の指の骨です。つまり平たく言うと猫はいつも爪先立ちで歩いているということになります。人間の蹠行性(せきこうせい)と猫の指行性(しこうせい)の違いを分かりやすく示した写真がこれです。 指行性と蹠行性の違いを示す図  犬や猫の「指行性」という移動様式は、「足を振り出すときの先端の質量を軽くし、回転を早くする」という効果があります。結果としてすばやく走る能力を獲得し、狩猟の成功確率が上がりました。一方、人間の指のような細かな動きは到底出来ませんので、器用さを犠牲にして獲得した歩行様式ともいえるでしょう。
猫の香箱座り
 猫がくつろいでいるとき、香箱座り(こうばこずわり/もしくはただ単に”箱座り”ともいう)という奇妙な座り方をします。座ったときのたたずまいが、香箱(香を入れる四角い箱)を彷彿(ほうふつ)とさせるところからこう呼ばれていますが、さてこのとき猫の前足は、いったいどうなっているのでしょうか? 猫の香箱座り~下から見るとひじから先を器用に折りたたんで座っている  下からのぞいてみると、手首を内側に器用に折り曲げて収納していることが分かります。
 一般的に、猫はリラックスしているときしかこうした座り方を見せません。それはこの「香箱座り」という座り方は危険にさらされたとき、即座に立ち上がって行動に移れない体勢だからです。猫が警戒しながら座っているときは、前足のひじを立てた状態をキープしています。また、ややリラックスしてくると「スフィンクス座り」、もしくは「ライオン座り」と呼ばれる姿勢に移行します。これはひじを地面につけた状態です。さらにリラックスすると手首を内側に折り曲げ、その上に上半身を乗せるようにして寝そべります。これが「香箱座り」の状態です。
 大型ネコ科動物であるライオンは、こうした器用な座り方は出来ませんので関節が柔軟な猫特有のスタイルと言うわけですね。 猫が香箱座りをする 猫のリラックス度合いと座り方との関係

猫の正常な歩き方

 哺乳動物には少なくとも13の歩き方があるといわれ、猫も時と場合に応じてさまざまな歩き方をします。以下では、猫がマイペースでのんびり歩くときの「ウォーキング」、ちょっと急いでいるときの「ジョギング」、そしてかなり焦っているときの「ランニング」に分けて解説します。

猫のウォーキング

 猫がのんびりと移動するときの歩き方は、「ウォーク」(walk, 常歩)が基本です。これはどの段階においても少なくとも二本の足が地面についている歩き方で、体が宙に浮く瞬間はありません。歩くスピードは0.9~1.8メートル/秒くらいで、体重の約60%は前足が支えています。前進する時の前足の基本的な機能は体を上に持ち上げることで、後足の機能は推進力を作ることです。
猫のウォーク
 以下でご紹介するのは、猫の「ウォーク」を模式化したアニメ動画です。人間で言うと「普通の散歩」くらいに相当するでしょう。 元動画は⇒こちら
 やや早めのウォーク。「側対歩」、「早い常歩」、「遅い側対速歩」などとも呼ばれる歩き方で、通常のウォークよりもやや早く移動できます。右の前足と右の後足、および左の前足と左の後足が連動しますが、着地のタイミングは微妙に異なります。 元動画は⇒こちら

猫のジョギング

 猫が少し急いでいるときの歩き方としては、「ペイシング」(側対速歩)と「トロット」(速歩)が有名です。

猫のペイシング

 「ペイシング」(pacing, 側対速歩)は、右前足と右後足、左前足と左後足が連動する歩き方です。地面を蹴った後、一瞬体が宙に浮きます。
猫のペイシング
 以下でご紹介するのは、猫の「ペイシング」を模式化したアニメ動画です。人間で言うと、「信号を渡っている最中に点滅が始まり、やや小走りになったくらい」に相当します。 元動画は⇒こちら

猫のトロット

 「トロット」(trot, 速歩)は、右の前足と左の後足、左の前足と右の後足が連動する歩き方です。「ペイシング」同様、地面を蹴った後、一瞬体が宙に浮きます。重心移動が少ないため疲労が少なく、長距離を移動するときに最もよく使われると言われます。
猫のトロット
 以下でご紹介するのは、猫の「トロット」を模式化したアニメ動画です。人間で言うと、ちょうど「ジョギングくらい」に相当します。 元動画は⇒こちら

猫のランニング

 猫がかなり焦っているときは、「ギャロップ」(gallop, 襲歩)という走り方をします。足の動きが一周する間、体が何回宙に浮くかによって、「シングルサスペンション」と「ダブルサスペンション」とに分かれます。なお「サスペンション」(suspension)とは「浮遊」という意味です。

シングルサスペンション

 「シングルサスペンション・ギャロップ」(single suspension gallop)とは、足の動きが一周する間、体が1回だけ宙に浮く走り方です。基本的な動きはカエルと同じで、左右の前足と左右の後足とがそれぞれ連動します。一瞬体が宙に浮くのは、両方の後足で地面を蹴ってから、両方の前足で着地するまでの間です。
猫のシングルサスペンション・ギャロップ
 以下でご紹介するのは、猫の「シングルサスペンション・ギャロップ」を模式化したアニメ動画です。人間で言うと、「運動会の100メートル走」くらいに相当するでしょう。 元動画は⇒こちら

ダブルサスペンション

 「ダブルサスペンション・ギャロップ」(double suspension gallop)とは、足の動きが一周する間、体が2回宙に浮く走り方です。基本的な動きは「シングルサスペンション」と同じで、左右の前足と左右の後足とがそれぞれ連動します。体が宙に浮くのは、両方の後足で地面を蹴ってから両方の前足で着地するまでの間と、両方の前足で地面を蹴ってから両方の後足が再び地面に着地するまでの一瞬です。この動きを理解する際は、跳び箱をイメージすると分かりやすいでしょう。 ダブルサスペンションは、人間で言うと跳び箱を延々と飛び続ける上体に似ている  上で示した動きを連続して行うのが「ダブルサスペンションギャロップ」です。つまり、「助走を挟まず連続で跳び箱を延々と跳び続ける状態」に近いと言えます。
猫のダブルサスペンション・ギャロップ
 以下でご紹介するのは、猫の「ダブルサスペンション・ギャロップ」を模式化したアニメ動画です。人間で言うと、「森の中でクマに出くわし、一目散で逃げるときの走り方」に相当するでしょう。 元動画は⇒こちら

猫の異常な歩き方

 健康な猫の場合、猫の正常な歩き方で示したようなスムーズな足取りで歩いたり走ったりしますが、体に何らかの異常がある場合は、バランスやリズムが崩れたおかしな歩き方をします。飼い主は、以下に述べるような異常が無いかどうかを、日頃からチェックする習慣を付けておいた方がよいでしょう。
猫の歩行異常
  • ふらふら歩く
  • 歩くのを嫌がる・運動を嫌がる
  • ものによくぶつかる
  • 片足を引きずるように歩く
  • 下半身が動かない
  • 動きがのろい
  • お尻をこするように歩く
 歩行異常の原因としては、小脳や前庭器官など神経の障害、筋肉の障害、感染症や心臓疾患など、さまざまなものが考えられます。詳しくは歩き方の変化や異常にまとめてありますので、飼い猫が怪しい動きを見せた場合はご参照ください。