トップ猫の種類バーマン

バーマン

 猫の一種バーマンの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

バーマンの基本情報

バーマン 写真:Claudia Zaino
  • 原産
    ビルマ(ミャンマー)

  • 長毛
  • 体重
    2.5~6.5キロ
  • タイプ
    ロング&サブスタンシャル

バーマンの歴史・ルーツ

 バーマンの起源には伝説的な逸話が残されています。ビルマ(今のミャンマー)のとある寺院に「シン」という名の白猫が住んでいました。ビルマの寺院シンは寺院で自分を世話をしてくれた僧侶が死んだとき、その僧侶の遺体に飛び乗り、四肢より先以外の体を金色に、目をサファイア色に変えたといいます。こうして「ツン・キャン・クセ」(Tsun-Kyan-Kse)という女神へと変身を遂げた猫が、現在の「バーマン」の祖先だという話です。バーマンが「ビルマの聖なる猫」と呼ばれているのはそういう理由です。
 伝説ではなく現実的な話ですと、1919年頃、ビルマから持ち込まれた「シータ」という名のメスのバーマンがフランスで繁殖され、1926年にはフランスのキャットショーに出陳されたという記録があります。第二次世界大戦後、猫の数は2匹にまで減りましたが、その後シャムペルシャなどとの交配を重ねて復活し、1967年にCFAより公認を受けました。なお、バーマンの短毛種は別品種として独立するため、2001年から「テンプルキャット」(Templecat)という全く別の名前で呼ばれています。

バーマンの特徴・性格

 バーマンの特徴は、四肢から先にあるソックス状の被毛でしょう。前足は「グローブ」、後足は「レース」などとも呼ばれます。生後6週くらいから見られるようになりますが、両親がソックス状の被毛を持っていても、確実に子猫に遺伝するわけではありません。
 長くてシルキーな被毛はもつれることが少なく、アンダーコートの少ないダブルコートです。瞳は美しいサファイアブルーで、ボディは筋肉質でがっしりしたロング&サブスタンシャルタイプです。
 バーマンの性格は、穏やかで優しく、多少甘えん坊です。

バーマンのお手入れ・注意点

 バーマンのお手入れは、1日1回のブラッシングとコーミングが理想です。

バーマンの動画

 以下でご紹介するのはバーマンの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 社交的な性格で、人間のほか他の猫や犬とも仲良くできるようです。注目の中心にいたがるので、いっぱい構ってあげましょう。
元動画は⇒こちら
バーマントップへ