トップ猫の種類メインクーン

メインクーン

 猫の一種メインクーンの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

メインクーンの基本情報

メインクーン 写真:Harald Wehner
  • 原産
    アメリカ

  • 長毛
  • 体重
    4~9キロ
  • タイプ
    ロング&サブスタンシャル

メインクーンの歴史・ルーツ

 メインクーンの起源に関しては多くの伝承や逸話が残されていますが、定かなことは分かっていません。中には「フランスのマリーアントワネットの猫だった」という眉唾物(まゆつばもの)の興味深い逸話もあります。『1793年にマリーアントワネットが処刑される直前、サミュエルクラフ船長の助力によりフランスから逃げ出そうと試み、彼女が大切にしていた6匹のターキッシュアンゴラを船に積み込んだ。結局計画は失敗したものの、6匹の猫だけはアメリカ・メイン州のウィスカセット海岸にたどり着き、それが今のメインクーンの始祖となった』というのが「マリーアントワネット説」の概要です。メインクーンはノルウエジャンフォレストキャットの遠い親戚か?
 もう少し現実的な説ですと、メインクーンの耳に見られる飾り房(tuft)がヤマネコの風貌に似ていることから、『ヤマネコと土着猫とのハイブリッド種説』があります。しかし一般的にブリーダー間で支持されているのは、『ヴァイキング説』でしょう。これ11世紀ごろ、ヴァイキングの舟にのっていた猫が各地方の土着猫との間に子猫を設け、この子猫が何らかのルートを通じてアメリカ大陸に渡ってきた、というものです。この説は、同じくヴァイキングによってもたらされたといわれているノルウェージャンフォレストキャットとの、外見上の類似性を説明するものとして支持されています。
 近代の話に戻りますと、1950年代には、ペルシャを始めとする長毛種に人気を奪われて「絶滅した」とまで言われました。しかしその後、熱心な愛好家たちの尽力により、1980年代に復活を遂げています。
 北アメリカの厳しい環境に適応した体は厚い被毛で覆われ、体格もひときわ大柄です。名前はの由来は、メイン州の「Maine」とアライグマを意味する「Racoon」を合わせたもので、今ではメイン州の「州猫」(State Cat)に定められています。また「アメリカンロングヘアー」(American Longhair)とも呼ばれます。紛らわしい名前として「メイクィーン」がありますが、これはジャガイモの品種です。

メインクーンの特徴・性格

 メインクーンの特徴は、過酷な自然に鍛えられたがっしりとした体型と豊富な被毛です。オーバーコートはシルキーで防水効果があり、胸元にはライオンのたてがみに似た長い毛があります。
 大きなオス猫では体重が10キロを超えることもありますが、通常の猫に比べて体の完成が遅く、成猫になるまでには2年ほどかかるとも言われています。2010年のギネス記録では、「スチューウィ」と言う名のオスのメインクーンが、「世界で最も体長が長い猫」として世界一に認定されました。記録は123cmです。
 メインクーンの性格は、野生的な外見とは裏腹に非常に温和で優しいです。

メインクーンのお手入れ・注意点

 メインクーンのお手入れは、毛玉が出来ないよう朝晩1回づつのブラッシングとコーミングが理想です。

メインクーンの動画

 以下でご紹介するのはメインクーンの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 最大の特徴は体の大きさであり、大きなものでは体長120センチを超え、さながら猫界のグレートデーンといったところです。またヒゲの最長記録を持っているのもメインクーンで、その長さは20cm近くあったとか。アメリカ原産ということもあり、米国内ではペルシアに次いで二番目の人気を誇っています。
元動画は⇒こちら
メインクーントップへ