トップ猫の体猫の生理現象猫のいびき

猫のいびきは寝息とは違う!~音が大きいときは病気が隠れていることも

 猫が見せる生理現象のうち「いびき」についてまとめました。異常徴候の読み取り方も併記してありますので、病気の早期発見に役立ててください。

正常ないびき

 「いびき」とは、呼吸器が発する雑音のことで、就寝中に起こる生理現象です。空気の通り道のどこかに障害物があると発生します。
 人間の場合、「ガ~ゴ~」という大きな音が出ているときの原因は、仰向け姿勢でのどに落ちた口蓋垂(のどちんこ)や舌の根元、腫れた扁桃腺、肥満やアレルギーによって狭められた気道などです。一方「ピーピー」と高い音が出ているときの原因は、鼻水、鼻くそ、鼻ポリープといった鼻腔内の異物だと考えられます。
 猫の場合、ほとんどが鼻腔が発する「ピーピー」タイプのいびきです。出す音も小さく、「いびき」というよりは「うるさい寝息」といったほうが正確かもしれません。ペルシャエキゾチックショートヘアといった、鼻腔狭窄(びくうきょうさく)傾向のある鼻ぺちゃタイプの猫が多く見せます。
猫のいびき
 以下でご紹介するのは、猫がいびきをする瞬間をとらえた動画です。猫は仰向けで寝ることが少ないため、気道閉塞に伴う「ガ~ゴ~」といういびきはほとんどかきません。 元動画は⇒こちら

いびきに現れる病気の徴候

 たまに寝息が大きくなる程度でしたら問題ありませんが、寝ていると必ずいびきをしたり、起きているときでも呼吸からいびきのようなノイズがもれているようなときは要注意です。以下に述べるような可能性が考えられますので、念のため獣医さんに相談しましょう。
いびきから考えられる病気