トップ猫の種類ペットショップで猫を買う前に

ペットショップで猫を買う前に~その猫、どこで生まれましたか?

 衝動買いによって悪徳繁殖屋に加担してしまわないための注意点について解説します。ペットショップで猫を買う前に必ずお読みください!

絶対に必要な質問

 猫を飼いたいと思ったとき、まず真っ先に頭に思い浮かぶのは「ペットショップ」だと思います。路面沿いに店舗を構えた小規模なお店を思い浮かべる人もいれば、ショッピングモールにテナントとして入っている比較的大きなお店を思い浮かべる人もいるでしょう。 ペットショップに陳列されている子猫の来歴を、店員が積極的に教えることはない  もしこれからこうしたペットショップで猫を買おうとしている人がいたら、お店の店員に必ず次の質問を投げかけてみてください。
この子猫はどこで生まれましたか?
 店員は「信頼のおけるブリーダーの元で生まれました」といった漠然とした返答をするかもしれません。その場合は、「どこに住んでいる何というブリーダーの元で生まれましたか?」とさらに突っ込んで聞いてみましょう。店員は「血統書に記載されていますので、ご購入いただいた方に対面説明することになっています」といった返答をするかもしれません。もし子猫の来歴に関する質問を投げかけても、上記したような適当な返答をするばかりで明確な答えをはぐらかすような場合は、悪徳繁殖業者の共犯者になってしまう危険性があります。
 飼い主にとって重要なのは「ブリーダーはしっかりした人なのか?」、「子猫は健全な離乳をしたのか?」、「親猫に遺伝性疾患はないのか?」、「日本国内で可能な遺伝子検査は終えているのか?」という点を事前に確かめることです。確認のための重要な情報をなかなか提供しないということは、ブリーダーに問題があるか、ショップに問題があるか、あるいはその両方ということです。 犬・猫の小売 NEXT:猫の競り市とは?

猫の「せり市」

 はっきりとした来歴がわからない子猫たちは、一体どこからきたのでしょうか?ペットショップのショーケースに並べられるひとつ前の段階に戻って見てみましょう。
 店内に常時数十頭単位の猫を確保しているような中~大型店舗では、商品として売ろうとする子猫たちを大量に仕入れる必要があります。そのときによく利用されるのが「ペットオークション」と呼ばれるシステムです。このシステムでは「オークション」という名前が示している通り、各地から集められた子猫たちが段ボール箱に詰められ、さまざまな店舗から集まったバイヤーによって競り落とされていきます。ちょうど野菜のせり市のような感じです。 オークション会場で野菜のようにコンベヤーを流される子猫  オークション会場は秘匿性が高く、ペットショップを運営していたり、これからペットショップをオープンさせようとする人以外は、なかなか入ることができません。会場を視察したことがある作家の渡辺眞子さんは、内部の様子を以下のように描写しています。
 会場は市街地から少し離れた貸倉庫のような場所。中に入ると仕入れに来た業者の席がひな壇のように並び、その中央に手動のベルトコンベヤーのようなものが設置されていました。まず午前中に動物の餌やアクセサリーなどペット関連グッズが扱われ、次に鳥のヒナやウサギなど単価の安い小動物、その後にサルとか鳥類といった犬猫以外のペット、そして休憩を挟んで午後から犬と猫のオークションが始まります。段ボール箱に入れられた子犬や子猫がコンベヤーに乗って買い手の前に流れてきます。そこで白衣を着た担当者が会場全体に見えるように箱から1頭ずつ掴み上げて犬種と雌雄、血統書の有無や身体的な特徴を読み上げ、初値を決めると値付けが始まります。設置された大きなスクリーンに設定された初値が映し出され、そこから価格は自動的に少しずつ上がるのですが、手元のリモコンボタンを最後まで押し続けた人が落札するというシステムでした。そのコンベアは会場の外の駐車場に直結しており、買い手が決まると、そのまま車で運ばれていくという一連の流れになっていました。 それでも命を買いますか?
 上記したように、各地からオークション会場に運ばれてきた子猫たちは、まるで野菜か何かのようにコンベヤーの上を流され、次から次へとペットショップのバイヤーの手に渡っていきます。会場には健康な猫もいれば、寄生虫や感染症を保有した不健康な猫もいることでしょう。しかし多くの場合、子猫を病気から守ろうとする特別な配慮もなければ、見知らぬ場所に連れて来られて怯えている子猫たちのストレスを緩和しようとする配慮もありません。 犬・猫のせり・オークション NEXT:キトゥンミルの実態

