トップ猫の種類ターキッシュバン

ターキッシュバン

 猫の一種ターキッシュバンの歴史・特徴・性格・お手入れの仕方などをまとめました。
猫の購入や繁殖の前に  現在猫の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている猫がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ターキッシュバンの基本情報

  • 原産
    トルコ

  • セミロング・長毛
  • 体重
    4~7.5キロ
  • タイプ
    ロング&サブスタンシャル

ターキッシュバンの歴史・ルーツ

 ターキッシュバンの起源は、1955年に最初に登録されたターキッシュバン1955年に遡ります。トルコ南東部にあるバン湖で、「泳いでいる猫」をイギリス人観光客が発見しました。興味を持ったイギリス人は、そのうちの2匹をイギリスへ連れて帰り、その後1982年からはアメリカでも繁殖が始まりました。頭部と尻尾以外は白という特徴的なパターンは「バン・パターン」と呼ばれ、この猫の最大の特徴となっています。1995年、CFAに公認されました。
 なお、WCFで公認されている短毛のターキッシュバンは「アナトリアン」(Anatolian, アナトリアとはトルコのかつての名称)、もしくは「ターキッシュショートヘアー」(Turkish Shorthair)と呼ばれ、主にオランダやドイツでブリーディングが行われています。

ターキッシュバンの特徴・性格

 ターキッシュバンの特徴は、いわゆる「バン・カラー」と呼ばれる、頭部と尻尾以外は白という模様です。被毛は長いシングルコートで、冬にはふさふさですが夏にはかなり短くなり、季節によって被毛の長さがかなり変化します。別名「スイミングキャット」と呼ばれていますが、「水に入るのが好き」というよりは、「他の猫に比べると水を怖がらない」といった程度の意味合いです。被毛には防水性があるといわれています。
 ターキッシュバンの性格は、頭が良く活発です。飼い主に忠実ですが、若干束縛を嫌う傾向があります。

ターキッシュバンのお手入れ・注意点

 シングルコートで毛玉が出来にくいですが、美しい被毛を保つため、一日一回のブラッシングかコーミングをしてあげましょう。

ターキッシュバンの動画

 以下でご紹介するのはターキッシュバンの歴史や特徴を解説した動画です。英語ですが、内容はおおむね上で説明したことと同じです。
 他の品種に比べて胸郭が立派なため重心がやや前方にあり、ブルドッグのような印象を与えます。
 独立心が旺盛なため、長時間の抱っこや撫で回しはあまり好まないようです。また、猫には珍しく水が好きで、中には泳ぐものまでいます。
 首筋にワンポイントのあるものは、地元では幸運のしるしとみなされているとか。
元動画は⇒こちら
ターキッシュバントップへ