トップ猫の健康と病気猫の感染症猫汎白血球減少症

猫汎白血球減少症

 猫の猫汎白血球減少症(はんはっけっきゅうげんしょうしょう)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い猫の症状を説明するときの参考としてお読みください。

猫汎白血球減少症の病態と症状

 猫汎白血球減少症とは、パルボウイルスの一種である猫汎白血球減少症ウイルス(FPV)によって引き起こされる感染症です。
 このウイルスが引き起こす猫汎白血球減少症(ねこはんはっけっきゅうげんしょうしょう)は、別名「猫ジステンパー」、「猫伝染性腸炎」とも呼ばれ、致死率と伝染性が高く、消毒・清浄化が困難なことで知られています。なお頭に「猫」と付いていますが、一部のイヌ、イタチ科の動物(特にミンク)、アライグマ科の動物(アライグマやハナグマ)にも感染することが確認されています。
 猫汎白血球減少症の症状には以下のようなものがあり、通常2~12日間の潜伏期間の後、食中毒に似た嘔吐、下痢、食欲不振といった症状と共に突如発症します。2~6ヶ月齢の子猫では重症例が多く、1歳を超えた成猫においては無症状~軽症例が多いとされます。
猫汎白血球減少症の主症状
  • 心筋型  血流によって全身に行き渡ったウイルスは、子猫の場合は心筋細胞に取り付き、そこで爆発的に増殖して細胞を破壊します。心筋細胞が破壊されれば心筋炎を起こし心不全により突然死します。
  • 腸炎型  ウイルスが腸管内に取り付いた場合は、腸陰窩細胞(ちょういんかさいぼう=腸の表面にある細胞)が破壊されることで正常な粘膜形成ができず、下痢、水様性粘血便(トマトジュースのようなさらさらな便)といった症状をきたします。加えて骨髄細胞の破壊によって白血球数が激減し、腸内細菌の日和見感染(ひよりみかんせん=通常は無害であるが、免疫力の低下につけ込んで悪事を働くこと)を防御することができなくなり、敗血症(細菌によって引き起こされた全身に及ぶ免疫・炎症反応のこと)に至ります。 同時に、腸粘膜の下に連なる毛細血管の破壊による出血などの要因が重なってDIC(本来、出血箇所でのみ生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こること)が引き起こされ、全身の臓器が機能しなくなり死に至ります。
猫汎白血球減少症トップへ

猫汎白血球減少症の原因

 猫汎白血球減少症の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
猫汎白血球減少症の主な原因
  • 経口感染  ウイルスを保有している猫との直接的な接触や、糞便や吐物(吐き出したもの)、及びそれらの飛沫(ひまつ)、粉塵(ふんじん)を口や鼻から摂取することで感染します。
     不特定の猫が多数集まる公園やペットショップ(ペットショップなどで買い求めた子猫が、最初からウイルスを保有しているという悪質なケースもあります)、動物病院などに感染力を保持したままウイルスが存在した場合、人間の靴や服、被毛に付着し、人間や他の動物によって運ばれることもあります。そのため屋内飼育で他の猫との接触がないからといって感染する可能性を否定することはできません。
     また、パルボウイルスは外界において半年~1年以上も生存するといわれていますので、猫同士の直接的な接触が無くても、道路や木にかけたおしっこなどから間接的に感染する危険性もあります。
  • 垂直感染  妊娠中の母犬が感染した場合、胎盤を経由して胎児にも感染し死産・流産を引き起こします。また仮に子猫が生き残ったとしても、小脳に重大な障害が残るとされます。
猫汎白血球減少症トップへ

猫汎白血球減少症の治療

 猫汎白血球減少症の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
猫汎白血球減少症の主な治療法
  • 対症療法  猫汎白血球減少症の治療には、現在のところ特効薬がなく、その場しのぎの対症療法のみです。
     猫自身の免疫力を保つ手助けをする効果を期待して、ネコインターフェロン製剤の投与が行われることが多く、また嘔吐や下痢により失われた体内の水分や電解質(ナトリウムや塩素などのイオン成分)を補給する点滴治療や、腸内細菌による二次感染を抑制するための抗生物質投与などが行われます。 
  • ワクチン接種  猫のワクチンについては猫ウイルス性鼻気管炎猫カリシウイルス感染症、そして当症の3種混合ワクチンがコアワクチンとしての主流です。しかし副反応・副作用をもたらすものもありますので、接種にあたっては獣医師と相談の上、その猫に合ったものを選択することが重要となります。なおパルボウイルスに対する免疫は、一度獲得するとほぼ一生涯にわたって継続しますが、万全を期すため1~3年おきに追加接種が行われます。 猫のワクチン接種 
  • 飼い主の側の注意  平時の健康管理とワクチン接種が何より重要です。また他の猫と接触する状況を作らないため、猫を完全室内飼いにするという配慮も重要でしょう。多頭飼いをしている場合は、一匹が感染するとすべての猫に感染してしまうこともしばしばです。パルボウイルスの感染力を示す例としては、マリオン諸島における猫駆逐作戦(PDF)が有名でしょう。南アフリカ南東に浮かぶマリオン島内ではかつて、増えすぎた猫の数を減らすため、人為的にこのウイルスが持ち込まれました。その結果、1977年の時点では3,405匹だった猫が、わずか18ヶ月間で半分近くにまで減少したといいます。 猫を飼う室内環境 
猫汎白血球減少症トップへ