繁殖屋と子猫

 オークション会場に来る前、子猫たちは一体どこにいたのでしょうか?さらに時間を遡って見てみましょう。
 子猫を繁殖する業者は一般的に「ブリーダー」と呼ばれます。しかしその内容に関してはピンキリで、猫の健康や福祉を十分に考えた「シリアスブリーダー」(真面目なブリーダー)と呼ばれる人たちもいれば、ただ単に猫を商品として扱い、劣悪な環境下で繰り返し繁殖を行う「繁殖屋」と呼ばれる人たちもいます。残念ながら、ペットショップに陳列されている子猫たちの中には、繁殖屋において生み出されたものが少なからず含まれています。 日本国内で異常な人気を誇るスコティッシュフォールドとマンチカン  繁殖屋は少ない投資でなるべく大きな利益を得るため、手っ取り早く流行りの品種を繁殖させようとします。日本で言うとスコティッシュフォールド、アメリカンショートヘア、ラグドール、マンチカンなどです。しかしこうした品種の中には、深刻な遺伝病に苦しんでるものもいます。
 例えば、長らく人気トップを占めているスコティッシュフォールドでは「骨軟骨形成不全」や、その結果としての「変形性関節症」がそれに相当します。こうした遺伝病は、母猫か父猫のどちらか一方から「Fd」という遺伝子を1本でも受け継いだだけで発症する危険性が高まることが知られています。しかしお金のことしか頭にない悪徳繁殖屋にとっては、将来的に猫が味わう苦しみや飼い主の苦悩など知ったことではありません。遺伝学に関する知識もないまま適当に繁殖を続けた結果が、スコティッシュフォールドにおいて見られる他の品種に比べて3倍近い筋骨格系疾患の有病率です。 家庭どうぶつ白書2014(アニコム損保) スコティッシュフォールドと他の品種における筋骨格系疾患有病率比較グラフ スコティッシュフォールドと他の品種における関節炎有病率比較グラフ  「前代未聞の猫ブーム」とか「ネコノミクス」といった表現で猫がもてはやされるのに合わせ、関東のペット市場における猫の相場が2015年1月から2016年1月までのわずか1年間で3倍近くに高騰するという現象が起こっています(出典:PETS REVIEW 2016 No.03)。オークションにおける落札価格が上昇するに伴い、目先の利益に目がくらんだ繁殖屋が、次から次へと人気品種ばかりを繁殖しようとする展開は想像に難くありません。結局そのツケを払うのは、遺伝病に苦しむ猫、そしてその猫を看病する飼い主です。
 血統書がついてくるいわゆる「純血種」の猫には品種によってかかりやすい疾患があります。そしてこれらの疾患の中には、事前に遺伝子検査をすることで予防できるものもあります。果たして流行りの品種ばかりを繁殖させて利益を上げようとしているブリーダーは、お金のかかる遺伝子検査をしっかりやっているのでしょうか?純血種の猫に多い病気 NEXT:繁殖猫の悲劇

