トップ猫の種類スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

 猫の一種スコティッシュフォールドの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。遺伝性の病気に関する解説もあります。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

スコティッシュフォールドの基本情報

スコティッシュフォールド 写真:Heikki Siltala
  • 原産
    スコットランド

  • 短毛・長毛
  • 体重
    2.5~6キロ
  • タイプ
    セミコビー

スコティッシュフォールドの歴史・ルーツ

 スコティッシュフォールドの起源は、1961年にスコットランドの農場で生まれた、耳の折れ曲がった「スージー」という名の猫です。耳折れうさぎこの猫が妊娠して子猫を生んだとき、その子猫もまた耳が折れていたといいます。猫好きだったご近所のロス夫妻は、「耳折れ」という特徴が遺伝的な要因であることに気づき、子猫の内の一匹をもらいうけました。夫妻は「スヌックス」(Snooks)と名づけたこの白いメス猫を元にして新たな品種を確立しようと試行錯誤し、最初はブリティッシュショートヘアと交配、のちに遺伝学者パット・ターナーの手でアメリカンショートヘアなどと交配を重ね、現在のスコティッシュフォールドの原型を作り上げました。当初は垂れ耳ウサギ(lop-eared rabbit)にちなんで「ラップ」と呼ばれていましたが、後に「折りたたまれた」という意味で「フォールド(fold)」という名称に変わっています。
 ショートヘアーは1978年に、またロングヘアーは1980年半ば頃、CFAに承認されました。一方、「骨軟骨異形成の結果として生じた耳の形を、品種の標準として認めるわけにはいかない」との理由から、FIFeとGCCFではいまだに未公認です。

スコティッシュフォールドの特徴・性格

 スコティッシュフォールドの最大の特徴は、その折れ曲がった耳です。ゆるい1つの折り目(シングルフォールド)、ぴったりした折り目(ダブルフォールド)、三重の折り目(トリプルフォールド)があります。環境や体質によって、徐々に耳が立ってしまう個体もいるようです。
 特徴的な面立ちは、しばしば「フクロウ」に例えられます。ボディは筋肉質でがっしりしたセミコビータイプ。短毛・長毛とも被毛は密生していて弾力があり、シルキーな手触りです。毛色は全色OKです。健康面では、多発嚢胞腎や筋ミオパチーを発症しやすいといわれており、耳折れ同士の交配では高確率で骨の形成異常を発症するとも言われています(→骨軟骨異形成)。
 スコティッシュフォールドの性格は優しく温和で、愛嬌があります。甘えん坊なのでで、飼い主と遊んだりそばにいることが大好きです。

スコティッシュフォールドのお手入れ・注意点

 スコティッシュフォールドのお手入れは、短毛種なら1日1回の軽いブラッシング、長毛種なら1日2回はしっかりとブラッシングしたいところです。また構造上、耳の中が不衛生になりがちですので、最低一週間に一度は耳のチェックとお手入れをしてあげましょう。

スコティッシュフォールドの動画

 以下でご紹介するのはスコティッシュフォールドの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 前足をおなかの前に投げ出す「ブッダ座り」(Buddaha position)という座り方がトレードマークです。とても人間好きで、他の動物ともうまくやっていくことができます。折れ曲がった耳は軟骨の形成不全(骨軟骨異形成)によるものであるため、むやみな繁殖は厳禁です。
元動画は⇒こちら

スコティッシュフォールドの遺伝病

 スコティッシュフォールドは日本における人気が異常に高く、タレントがテレビ番組内で抱っこして「かわいい~!」を連呼する場面をしばしば目にします。思わず衝動買いしたくなりますが、猫の出産にはどのブリーダーが関わっているのかとか、将来的にどういう疾患を抱えやすいかといった点は、事前によく知っておかなければなりません。

