トップ猫の種類ラグドール

ラグドール

 猫の一種ラグドールの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ラグドールの基本情報

ラグドール 写真:Cassia Afini
  • 原産
    アメリカ

  • 長毛
  • 体重
    4.5~9キロ
  • タイプ
    ロング&サブスタンシャル

ラグドールの歴史・ルーツ

 ラグドールの起源は、1960年代に遡ります。当時、アメリカ・カリフォルニアに住む女性ブリーダー、アン・ベイカーが、「ジョセフィーヌ」(Josephine)と言う名の白い猫を元に、ペルシャバーマン、更にバーミーズなどを交配させて誕生しました。
 彼女はInternational Ragdoll Cat Association (IRCA)という組織を設立し、「IRCA登録のブリーダーしかラグドールという名を使うことができない」という、今で言う「フランチャイズ」のようなビジネスモデルで商売を始めました。 ラグドールの兄弟ラガマフィン1975年になると、デニー・デイトンを中心としたグループがベイカーと袂を分かち、ラグドールをもっと世に知らしめるべく、独自の活動を始めます。結果として彼女の結成したグループがラグドールの知名度を上げるのに貢献しました。また1994年には、余りにも厳密なブリーディング規則に嫌気が差したグループがIRCAから独立し、後にラグドールの血統から「ラガマフィン」という別品種を作り出しています。
 名前は、英語で「(布製の)ぬいぐるみ」を意味する「ragdoll」(ラグドール)からで、「抱き上げるとまるでぬいぐるみのようにおとなしくしている」ところに着想を得ています。

ラグドールの特徴・性格

 ラグドールの特徴は、がっしりして筋肉質なロング&サブスタンシャルタイプのボディです。猫の品種の中では最大クラスで、大きいオス猫だと体重が10キロを越えることもあります。通常の猫に比べて体の完成が遅く、成熟するまで2~3年ほどかかります。
 被毛は滑らかなダブルコートで、首から長くなっているのが特徴です。抱き上げると体の力を抜いてだらんとなる個体が多く、猫にしては珍しいその従順性は遺伝的な突然変異ではないかとまで言われています。
 ラグドールの性格は、非常に温和で優しく、飼い主には従順です。狩りに対する執着が薄く、引っ掻かない傾向があります。

ラグドールのお手入れ・注意点

 ラグドールのお手入れは、1日1回のブラッシングで充分でしょう。

ラグドールの動画

 以下でご紹介するのはラグドールの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 基本的におとなしい性格で、大きな声を出して鳴くことはほとんどないようです。またジャンプして飛び回るというよりは床に近い場所をうろうろするのが好きで、まるで子犬のように家族をつけ回すこともあるとか。子供や他の動物との相性もよく、よい家族の一員になれます。
元動画は⇒こちら
ラグドールトップへ