トップ猫の栄養と食事猫の腸内細菌

猫の腸内細菌

 ほとんどの哺乳動物が腸内に数多くの細菌を保有しているにもかかわらず、これらが動物にとって敵なのか味方なのかはいまだによくわかっていません。ここでは、現在わかっている最新の知見に基づき、猫にとって腸内細菌がどのような役割を果たしているのかを検証していきたいと思います。

腸内細菌とは?

 腸内細菌とは動物の体に生息している常在菌のうち、特に消化管内にいるもののことを指します。細菌が体内に入るルートは、母親の産道、食事、母親を始めとする近親者との接触、口が触れた外界の物体など様々です。体に付着した細菌は、口の中、鼻の中、皮膚の表面、生殖器内など様々な場所で増殖し、それぞれの場所に定着して常在細菌となります。そのうち消化管内に定着したものが腸内細菌です。人間においては、個人差はあるものの 1人当たり100種類以上、合計100兆個以上の細菌が生息していると推定されています。善玉菌の代表「ビフィズス菌」と悪玉菌の代表「大腸菌」  腸内細菌は宿主に及ぼす影響によって「善玉菌」と「悪玉菌」とに大別されます。前者は生体に対してよい影響をもたらすタイプで、「ビフィドバクテリウム属」(ビフィズス菌など)や「ラクトバチルス属」(乳酸桿菌)を含みます。後者は逆に悪い影響を及ぼすタイプで、「クロストリジウム属」 (ウェルシュ菌など)や大腸菌などを含みます。
 腸内細菌のうち、善玉菌が果たす主な役割は以下です。一般的に「腸内環境を整える」と言った場合は、悪玉菌の数を減らして善玉菌の数を増やし、以下に述べるような効能が現れやすくすることを指します。
善玉菌の機能・効能
  • ビタミンB群とビタミンKを生成する
  • 腸内のpHを顕著に低下させる
  • ある種のアレルギー症状を緩和させる
  • ある種の感染性腸炎を緩和させる
  • 鉄分の吸収を促進する
  • 便通をよくする
猫の腸内細菌トップへ

猫の腸内細菌叢の構成

 腸内細菌は人間のみならず、犬や猫と言ったペット動物の腸管内にも生息しています。猫の腸内細菌には様々な種類がありますが、その構成比率は年齢や生育環境によって左右されるようです。
猫の腸内細菌叢
  • Desaiらの調査(2009年) 完全室内飼いの猫5頭と屋外猫4頭の糞便サンプルを採取し、細菌の構成を精査した。その結果、「アクチノバクテリア門」(放線菌門)の中では「ビフィズス菌」が、「フィルミクテス門」の中では「ラクトバチルス」(乳酸桿菌)が多く観察された。さまざまな種類が発見されたが、その構成比率には大きな個体差があった(→出典)。
  • Tunらの調査(2012年) 猫の腸内細菌叢を大きな区分で比較したとき、犬、人間、マウス、ニワトリのうち、猫の構成比率はニワトリのものに最も近かった(→出典)。
  • Deuschらの調査(2015年) 16頭のオス猫と14頭のメス猫を対象とし、生後18週、30週、42週齢で糞便サンプルを採取した。そこから腸内細菌叢を割り出したところ、生後30週で腸内細菌の増殖がだいたい収まることが判明した。同じエサを食べ、同一環境で暮らしている場合、猫の腸内細菌を左右するものは、年齢だけだと推定される(→出典)。
 このように、猫の腸内細菌には人と同じようなビフィズス菌やラクトバチルスといった善玉菌が含まれているようです。しかしその構成比率に関しては、人間よりもニワトリに近いと言います。「構成比率には大きな個体差があった」という報告も併存していることから、すべての猫がニワトリ型の腸内細菌叢を持ってるというわけではないのでしょう。生後7ヶ月くらい(30週齢)で個体ごとの腸内細菌が固定化されるメカニズムには、近年発見された「マイクロRNA」が関わっているかもしれません(→出典)。この物質は腸管細胞から放出された後、細菌の中に入りこんで遺伝子の発現に影響を及ぼし、結果として腸内細菌叢をコントロールしていると考えられています。
猫の腸内細菌トップへ

