トップ猫の種類シャム

シャム

 猫の一種シャムの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

シャムの基本情報

シャム 写真:arbyreed
  • 原産
    タイ

  • 短毛
  • 体重
    2.5~4キロ
  • タイプ
    オリエンタル

シャムの歴史・ルーツ

 シャム猫の起源は、1300年代にまで遡るとも言われていますが正確な年代はわかっていません。1898年当時のシャム18世紀に記されたとされるタイの「Tamra Maew」(猫の詩集/Cat Poems)の中にも、シャムと思われる猫の記述が見られます。また、長い間門外不出の猫として宮殿や寺院で飼育されていたという噂もありますが、確証はないようです。確かだと思われるのは、1884年、タイ(かつては「シャム/Siam」と呼ばれていた)・バンコクのイギリス総領事館に勤めていたゴールド氏(Edward Blencowe Gould/1847~1916)が、帰国する際に購入した、「フォー」(Pho)と「ミア」(Mia)という名のつがいのシャム猫が、今のシャム(サイアミーズ)の始まりだという説です。
 イギリスに渡ったシャムは、翌1885年にイギリスで行われたクリスタルパレスのキャットショーで、早くも賞を総なめにしました。一方アメリカにおいては、1878年にアメリカ大統領ヘイズ(Rutherford B. Hayes)がバンコクのアメリカ領事からプレゼントされた猫が、記録上一番最初に米国に持ち込まれたシャムということになっています。また1890年代に入ると、多くのシャムがイギリスからアメリカにも輸入されるようになりました。
 ちなみに、この猫は地元タイで「Wichien-maat」と呼ばれていますが、これは「月のダイヤモンド」を意味します。

シャムの特徴・性格

 シャム(サイアミーズ)の最大の特徴はポイント(部分的な被毛色)で、顔、耳、四肢、尾に現れます。また瞳の色はサファイアブルー以外認められていません。ボディは丸くて長いオリエンタルタイプで、前肢よりも後肢が長く、動きはとても優雅です。毛質はすべすべで柔らかく、毛色はシール、ブルー、チョコレート、ライラックの4色が認められています。
 シャム(サイアミーズ)の性格は、多少わがままで神経質な面がありますが、社交的で愛情深い一面も持ち合わせています。

シャムのお手入れ・注意点

 短毛なので、1日1回のブラッシングで充分です。

シャムの動画

 以下でご紹介するのはシャム(サイアミーズ)の歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 スーパーモデルのように長い手足や、頭部と手足に現れる部分色(ポイント)が特徴ですが、子猫は真っ白で生まれ、後にポイントが現れてきます。
 ポイントのバリエーションはシール、ブルー、チョコレート、レッド、リンクスなど多彩です。「トラディッショナルタイプ」と「モダンタイプ」が派生しており、前者はりんご型の顔、後者はスリムな胴体を特徴としています。
 内斜視(ないしゃし=眼球が内側によっていること)の個体がやや生まれやすく、また鳴き声の大きさは覚悟したほうがよいとのこと。
元動画は⇒こちら
シャムトップへ