トップ猫の種類トンキニーズ

トンキニーズ

 猫の一種トンキニーズの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

トンキニーズの基本情報

トンキニーズ 写真:Odin's chair
  • 原産
    カナダ

  • 短毛
  • 体重
    2.7~5.5キロ
  • タイプ
    セミフォーリン

トンキニーズの歴史・ルーツ

 トンキニーズの起源は1950年代に遡ります。その頃、アメリカとイギリスのブリーダーがシールポイント(シャムの基本的な毛色のことで、身体はクリームがかった薄黄色、ポイントは濃い黒褐色)のシャムとセーブル(バーミーズの毛色で、濃い茶褐色のもの)のバーミーズを交配させ、それぞれのよい所を併せ持つチョコレートポイントの猫を作り上げました。それが今のトンキニーズの原型です。しかしそれ以前の来歴に関しては不明な点が多く、1800年代のキャットショーに登場したシャムが起源とする説や、1930年代、医師のジョセフ・チースマン氏(Joseph Cheesman)がカリフォルニアに輸入した「ウォンマウ」(Wong Mau)という猫が起源だとする説などがあります。
 1979年にCFAとTICAに公認され、2001年からは混血種分類から純血種分類に変わっています。なお、オランダで生まれたセミロングヘアータイプのトンキニーズは、時に「チベタン」(Tibetan)と呼ばれることがあります。
 名前とインドシナ半島の「トンキン地方」、及びヴェトナム戦争で話題になった「トンキン湾」とは無関係です。元々は「South Pacific」というミュージカルに登場する「Tonkanese」(トンカニーズ)という島にちなんで「トンカニーズ」と呼ばれていましたが、シャムやバーミーズ同様、「発祥の地にちなんで名づけたのだろう」という勘違いが流布し、次第に「Tonkinese」というつづりに変化し、それに呼応して読み方も「トンキニーズ」に変わってしまったようです

トンキニーズの特徴・性格

 トンキニーズの特徴は、つややかな被毛です。「ミンク」とまで呼ばれるほど滑らかで、四肢、顔、耳、尾にポイントがあります。生まれてすぐは白ですが、数年かけてトンキニーズ独特の色調が出てきます。ボディはシャムバーミーズの要素を併せ持ったセミフォーリンタイプ。
 トンキニーズの性格は天真爛漫(てんしんらんまん)・活動的で愛情深く、社交的で知的です。

トンキニーズのお手入れ・注意点

 トンキニーズのお手入れは1日1回の軽いブラッシングで充分です。

トンキニーズの動画

 以下でご紹介するのはトンキニーズの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 一度に生んだ子猫の数で世界記録を持っているのはこの品種で、なんと19匹も生んだとか。 ミンクの被毛に多く見られるアクアカラーの目は珍重されます。歯肉炎などの口内疾患にやや注意が必要。
元動画は⇒こちら
トンキニーズトップへ