繁殖屋と母猫

 子猫たちを生み出すために絶対に必要なのが母猫の存在です。「繁殖猫」と呼ばれるこうしたメス猫たちは一体どのような環境で生活しているのでしょうか?
 国内外のニュースを見ていると、時折「ブリーダー崩壊」という言葉を目にすることがあります。これは悪徳繁殖業者が経営に行き詰まり、確保していた繁殖猫たちを一度に大量に飼育放棄する現象のことです。以下は2018年、日本で人気の「アメリカンショートヘア」の繁殖屋が病気になり、繁殖猫を大量に手放したときの状態です。  写真からも分かるとおり、繁殖猫たちは必要最小限のケアすら与えられず、狭いケージの中に閉じ込められたまま運動もさせてもらえません。ひどいときにはこの状態が一生涯続きます。このような劣悪な環境下に軟禁された繁殖猫たちは、発情期が来るたびに出産を強要され、次から次へと子猫を生むことを余儀なくされます。繁殖屋にとって子猫たちが「機械部品」 ならば、子猫たちを生み出す繁殖猫たちは部品を作り出す「工業機械」にすぎないのです。そこでは、猫たちを生き物として扱う意識などさらさらなく、まして動物にとって必要最低限な「5つの自由」(飢えと渇き・不快・怪我や病気・恐怖や苦悩から解放され、正常な行動を表出する自由)など期待すべくもありません。 NEXT:猫を買う前に

ペットショップに行く前に

 ペットショップに並んでいる子猫たちが、一体どこで生まれ、どのように輸送され、どのような流通経路を通ってきたのかを概観したところで、もう一度最初の質問に立ち戻ってみましょう。
この子猫はどこで生まれましたか?
 動物愛護管理法により、犬や猫の販売業者には「対面説明が必要な18項目」というものが規定されており、その中に「繁殖を行った者の氏名又は名称及び登録番号又は所在地」というものがあります。飼い主としては事前にブリーダー情報を得て、どのような繁殖施設でどのような品種を繁殖しているのかを確認したいところです。にもかかわらずペットショップがこの重要な情報をしっかりと提供してくれない場合は、そもそも名前と所在地以外ブリーダーがどんなレベルなのかを知らないか、あるいはあまりにもレベルがひどくて購入者に事前に知ってほしくないかのどちらかでしょう。
 繰り返しになりますが、もし子猫の来歴をしっかりと回答できないようなペットショップがあった場合、悪徳繁殖業者に加担してしまう危険性があります。
すし詰め子犬工場「まるで地獄」
 福井県坂井市で営業していたパピーミルの実際の映像です。一時は400頭近い犬や猫たちをたった2人で管理するという劣悪な状態が続いていました。適正な飼養を怠り「首根っこをつかんで移動する」など動物虐待まがいの扱いをしていたにもかかわらず、この業者は不可解な経緯で不起訴処分となっています。 元動画は⇒こちら
 これから猫を飼おうとする方は、ぜひ「保護猫を引き取る」という選択肢を考えてみてください。保護猫たちの中には、悪徳繁殖業者の元で生まれたあげく質の悪いペットショップに卸され、衝動買いをした無責任な飼い主に捨てられた子たちもいます。暴力を始めとする肉体的な虐待を受けたり、ネグレクト(怠慢飼育)の犠牲になった猫たちもいることでしょう。子猫の頃から天寿を全うするまで一緒に暮らし、愛情をかけ続けるのも1つの飼育スタイルです。しかし、生涯の前半で辛い経験をした猫たちの、残りの「猫生」を豊かなものにしてあげるという飼育スタイルがあっても、また良いのではないでしょうか。ぜひご一考ください。 猫の里親募集機関 捨て猫・保護猫の引き取り方 走行中の車からゴミのように投げ捨てられた子猫の「エイプリル」~肺炎を克服して生き延びようと必死に格闘中
みすぼらしい状態で保護された子猫の「サイラス」~2年後にはモデル級の美貌で周囲を驚かす
ランドリーの乾燥機で大やけどを負った「フェニックス」~名前の通り不死鳥のようによみがえる
グレムリン状態で保護された子猫の「ダイヤモンド」~たった2年で過去の黒歴史を帳消しにする美猫に
雨の中で凍えていた子猫の「ユートピア」~優しい飼い主さんに拾われて身も心も温まる NEXT:悪徳業者の見分け方

子猫を繁殖者から購入するときの注意

 ペットショップやブリーダーから子猫を購入する場合、特に注意してチェックすべき点があります。これには子猫自身をチェックすることの他、子猫の繁殖に関わったブリーダーをチェックすることも含まれます。