腸内細菌と猫の疾患

 人医学の分野では、腸内細菌が宿主の健康に役立っているとする報告と、あまり関係がないとする報告が混在しており、未だ決定的な結論には至っていません。一方、獣医学の分野でも同じような状況があるようです。以下は腸内細菌と猫の腸疾患との関連性について行われた調査の一部です。
腸内細菌と胃腸疾患の関係
  • Kerrらの調査(2012年) 消化管の腸内細菌叢がどのように宿主の健康に影響を及ぼすかとか、腸内細菌の構成比率や活動性が年齢、遺伝、環境的な要因によってどのような変化を受けるかとか、ある特定の病原体や徴候がどのように診断や治療に役立つかに関しては、今後さらなる研究が必要となるだろう(→出典)。
  • Ramadanらの調査(2013年) 慢性的な下痢症状を示す15頭の腸内細菌を調べたところ、最も多かったのはフィルミクテス門とバクテロイデスで、それにフソバクテリウム門、プロテオバクテリア、テネリキューテス、アクチノバクテリアなどが続いた。腸内細菌叢の変化によって下痢の症状が軽減したが、腸内細菌の変化が症状の軽減を招いたのか、それとも症状が軽減したから腸内細菌の多様性が変わったのかは定かでは無い(→出典)。
  • Honnefferらの調査(2014年) 炎症性腸疾患は、生まれつき持っている免疫システムのほか、「フィルミクテス門とバクテロイデスの減少」、「プロテオバクテリアの増加」、「クロストリジウムクラスターのXIVとIVの多様性縮小」などと関連していると考えられる。よってこれらの腸内細菌を調整することで、病気を改善できる可能性がある(→出典)。
 このように腸内細菌が猫の体にどのような影響を及ぼしているのかに関してはよくわかっていないのが現状です。
猫の腸内細菌トップへ

フードと腸内細菌の変化

 猫の腸内細菌叢は、いったん固定化された後でも、摂取する食事の内容によって構成比率が流動的に変化するようです。
フードによる腸内細菌の変化
  • Lubbsらの調査(2008年) 8頭の健康なメス猫(1歳以上)を対象とし、異なるタンパク質含有率を持ったフードの給餌実験を行った。4頭には中等度含有率(MP)のフードを与え、残りの4頭には高含有率(HP)のフードを与えて8週間様子を見た。各グループから糞便サンプルを採取して腸内細菌を調査したところ、以下のような特徴が観察された。
    【 MPグループ 】
    ・細菌類似度指数=66.7%
    ・ビフィズス菌(善玉)→9.44CFU/g
    ・クロストリジウム(悪玉)→10.83CFU/g
    【 HPグループ 】
    ・細菌類似度指数=40.6%
    ・ビフィズス菌(善玉)→5.63CFU/g
    ・クロストリジウム(悪玉)→12.39CFU/g
     一般的に体に良いという印象を持つ高たんぱくフードだが、腸内細菌という観点から見ると、必ずしも健康増進には寄与していない可能性がある。また高たんぱくグループにおいて見出されたビフィズス菌の少なさは、プレバイオティックサプリで補うことができるかもしれない(→出典)。
  • Berminghamらの調査(2011年) メス4頭とオス4頭(平均6歳・平均3.4 kg)の猫を対象とし、ウェットフードとドライフードの給餌実験を行った。5週間ずつ設けた「ドライ期」と「ウェット期」のそれぞれにおいて糞便サンプルから腸内細菌を調査したところ、特にペロモナスとフソバクテリウム門が、食事内容に大きな影響を受けることが分かった(→出典)。
  • Berminghamらの調査(2013年) ドライフードとウェットフードを用意し、16頭の猫(不妊手術済み・平均年齢6歳・平均体重3.4kg)に対して給餌実験を行った。5週間ずつ設けた「ドライ期」と「ウェット期」のそれぞれにおいて糞便サンプルから腸内細菌を調査したところ、以下のような特徴が観察された。
    【 ドライ vs ウェット 】
    ・ラクトバチルス→31.8% vs 0.1%
    ・バクテロイデス→0.6% vs 5.7%
    ・メガスフェラ属→23.0% vs 0.0%
    ・オルセネラ→16.4% vs 0.0%
    ・ブラウチア→0.3% vs 2.3%
     短時間(5週間)の食事の変更により、腸内細菌の構成比率は大きな影響を受けるようだ。これらの腸内細菌は、猫の体内における栄養の消化吸収率に影響を及ぼすものと考えられる(→出典)。
 このように、猫の腸内細菌叢はタンパク質や水分の含有率によって影響を受けるようです。食事中に含まれる栄養成分を腸内細菌が代謝に用いることができるかどうかが大きなポイントだと考えられます。ドライフードを食べている猫とウェットフードを食べている猫とでは、腸内細菌叢の構成比率に違いが見られるのかもしれません。
猫の腸内細菌トップへ

