トップ猫の種類ターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラ

 猫の一種ターキッシュアンゴラの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ターキッシュアンゴラの基本情報

ターキッシュアンゴラ 写真:Pablo1964
  • 原産
    トルコ

  • 長毛
  • 体重
    2.5~4.5キロ
  • タイプ
    フォーリン

ターキッシュアンゴラの歴史・ルーツ

 ターキッシュアンゴラの起源は、アンゴラ(現在のトルコ)のアンカラ周辺で飼われていた土着猫だと言われています。アンゴラの猫は17世紀にヨーロッパに紹介され、人気種になりました。この猫の愛好家としては、ルイ15世、ルイ16世やマリーアントワネットなどが挙げられます。
 1960年代に入って絶滅の危機に陥りますが、アメリカやイギリスのブリーダーがペルシャと交配することによって一命を取り留めます。しかしペルシャの体型を受け継ぎ、「ずんぐりむっくり」の猫になってしまったそうです。その後シャムの血を入れ直して本来の引き締まった体型を取り戻し、1973年新しい品種として公認されました。

ターキッシュアンゴラの特徴・性格

 ターキッシュアンゴラの特徴は、絹のような手触りの長いシングルコート、とがった直立耳、色とりどりのアーモンド形の目(青、緑、琥珀、金目銀目=オッドアイ)などです。ボディはスリムなフォーリンタイプですが、筋肉質の体は引き締まっています。健康面では、「Ataxia」と呼ばれる運動失調症の発症確率が高いことが報告されています。
 ターキッシュアンゴラの性格は、頭が良くて優しく、飼い主に従順です。好奇心旺盛ですが若干神経質な部分もあります。

ターキッシュアンゴラのお手入れ・注意点

 シングルコートなので毛玉はできにくいですが、美しい被毛を保つため、一日一回は軽いブラッシングかコーミングをしましょう。

ターキッシュアンゴラの動画

 以下でご紹介するのはターキッシュアンゴラの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 「とってこい」が好きなことから犬のようだと形容する人もいます。フランスのルイ16世は会議用テーブルの上にこの猫を乗せるほど愛好しており、またその妻マリーアントワネットは、フランス革命に際してターキッシュアンゴラを引き連れてアメリカに国外逃亡を図ったとか。一部には、この猫が長毛種の祖先であると考えている学者もいるようです。
元動画は⇒こちら
ターキッシュアンゴラトップへ