トップ猫の種類ヒマラヤン

ヒマラヤン

 猫の一種ヒマラヤンの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ヒマラヤンの基本情報

ヒマラヤン 写真:Cindy See
  • 原産
    アメリカ

  • 長毛
  • 体重
    3.2~6.5キロ
  • タイプ
    コビー

ヒマラヤンの歴史・ルーツ

 ヒマラヤンは、ペルシャのロングヘアに、シャムのポイントカラーとブルーの目を融合しようとして作出された猫です。色とパターンはシャムで、コートと体はペルシャの容姿をしており、現在ではペルシャ猫の一種として考えられています。ヒマラヤウサギ「カラーポイントペルシャ」、「カラーポイントロングヘア」などとも呼ばれます。
 この猫の作出はイギリスとアメリカでほぼ同時に並行して進められ、1955年にイギリス、1957年にはアメリカで公認されました。なおイギリスでは「クメール」というシャム×ペルシャのハイブリッド猫が1950年代までいたと言われています。一方アメリカにおいて基礎となった猫は、1935年、シャムと長毛の黒猫の交配から何度かの調整を経て生まれた「デビュタント」という猫です。
 TICAではヒマラヤンをペルシャとは別品種として見なしていますが、キャットショーなどの審査では「ペルシャ部門」として「ペルシャ」、「エキゾチックショートヘア」、そしてこの「ヒマラヤン」が同一グループとして扱われます。またCFAでは別品種と言うより、ペルシャの1ヴァリエーションとして扱います。
 名前は、被毛の色や模様がヒマラヤウサギに似ていたためヒマラヤンと名付けられたようです。

ヒマラヤンの特徴・性格

 ヒマラヤンの特徴は、丸々としたアウトライン、丸くてブルーの瞳、ふわふわの被毛などです。顔のタイプにはエクストリーム(Extreme)とトラディショナル(Traditional)があります。
 ペルシャ同様、丸っこい体と短めの足を持っているので、他の猫に比べるとジャンプ動作が苦手です。ショーに出されるヒマラヤンは、「鼻ペチャ&クリクリおめめ」のベビー・ドール顔が好まれるようです。
 ヒマラヤンの性格は、ペルシャに似て、非常に穏やかで温和だといわれます。物静かでめったに鳴くこともなく、愛情豊かなのんびり屋です。

ヒマラヤンのお手入れ・注意点

 ヒマラヤンのお手入れは、被毛に毛玉ができないよう、朝と晩に1回づつブラッシングとコーミングを行いましょう。

ヒマラヤンの動画

 以下でご紹介するのはヒマラヤンの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 世界最小のネコとして記録されている「Tinkertoy」はヒマラヤンで、大きさは体長はわずか20cm程度だったそうです。
 特徴とも言える顔と手足の部分色(ポイント)にはチョコレート、シール、ライラック、ブルー、クリームなどのバリエーションがあります。ペルシア譲りの美しい被毛を持っていますが、毛球症や毛玉になりやすいので、毎日のケアが必要です。
元動画は⇒こちら
ヒマラヤントップへ