サプリメントの効能

 腸内細菌の栄養となるような物質を総称して「プレバイオティクス」、外部から体内に取り込む腸内細菌のことを総称して「プロバイオティクス」と呼びます。人間用のものとしては、サプリメントやヨーグルトといった形で流通していますが、猫に与えた場合どうなるかという調査が過去にいくつか行われました。
腸内細菌へのサプリの影響
  • Barryらの調査(2009年) 12頭の猫を対象に、セルロース、オリゴフルクトース、ペクチンを給餌し、糞便の硬さを1(非常に硬い)~5(水っぽい)で評価した。オリゴフルクトースを与えた場合、ビフィズス菌が増えて大腸菌が減った。またペクチンを与えた場合、クロストリジウム、大腸菌、ラクトバチルスの全てが増加した。さらにタンパクの発酵に関わる細菌群を増やすと同時に、炭水化物の発酵性と代謝産物の増加も認められた。オリゴフルクトースとペクチンには、猫の腸内環境を整える作用があると考えられる(→出典)。
  • Lanerieらの調査(2011年) 犬と猫12頭ずつを対象とし、7種のプロバイオテイックとオリゴフルクトース、およびアラビノガラクタンを含有した「Synbiotic」を21日間給餌した。給餌前の3週間、給餌中の3週間、給餌後の3週間においてそれぞれ糞便サンプルを採取した。その結果、給餌中では10頭(83%)の犬と、11頭(92%)の猫でプロバイオテイックが検出された。またエンテロコッカス(腸球菌)とストレプトコッカス(レンサ球菌)の突出的増殖期が見られたが、給餌をやめた後は基準値まで下がった。胃腸関連の副作用は見られなかったものの、胃腸の調子が改善されるなどの効果も確認できなかった(→出典)。
  • Rishniwらの調査(2011年) 慢性腎不全を抱えた猫にプロバイオテクスを与える場合、カプセルで与えるよりも餌の上にふりかけるという形が好まれることが多い。そこで「プレバイオテクス+プロバイオテクス」を食事にふりかけるかドロドロの状態にして与えるという給餌実験を行った。その結果、高窒素血症の著明な改善は認められなかった。よってフリカケ方式の投与は推奨されない(→出典)。
  • Biagiらの調査(2013年) 10頭の健康な猫を対象とし、1日1回のペースで15日間サプリメント(1% GOS-BP-B82)を投与した。投与の前後で比較したところ、投与後の糞便アンモニア濃度、乳酸、吉草酸、イソ吉草酸などが著しく低下し、酢酸濃度、ビフィズス菌の数が著しく増加するという特徴が見出された。サプリメントは猫の腸内細菌改善に寄与しているものと推測される(→出典)。
 このように、猫に対するサプリメントの効能ははっきりと実証されたわけではありません。結果を一行でまとめると「毒にはならないが、薬になっているとも言い切れない」といったところです。
猫の腸内細菌トップへ