第一種動物取扱業者の掲示

 改正動物愛護管理法(2006年6月~)の施行により、登録業者を証明する標識の掲示が義務化されました。ペットショップでもブリーダーでも、店舗内や繁殖施設のわかりやすい場所に第一種動物取扱業者「販売」の掲示をしていなければなりません。
 またウェブサイトを運営している場合、それは「広告」に該当すると考えられます。環境省のガイダンスでは業者の「氏名又は名称、事業所の名称及び所在地、動物取扱業の種別、登録番号並びに登録年月日及び登録の有効期間の末日並びに動物取扱責任者の氏名を掲載すること」と規定されています。よってサイト内のどこかに第一種動物取扱業者「販売」の詳細が記載されていなければなりません。 動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目

子猫の飼育・繁殖環境

 ペットショップの場合、ブリーダーの所在地と名前しか情報をくれないことがあります。しかし、猫を買う前にぜひブリーダーの繁殖施設を見学し、飼育環境を確認してください。ケージの中に複数の繁殖猫を入れておざなりに管理している場合、猫の福祉を無視した「繁殖屋」(キトゥン・ファクトリー)である可能性が大です。また室内はしっかり清掃されているか、換気は十分か、糞尿の臭いが充満していないかも合わせて確認します。
 動物愛護法により第一種動物取扱業者には「犬猫等健康安全計画」の策定が義務付けられています。しかし行政が繁殖業者の施設を抜き打ちでチェックするというシステムはありません。結果として、書類上は登録を受けているにも関わらず、実際は全くルールが守られていないということも大いにありえます。 動物愛護法が改正されました

母猫の扱い方

 母猫に対する扱い方を確認します。目やにがあったり鼻水がたれている場合、何らかの感染症にかかっているかもしれません。そして感染症は身近に接してグルーミングしている子猫にも移っているはずです。被毛が粗雑な場合、ブリーダーがしっかりとブラッシングをかけていないのかもしれません。「多忙」を理由に猫の健康管理を疎(おろそ)かにしているようなら、それは動物福祉よりもお金が優先だということです。 引き取り屋の狭いケージ内にすし詰めにされた犬たちの哀れな姿  年老いて繁殖が難しくなったメス猫はどう扱われているのでしょうか?家庭内で引退生活を送っていない場合、第三者に譲渡した可能性があります。悪質なブリーダーの場合、金銭を支払って「引き取り屋」(上の写真参照)という専門業者にお払い箱にしてしまいます。こうした業者の中には、劣悪な環境下に猫を軟禁し、いちじるしく福祉を損なっているものもいます。そのブリーダーが猫好きなのかお金好きなのかは、利益を産まなくなった母猫への扱い方に如実(にょじつ)に現れるものです。

社会化期と離乳時期

 猫の性格形成にとって生後2~7週は極めて重要な社会化期です。また母猫と引き離す「離乳」の理想は早くとも14週齢と考えられています。まっとうなブリーダーやペットショップならこうした時期の重要性を理解し、あまりにも幼い子猫は販売しないしないはずです。
 きょうだい猫(同腹仔)とじゃれあう「社会化」の時間、および人間の手による「ハンドリング」の時間を設けているかどうかはしっかり確認するようにします。こうした時間をしっかりとらないと、健全な性格形成が進まないことがあります。 猫の性格 子猫と母猫を引き離すタイミングは後の問題行動に影響を及ぼす