耳折れ遺伝子の解明

 2016年、スコティッシュフォールドの耳折れと関節の障害を同時に生み出していると考えられる原因遺伝子を特定するため、アメリカとオーストラリアの共同研究チームがヨーロッパ、オーストラリア、アメリカから集められたスコティッシュフォールド44頭、スコティッシュショートヘアー(耳折れ個体の同腹仔で耳が折れてないもの)22頭、ブリティッシュショートヘア14頭、セルカークレックス13頭、ペルシア5頭を対象としてDNA検査を行いました。 スコティッシュフォールドの耳折れは「TRPV4」遺伝子によって生み出されている  その結果、細胞のカルシウム透過性イオンチャンネルに関わる「TRPV4」と呼ばれる遺伝子の「V342F」という部位が、どうやら骨や軟骨の異常に関わっているらしいことが明らかになったといいます。これまでスコティッシュフォールドの耳折れ遺伝子は、便宜上「Fd」と表記されてきましたが、正確には上記「TRPV4遺伝子中のV342Fという部位」である可能性が大ということになります。 A dominant TRPV4 variant underlies osteochondrodysplasia in Scottish fold cats

耳折れ遺伝子のメカニズム

 スコティッシュフォールドのように「TRPV4」に変異をもった種では、筋緊張低下に対する反応が敏感で、筋肉や関節に入ってくる機械的刺激の変換仕様が変わり、結果として軟骨細胞内の反応を変化させて形成不全が生じているのではないかと想定されています。平たく言うと、四足歩行の猫では四肢先端に掛かる力が大きいため、手先や足先の軟骨が変形しやすくなるということです。これと同じメカニズムは実は人間でも確認されています。人間の場合は二足歩行で背骨に掛かる力が大きいため、「V342F」に変異を持った人では脊柱後弯症(せむし)、扁平椎(背骨が平べったくなる)、長骨骨幹端解離、胴体の短縮化といった症状を示すそうです。
 スコティッシュフォールドに特徴的な「スコ座り」(おやじ座り)は、軟骨が柔らかいからできるのだという風説があります。しかし上記したような事実を考え合わせると、「変形した手足に体重をかけるのがしんどい」と考えた方が自然だと思われます。 猫がスコ座りをする スコティッシュフォールドにスコ座りが多いのは、体が柔らかいからではなく手足の関節が痛いから

耳折れ遺伝子の招く骨瘤

 耳折れ遺伝子を特定していく過程で、調査チームが特に重度の骨軟骨異形成を抱えた個体3頭をレントゲン撮影したところ、すべての個体において手先の骨(手根骨)と足先の骨(足根骨)の短縮化と奇形、手の関節(手根関節)と足の関節(足根中足関節)における隙間の狭小化、遠位足根骨と近位中足骨に沿った関節周辺部での骨新生が観察されたと言います。要するに耳折れ遺伝子を持った猫は耳の形だけでなく、手足の関節も変形して骨瘤を形成しやすくなるということです。 スコティッシュフォールドの後ろ足に発生した骨瘤のエックス線およびCT画像  上記したような骨瘤は、母猫と父猫の両方から1本ずつ耳折れ遺伝子を受け継いだときに重篤化するとされています。しかし近年の調査によると、耳折れ遺伝子を1本でも保有している猫、すなわち耳の折れている全てのスコティッシュフォールドでは、筋骨格系の疾患に苦しむ可能性が高いことが示唆されています(→出典PDF)。また猫の品種団体である「FIFe」と「GCCF」においてこの品種が公認されていない理由は、遺伝的疾患により、遅かれ早かれ猫に苦痛を与えることがわかっているためです。
 毛に覆われた手足の先端では、関節の変形(骨瘤)によって慢性的な痛みが発生しやすくなるという事実を、ブリーダーも、ペットショップの店員も、子猫を紹介する動物番組も伝えることはありません。少なくともこのページにたどり着いた方は、こうした負の側面をしっかりと把握し、なるべく多くの人に伝えてあげてください。 猫の骨軟骨異形成
スコティッシュフォールドトップへ