ペットと人の腸内細菌

 近年の調査では、人間はその人特有の「微生物雲」を発散しているとか(→出典)、ペットと人間の皮膚の常在細菌叢が暮らしていくうちに近づいていくという現象が確認されています(→出典)。これと同じ現象が、どうやら腸内細菌でも起こるらしいことが分かってきました。
ペットの腸内細菌がもたらす影響
  • Azadらの調査(2013年) 24人の赤ん坊を対象に、兄弟の有無やペットの有無が、腸内細菌にどのような影響を及ぼしているのかを調査した。4ヶ月齢になったタイミングで糞便を採取したところ、ペットと暮らしている乳幼児では、腸内細菌の豊富さも種類も増加する傾向が見出された一方、上の兄弟姉妹がいる乳幼児では逆に低下する傾向が見出された。また前者ではビフィズス菌が少なくペプトストレプトコッカス多いという特徴を有していたのに対し、後者ではペプトストレプトコッカス少ないという特徴を有していた。兄弟やペットの存在が乳幼児期における腸内細菌の育成に関与しているかもしれない(→出典)。
  • Nermesらの調査(2015年) 出産して間もない母親の中から、何らかのアレルギーを持っている人を選抜し、「犬、猫、ウサギのいずれかを飼っているグループ」(51人)と「ペットを飼っていないグループ」(64人)の2つに分けた。そして各グループの赤ん坊が生後1ヶ月を迎えたタイミングで、オムツの中からうんちのサンプルを取り、主に動物の腸内で発見されるビフィズス菌の一種「B. thermophilum」および「B. pseudolongum」の有無を調査した。その結果、「ペットを飼っているグループ」の陽性率がおよそ33%だったのに対し、「ペットを飼っていないグループ」のそれは半分以下の14%にとどまってた。さらに生後6ヶ月を迎えたタイミングで、代表的な物質(牛乳・卵白・小麦・タラ・大豆・カバノキ・草・猫・犬・じゃがいも・バナナ etc)に対するアレルギーテストを行ったところ、少なくとも1つの物質にアレルギー反応を示した19人の中に、「B. thermophilum」を保有している者はただの1人もいなかった(→出典)。
 このようにペットを飼っている家庭では乳幼児の腸内細菌に多様性が生まれるようです。悪玉菌が増えたという報告もありますが、この事実は必ずしも赤ん坊にとってマイナスに作用するわけではありません。幼い頃からある程度病原菌にさらしていた方が免疫力がつき、トータルでは病気にかかりにくくなるという「衛生仮説」のような考え方もあります。
猫の腸内細菌トップへ

猫にサプリメントはOK?

 猫に「プレバイオティクス」(腸内細菌への栄養)や「プロバイオティクス」(腸内細菌そのもの)といったサプリメントを与えるかどうかは意見の分かれるところです。過去の調査報告を見ると明確な効能が実証されていないため、絶対に必要だとは言い切れない状況にあります。しかし、少なくとも毒にはならないようですので、極端な量を与えない限りは害をなさないと考えられます。もし猫が以下のような状況にある場合は、サプリメントの投与を考慮してもよいかもしれません。
整腸サプリメントの適用例
  • 下痢気味のとき 下痢の原因は、腸内細菌のアンバランスに起因している場合は、サプリメントの投与によって善玉菌が増え症状が軽減してくれるかもしれません。
  • 便秘気味のとき 便秘の原因は朝の蠕動運動不足にある場合は、サプリメントを投与することによって、腸内細菌が増え胃腸の動きが活発になってくれるかもしれません。お腹のマッサージと合わせて行うと効果的でしょう。
  • 抗生物質を投与した後 抗生物質は体の中にいる悪い病原菌の増殖を抑えると同時に、腸内にいる善玉菌の増殖を抑えてしまう可能性があります。特に抗生物質を投与された後では、腸内細菌叢のバランスが崩れている可能性がありますので、サプリメントを投与して元の状態に戻すことが効果的かもしれません。
 すべてのケースに共通して言える事は、自己判断で投与する前に、動物病院行って他の疾患がないかどうかをしっかりと確認することです。また、整腸サプリメントの適量に関して検証した実験が過去に一つもないため、実はメーカーの側でもどの程度与えるのがベストなのかがよく分かってないと考えられます。サプリがマイナスに作用する可能性を考慮し、なるべく少ない量からトライした方が無難でしょう。 ペット用整腸サプリメント一覧 下痢や便秘から考えられる疾患一覧
猫の腸内細菌トップへ