購入者へのインフォーム

 動物愛護法では犬や猫を販売する際、販売業者が購入者に対して「対面説明が必要な18項目」を、面と向かって直接説明することが義務付けられています。しかしこの項目は必要最小限のものであり、必ずしも理想的なものではありません。まっとうなブリーダーやペットショップなら、その品種に合わせて適切な飼育法を事細かに教えてくれるはずです。
 また猫には品種によってかかりやすい病気というものがあります。まっとうな販売業者なら海外の情報も含めてしっかりと勉強し、こうしたデメリットも含めて購入者に教えてくれます。さらに遺伝病の中には事前の検査で疾患遺伝子の有無を確認できるものもあります。まっとうな業者なら疾患遺伝子を保有している可能性のある猫を繁殖には用いません。たとえば「耳折れ」のスコティッシュフォールドは変形性関節症の発症確率が高まるから繁殖しないなどです。高く売れるからという理由で猫の健康や福祉をないがしろにするのは、シリアスブリーダーではなく「繁殖屋」のすることです。 純血種の猫に多い病気

きょうだい猫の数

 子猫を見るときはきょうだい猫(同腹仔)の数も確認するようにします。品種には平均的な同腹仔数というものがあり、この数よりも極端に少ない場合は何らかの問題がある可能性を考慮します。
 以下は、猫の代表的な品種で報告されているきょうだい猫(同腹仔)の数です。フランス国内において、45の品種に属する合計5,303頭のメス猫から生まれた、合計28,065頭の子猫のデータが元になっています(→A. Fournier, 2016)。
 表中の「平均同腹仔」とは、子猫の生死にかかわらず1回の出産で生まれた子猫の数を平均化したものです。「死産率」とは、生まれてきた子猫全数の中で、出産時すでに死亡していた子猫がどの程度いたのかを表しています。また「新生子死亡率」とは、死産を免れて生まれてきた子猫全数の中で、生後60日までにどのくらいの子猫が死亡してしまったのかを表しています。当然、数字が大きいほど「たくさんの子猫が死んだ」という意味です。 代表的な猫の品種における平均同腹仔数、死産率、新生子死亡率一覧表  長い間繁殖を行っているブリーダーの場合、多かれ少なかれ何らかの障害を抱えた子猫に出会うことでしょう。先天的疾患の中には命にかかわる重度のものもあれば、「見た目がちょっと違う」という軽度のものまで色々あります。以下は、イギリス国内において14品種に属するメス猫が行った合計1,056回の出産を元にしたデータです(→Sparkes AH, 2006)。
 表中の「発生率」は1回の出産で生まれた子猫のうち、1頭でも先天的疾患を有していた場合を「1」としてカウントしています。つまり10%といった場合は「猫の出産100回のうち10回では、少なくとも1頭の子猫が先天的疾患を有して生まれてくる」という意味になります。 代表的な猫14品種の子猫における先天的疾患発生率  海外のデータであるためそっくりそのまま日本に持ち込むことはできないでしょうが、上で示したように非常に高い確率で先天的疾患を抱えた子猫が生まれることはお分かりいただけたでしょう。例えばアビシニアンの場合、国内のアビシニアンブリーダーが1000回出産を行ったとすると、そのうち100回では少なくとも1頭、何らかの先天的疾患を抱えた子猫が生まれていると推計されます。つまり最低100頭いるということです。
 さて、疾患を持って生まれた子猫たちは一体どこに行くのでしょうか?障害が原因でそのまま死亡してしまうのでしょうか?障害が重度で回復の見込みが無く、安楽死させられるのでしょうか?障害が軽度で生き残り、繁殖施設のどこかで飼われるのでしょうか?それとも第三者に譲渡されるのでしょうか?  動物愛護法では犬や猫を販売する業者に対し「終生飼養の確保」を義務付けています(→出典)。これは販売することができない個体であってもしっかりと天寿を全うさせてあげるということです。手足の奇形、口蓋裂、心疾患、臍ヘルニア、横隔膜ヘルニア、眼瞼欠損、類皮腫、胸郭や頭の奇形、合趾症といった先天的な疾患を持って生まれてきたからといって、治療の機会すら与えずブリーダーがその猫を間引いていいなどというルールはどこにもありません。きょうだい猫の数があまりにも少ないときは、ブリーダーにその理由を聞いておきたいものですね。
猫をどこかで購入するにしても譲渡会を通じて里親になるにしても、猫を飼う前に必要な条件は絶対にクリアしておかなければなりません。