トップ猫の種類ブリティッシュショートヘアー

ブリティッシュショートヘアー

 猫の一種ブリティッシュショートヘアーの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ブリティッシュショートヘアーの基本情報

ブリティッシュショートヘアー 写真:sosij
  • 原産
    イギリス

  • 短毛
  • 体重
    3~6キロ
  • タイプ
    セミコビー

ブリティッシュショートヘアーの歴史・ルーツ

 ブリティッシュショートヘアーの起源は古く、古代ローマ(2世紀ごろ)がイギリスに侵略する際、ネズミを駆除するハンターとして連れてきた猫の子孫ではないかと考えられています。ブリティッシュブルー時はくだり、19世紀頃のイギリスでは、自国産の猫の品種確立に力を注ぎ始め、土着猫への関心が高まりました。1870年代に入ると初期のブリティッシュショートヘアーは国内のキャットショーで多くの賞を獲得し、1900年代には品種の標準化が確立しました。
 一時期は「ブリティッシュブルー」と呼ばれていましたが、これは毛色の人気がブルーに集中していたことと、キャットショーに出陳されていたこの品種の個体がブルーばかりだったことによります。1940年代には一時期人気の凋落を見ますが、1980年代には従来の大柄な体型からセミコビータイプへの路線変更を遂げ、人気を取り戻しました。

ブリティッシュショートヘアーの特徴・性格

 ブリティッシュショートヘアーの特徴は、大きくて丸い顔、筋肉質な体、短く体に張り付いたビロードのような被毛です。一番人気のブルーのほかにも様々な色が認められています。また、約半数の個体の血液型B型であるという事実は、他の短毛種では見られない特徴です。
 ブリティッシュショートヘアーの性格は、温厚でのんびり屋です。頭がよく甘えん坊な側面もあります。

ブリティッシュショートヘアーのお手入れ・注意点

 ブリティッシュショートヘアーのお手入れは1日1回のブラッシングで充分でしょう。

ブリティッシュショートヘアーの動画

 以下でご紹介するのはブリティッシュショートヘアーの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 「不思議の国のアリス」に出てくるチシャや、「長靴を履いたネコ」のプスのモデルとも言われており、イギリス国内ではペルシアを抜いて飼育頭数1位の座についています。
 筋肉質の体を「ボディビルダー」や「ブルドッグ」に見立てる人もいるとか。 おとなしくて手間がかからないことから、最初に飼う猫としても勧められています。
元動画は⇒こちら
ブリティッシュショートヘアートップへ